サポート材除去の手間を削減

3Dデータを簡単に立体化する手段のひとつとして、一般的な装置となった3Dプリンタ。試作・開発の現場で、試作品の内製化ができることから、時間の短縮・費用軽減・機密情報の漏洩防止などに期待し、導入されたお客様も少なくありません。
しかし、3Dプリンタを導入したけれど、“思いの外面倒” で、あまり使えていない、試作の内製化を目的としていたが結局外注先を利用している、といったことはありませんか?
SLS方式のLISAシリーズは、そのようなお客様にぴったりの3Dプリンタです。

SLS方式のしくみとは?

ランニングコストを気にせずプリント

ランニングコストの軽減

3Dプリンタを運用する中で、サポート材自体に必要なコストも、悩みの種なのではないでしょうか。サポート部分に使われる材料は捨ててしまうしかない上に、造形物と同等のコストが必要になることもあります。
SLS方式のLISAシリーズは、ムダの少ない材料運用が可能。
ランニングコストの懸念をクリアすることで、試作回数を増やしてより良い評価を追求できます。設計初期段階から積極的に3Dプリントモデルを手に取って検証することで、 開発意欲の向上や打ち合わせの活性化などにも繋がります。

手軽に使える粉末焼結3Dプリンタ

手軽に使える粉末焼結3Dプリンタ

樹脂粉末焼結には、これまで主に熱量の大きなCO2レーザとガルバノミラー制御が使用され、粉末材料の循環装置などを一体化した設備が一般的でした。LISA/LISA-PROはLEDレーザを使用した省電力な焼結システムと、材料供給の簡素化により、装置本体を小型化。省スペース&低価格 で粉末焼結3Dプリントが始められます。
また、保守費用のかからないスポット修理対応で、運用面で懸念される様々なランニングコストを抑えた運用が可能です。

多彩な造形材料で多様化するニーズに適用できる

全7種の材料に対応しており、耐熱性や靭性、強度を特徴としたナイロン系材料と、安定した弾性と衝撃強度の高さが特徴のウレタン系材料に大別されます。
使用用途として形状確認に留まらず、爪形状のスナップフィット機能など、試作段階から最終製品に近い材質で、より試験・評価が可能です。また、他の3Dプリントではサポート除去が難しくなるような複雑な形状や一体化構造の造形にもおすすめです。