複雑な金型もスプレーレスで3Dデータに

金型の3Dスキャン

株式会社ダイモールは、重機や工業機械などの金型設計・開発を行う金型・機械加工メーカーです。これまで2D図面から3Dモデリングし、加工していた作業フローを直接3D設計するため導入されました。金型の再設計や修復の際に活用されています。古い型を非接触スキャナでスキャンし、その3Dデータをもとに接触測定で取得した点情報を併用することで、幾何形状+曲面を持った複雑な金型もスピーディに再設計が可能になりました。

再加工設定の段取りを短縮。

機上測定

製造工程内での測定は、これまで加工機からワークを取外し、測定室への移動が伴っていました。その場合、段取り替えの手間や再加工時の基準位置の再設定など、多くの工数が発生しています。 FAROのアーム型3Dスキャナは、優れた携帯性を活かして、加工後すぐに、ワークを取り外すことなく効率的に測定業務が実施できます。工程内で測定する環境を整え、実施することで安心と信頼を生み、次工程とスムーズな連携と生産性の向上が期待できます。

カラースキャン
カラーデータの取得に対応

レーザセンサの進化によりアーム式としては数少ないカラーテクスチャデータの取得にも対応しました。 ゲーム業界VRやAR技術といった新たな技術への活用や史跡などの文化財をデジタルアーカイブ化したりといった活用が可能です。