VISI PROGRESS_トップバナー

VISI PROGRESS 3次元順送プレス金型設計支援モジュール

VISI PROGRESS 順送プレス金型

順送プレス金型には高い水準の精度と耐久性が求められます。金型設計は非常に複雑なため、さまざまな高い要件と専門知識が必要になってきます。
「VISI PROGRESS」は、「VISI MODELLING」や他のCADで作成されたモデルを利用して、順送プレス金型の設計を行うための支援ツールです。
曲げ・絞り・フランジ形状の展開から展開形状を用いてのレイアウト設計など、専用モジュールならではの高度な支援機能で潜在的ミスを低減し、効率的で生産性の高い設計・製造環境を提供します。

高度な支援機能で柔軟なレイアウト設計

自動解析でブランク形状へステップごとに展開
VISI PROGRESS ブランクステップ

3次元形状を自動解析し、曲げ・平面を自動的に認識して展開形状を自動作成することができます。
曲げの展開係数をもとに、全展開・部分展開を正確に行うことができ、ブランクまでの工程ごとの展開を可能にします。
関連したフェースはそれぞれ塗り分けられており、オリジナル形状の変更や編集時には連動して展開形状データにも反映されます。

展開ブランクから容易にレイアウト設計
VISI PROGRESS ストリップレイアウト

展開形状・ブランク形状を利用してストリップレイアウト設計が行えます。
ブランク形状を最適歩留位置に自動的にネスティングし、送りピッチ・回転・材料幅を決定することにより、効率的なレイアウト設計が可能です。展開機能にて作成された各工程モデルとストリップを利用して、順送スケルトンモデルの作成も容易に行なえます。

VISI PROGRESS スケルトンモデル

金型アセンブリ・テンプレート化で効率的な型構造設計

テンプレートからプレートモデルを迅速に作成
VISI PROGRESS プレート設計

金型テンプレート機能を利用して、事前に定義した型構造を作成中のストリップレイアウトに適用すれば、自動的にストリップの寸法が適合されるので、プレートモデルを素早く作成することが可能です。
作成されたプレートモデルは、プレスストローク、ストリップストローク、パンチ高さ、金型ストローク情報などのプレス作業に必要な情報を設定することにより、金型アセンブリとして登録することができ、他の設計プロジェクトに利用すことができます。

パンチ形状を自動作成
VISI PROGRESS 自動パンチ

スケルトン作成時に使用した抜きパンチや金型構造から、トリミングや成形のためのパンチ形状を自動的に作成することができます。
自動パンチ押し出し機能により作成されたパンチは最適なクリアランス情報も算出されるので、パンチヒール・サポートピン・パンチホルダーの設計も容易に行なえます。

部品ライブラリで素早く正確な配置
VISI PROGRESS 部品ライブラリ

世界60ヶ国以上の主要プレス部品サプライヤの標準部品をサポートしており、型設計完了と同時に使用部品表としてExcelシートに出力することができます。これらの標準部品データは、クリアランス穴とポケット属性を持つ3次元データなので、ライブラリから選択してプレートに配置するだけで素早く正確な型構造部品の構築が可能になります。
穴パンチ部品では属性変更に加え、カス落ち形状や回り止め形状、パンチ形状からダイブッシュも作成することができ、より効率的な型設計をサポートしています。

強力な曲げ展開で展開モデル設計

独自の曲げ展開アルゴリズムで、サーフェイスモデルでもソリッドモデルでも展開することが可能です。
曲げ形状の展開の他、絞り形状の展開やフランジ形状の展開など、設計に必要な形状展開機能や、曲げ工程の追加や削除による展開形状の確認など、正確な展開モデル設計のためにさまざまな展開機能を装備しています。

曲げ方法に合わせた正確なモデル展開
VISI PROGRESS 曲げ展開

曲げ部は、R変化・R一定・ステップを指定することで、曲げ方法に合わせたモデル展開が可能です。
材厚と曲げ半径から中立面係数を自動取得し生産方法に沿った正確な展開モデルを作成します。

応力・板厚分布などを高速予測するブランク展開
  • ブランク展開
  • ブランク解析
  • ブランク平面

絞り形状を含むようなモデルであっても、内部作成されたメッシュ近似により簡単操作で全展開が可能です。
プレス成形過程の割れ・しわの発生予測や応力・歪・板厚分布などを高速・正確に予測することができ、最適な工程を作成する事ができます。

材料変形を考慮したフランジ展開
VISI PROGRESS フランジ解析

選択されたフランジ部を自動的に解析し、材料情報をもとにフランジ部を展開します。展開形状の板厚歪をチエックすることができるので、無理なくプレス加工できる形状を作成する事ができます。
また、フランジ展開は曲面にも展開することができるのでトリムラインの設計に活用することができます。

VISI PROGRESS フランジ曲面展開

スプリングバック見込み変形で品質向上

順送プレス金型設計支援モジュール

トライアウトと修正のループを減少させるために、スプリングバック後の最終製品の予測と見込み補正を考慮した適切な設計が求められます。
「VISI PROGRESS」にはスプリングバック解析・予測評価機能が搭載されており、「ADVANCED MODELLING」と組み合わせることにより、ターゲット変形機能やスプリングバック自動補正機能など、スプリングバックを考慮したCADモデルに変形することが可能です。

※オプションモジュール「ADVANCED MODELLING」が別途必要です

曲げ断面によるスプリングバック補正

スプリングバック量をパーセント指示することにより自動的に見込み形状を作成

スプリングバック補正
測定データよるスプリングバック補正

3次元測定機等で得られた数値データから自動的に見込み形状を作成

スプリングバック補正
CAEや3Dスキャンデータによるスプリングバック補正

CAEや3Dスキャナにより得られたメッシュデータから自動的に見込み形状を作成

スプリングバック補正