キーワード検索

17.2D輪郭 コントロール補正に対する鋭角コーナー加工のスムージング<2022新機能>

場所:
< 全てのトピック

内容

輪郭加工で補正タイプをコントロール(機械側)にした際のコーナー処理について

回答

Mastercam2022新機能

輪郭加工の内部コーナー、外部コーナーの円弧補間にて
以前までのバージョンでは補正タイプをコントロールにしていた際に
設定項目がグレーアウトし入力できないようになっておりましたが
Mastercam2022から補正タイプをコントロールにしていた場合でも入力が可能になりました。

※内部コーナーでは工具半径以上の数値をいれる必要があります
 また選択したチェインの作図線に干渉する場合があるため数値の入力には注意が必要
お調べの事柄は解決しましたか?右側のボタンを押してください。
記事の品質向上のためご意見ください
目次