HOME > 3Dプリンタ > Raise3D
Bellulo

安定した3Dプリントを実現する独自仕様

業界初の可動式デュアルヘッドで安定した3Dプリント

Raise3Dのノズルは、ヘッド部が昇降する可動式ノズルを採用しており、デュアルヘッド搭載機の課題であったノズルと造形物の干渉トラブルを回避します。2色モデルプリントや、サポート専用材フィラメントを使用した3Dプリントにより、仕上げ工程の短縮が可能です。

様々な用途に1台で幅広く対応

豊富な対応材料
Raise3D造形サンプル

対応素材はPLAやABSを含む15種類の材料に標準対応しています。ノズルの温度を最大300℃に設定可能で、高耐熱材料などの高い加熱温度が求められる材料も使用できます。メーカーより、専用材料として、柔らかく伸縮性のあるゴムライク材料や、軽量&高強度で注目されているカーボン配合材料などが用意されています。 専用機として複数台の3Dプリンタを導入しなくても多くの材料に適用できるため、投資コストを抑えてながら多くの業務に汎用的に運用頂けます。


材料一覧はこちら
材料名 説明
Raise3D純正プレミアムPLAフィラメント 反りが発生しにくくカラーバリエーションが豊富な一般樹脂材料
Raise3D純正プレミアムABSフィラメント 粘り、強度に優れた汎用性の高い材料です
Polymaker PC-Max(ポリカーボネート) 高靭性、耐熱性に優れ、強度の高い材料です
PolyMide CoPA(ナイロン) ナイロン6と66の合成樹脂で、耐熱性と耐久性に優れています。
PolyFlex(ゴムライク) 柔軟性に優れて、破断しにくい軟質材料です。
Raise3D合成カーボンフィラメント カーボンが合成されており、靭性、強度、耐摩耗性に優れています。

安定性を支える堅牢な装置設計

位置決め精度を支える機械構造
Raise3D機械構造

Raise3Dは各軸のステッピングモータ駆動に256マイクロステッ ピングドライバを搭載し、高い位置決め精度と低騒音性を実現しています。各軸の分解能が高いので、特に曲線・円弧部分を含む形状の表現に優れており、表面品質のなめらかな3Dプリントを実現しています。

高品質テーブル仕様
テーブル画像

最大110℃まで高温になるテーブルは、航空業界で使用されている耐熱材料を使用し、加熱時でも歪みの少なく(±0.07mm以内)安定したプリント品質を支えます。また、取り外し可能な造形テーブルは、再セット時も水平常態が維持できるマグネット+固定ピンの仕様で、造形毎のセットアップ時間を短縮します。    

重要な1層目を保持する専用シートが標準付属
 一層目の造形

造形し始めの第1層目の品質は、3Dプリンタの造形を成功させる重要なポイントです。しっかりと食いついていなければ安定したプリントができません。Raise3Dのテーブルには造形用シートとして知られるBuildTakを標準付属し、1層目で起きやすい反りや剥がれなどのトラブルを軽減させています。また、テーブルの加温にも対応しているので、材料の急な温度変化を和らげることで変形を抑えた造形が可能です。

初めての導入でも安心の機能を搭載

使いやすい大型タッチパネルを搭載

Raise3Dのあらゆる操作は、機械本体に搭載されたタッチパネルから行えます。プリントの進行状況の確認、稼働時間やノズル温度などのモニタリングが常時可能です。また、読み込んだ3Dモデルはファイル名称だけでなく画像も表示されるため選び間違いなどのミスも防ぎます。

RAISE3Dのために開発されたソフトウェア「idea Maker」
IdeaMaker 

idea Makerでは、材料ごとに応じた造形パラメーターが用意されており、モデルを読み込み、材料、ピッチなどの情報を入力すると造形準備が整います。サポートに関しても、自動生成することもできるので初心者の方でも使いやすい仕様です。また、造形パラメータの変更や任意のサポート生成など、自由に設定変更ができるオープンパラメータ仕様となっており、初心者から上級者まで満足できるソフトウェアです。

万一にのトラブル時も安心

停電回復システムを搭載

RTCと呼ばれる電池を搭載しており、停電などのトラブルで電源供給が絶たれた際も、バッテリバックアップにより動作を続けます。瞬間的に途中経過を保存し、復旧後に続きから造形を再開することができます。

材料を無駄なく使い切りムダを削減

フィラメント検出センサを搭載し、プリント中に材料残量がなくなる前に停止、交換が可能です。使いかけの材料の在庫管理や、プリントするモデルのサイズを気にすることなく安心して材料を使用できます。

機械仕様

  機種名 Pro2/Pro2 Plus N2S/N2S Plus
構造
造形サイズ

Pro2:305×305×300mm

Pro2Plus:305×305×605mm
左ノズル使用時の造形エリアはW305×D305
右ノズル使用時はW280×D305mm

N2s:305×305×305mm
N2SPlus:305×305×610mm
ノズル数
2(可動式デュアルヘッド)
1
カメラ
あり
なし
水平調整                   調整不要
Z軸の構造
6本のボールネジ採用
製品寸法

Pro2:616W×590D×760Hmm

Pro2 Plus:48.5kg

N2S:616W×590D×760Hmm

N2S Plus:616W×590D×1112Hmm

重量 Pro2:40㎏ Pro2 Plus:48.5㎏ N2S:40㎏ N2S Plus:48.5㎏
本体 造形方式
FFF(FFF (Fused Filament Fabrication) 方式
積層ピッチ
0.01mm~0.65mm ※1
出力速度

30-150mm/s

位置決め機能

XY-軸: 0.78125 micron、Z軸: 0.078125 micron

フィラメントの種類

PLA、ABS、TPLA、TABS、PC(ポリカーボネート)、ナイロン、ゴムライク、PETG、カーボン合成フィラメント、高透明、木質、polysmooth、polysupport、PVA

フレーム

アルミニウム

筐体

ABS、アクリル、及びポリカーボネート

フィラメント直径

1.75 mm

プリント用シート

BuildTak

プラットフォームの加熱

110℃まで可能

ノズル直径

0.2 mm 0.4mm(標準) 0.6mm 0.8mm

ノズル温度設定範囲

170〜300 ℃

ソフトウェア
ideaMaker
読み込み可能ファイル

.stl .obj

対応OS

WindowsXP以降、Mac OS10.7以降、Ubuntu14.04以降

ソフトウェア稼働環境※2

HDD容量・メモリ

2.0GB以上512MB以

GPU仕様

OpenGL2.0以上512M

モニタ解像度

1280×800ドット以上

CPU

Intel® Core 2 以上or AMD Athlon® 64 processor; 2 GHz or faster processor

フルカラー

32ビットカラー以上

プリンタ制御 ユーザインターフェース

タッチパネル対応7インチ液晶ディスプレイ

スクリーンの解像度

1024*600

メモリ
1GB 
OS
専用LINUX
ポート
USB2.0 x4, Ethernet x1 
接続方法
Wi-Fi, LAN, USB , Ethernet 

※1 0.01mmピッチの設定は可能ですが、すべての造形においての造形品質は保証致しかねます。
※2 稼働環境条件に合わない場合、ソフトウェアの機能が制限される、また稼働しない場合があります。

お問合せはこちら