設備の稼働監視・実績管理/収集システム Facteye

生産現場の見える化で生産性向上を支援

Facteye分析例

Facteye(ファクティエ)は、生産現場内の様々な生産設備の詳細な稼動データを簡単に収集できるシステムです。
自動収集により取得された様々な情報はデータベース化され、生産管理者のための稼働状況分析、保全管理者のための停止/アラーム分析、オペレーターのための実行プログラム分析など、生産現場を見える化することができます。
課題発見から要因分析、改善までのプロセスを実現するための仕組みづくりを支援します。

生産現場をまるごとデータ収集

Facteye基本図

CNCやロボット、PLC、各種センサーなど、設備機器の詳細な稼動データを収集します。特定のメーカーに限らずマルチベンダーに対応しているため、CNC搭載設備と直接接続することができるほか、PLCなどを介せば設備の新旧を問わず生産現場内の設備をまるごとデータ収集することができます。
※機械やCNCシリーズ・モデルによっては、接続できない場合やデータを取得できない場合があります。

リアルタイムに判断するための稼働・実績監視

Facteyeリアルタイム監視

各設備機器の稼動状態 (切断中/運転中/停止中/一時停止中/アラーム中/非常停止中など)を、リアルタイムに収集・更新しモニタに表示します。
工場のレイアウトに合わせた全体監視画面や各設備ごとの状態監視画面など、工場内の状況を瞬時に把握できるよう、視覚的にわかりやすく表示設計されているので、生産計画の見直しや問題の早期発見・早期対応など、生産性向上のためのリアルタイムな判断を可能にする環境を実現します。

拡張機能でさらなる見える化・効率化

収集した詳細情報はデータベースから任意に組み合わせ、自動的にCSV形式に書き出します。標準でサポートされている帳票出力以外にも、独自にカスタマイズして運用することも可能です。
また、拡張機能により、スマートフォン・スマートウォッチとの連携や作業員行動管理との連携により、さらに詳細で活きた分析を可能にし、多角的な生産性向上に役立てることができます。(ReFLOW / Smart Logger /Smart Follow)

Facteye拡張機能