handyprobe

現場での計測作業を改善「ポータブル測定器」

どこでも持ち込める携帯性
どこでも持ち運べる可搬性

HandyPROBE Nextは、持ち運び可能な可搬型の測定器です。測定プローブと、プローブを認識するトラッカとに分かれており、トラッカが設置できる場所であれば、どこでも手軽に広範囲の三次元測定が可能です。 卓上サイズの小型ワークから車両クラスの大型ワークまで、様々なワークサイズの測定を実現します。

ワイヤレスプローブで、より自由に三次元測定を
ワイヤレスプローブ

プローブはアームやケーブルといった可動域を制限するようなものが無いワイヤレスタイプとなっており、自由な角度から任意の箇所の測定が可能です。また、プローブ本体は軽量(500g)かつ人体工学に基づく設計で、測定中の作業労力を軽減します。

各種アナログ測定器を集約
回転軸ユニットで多面加工を効率化

大型ワークになるほど、多岐に渡る測定機器が必要です。長尺ノギスやハイトゲージに加え、ワークによっては専用の特殊ゲージや治具が伴い、それらの扱い方の習得や、必要な測定器の選定にも多くの時間が必要です。 Handy PROBE Nextは、そのような様々なアナログ測定器の機能を1台に集約。数ある種類の中から最適な測定器の選定や、軸出し、面出しといった作業にかかっていた時間など、段取りに必要な工数を大きく短縮します。

厳しい現場環境でも安定した測定が可能

ポータブルCMMの測定には検査室など専用の部屋を用意せず、現場で測定ができる点が挙げられます。しかし、現場の過酷な環境下では、振動などの測定精度に影響を与える要因が数多く潜んでいます。 Handy PROBE Nextは、トラッカとなるC-Trackが、振動の状況をリアルタイムにトラッキングし補正するため、振動を要因とする誤差の発生を抑制。厳しい現場環境の中でも安定して測定結果を得ることができます。

データ取得から測定・検査まで一元化

検査まで一元管理

Handy PROBE Nextは、シリーズ共通の制御ソフト「VX Elements」が標準付属しています。検査モジュール「VX Inspect」と組み合わせることで、データ取得から検査表の作成まで、スムーズなワークフローを実現します。 現物から取得したデータをCADデータや入力した公差と比較することで、合否判定までの結果がデータ上ですぐに得られます。