HOME >生産現場のための課題発見・解決資料
生産現場のための課題発見・解決資料

本資料は、生産現場で様々な課題の解決方法をご提案していくシリーズです。

稼働率向上編

Vol.1 課題の見つけ方(入門)

Vol.1 課題の見つけ方(入門)


より効果を得られる改善の実施には的確な課題の発見が不可欠です。

自社の設備稼働状況を把握できれば、稼働率向上に向けた的確な課題を見つけ出すことができます。Vol.1ではIoTを活用した“見える化”による「課題の見つけ方」をご紹介。

“見える化”によって得られる情報 ・情報の使い方(見方)を4つの例とともにご紹介しています。
資料ダウンロードはこちら


資料ダウンロードはこちら
資料内紹介製品

設備稼働監視・実績収集システム「Facteye」

設備とパソコンを繋ぐだけで、直接稼働実績を取得できるIoTソフトウェア。稼働状況に加え機械の詳細な情報を、幅広いメーカーの制御装置から取得できます。工程改善やリアルタイムの稼働監視、設備保全と様々な活用が可能です。

詳細はこちら

Vol.2 プログラム作成時間(1)

Vol.2 プログラム作成時間(1)


手打ち・対話式のプログラム作成による機械停止は稼働率低下の要因の一つです。
プログラム作成と機械操作を分業し、プログラムを先行して用意できれば、機械の停止時間削減のほか様々な効果を得られます。しかし、このような分業に不可欠ともいえるCAD/CAMをいち運用していくには、多くの課題があります。
Vol.2では、分業による4つのメリットとCAD/CAM運用に対する4つの課題とともに、「人材育成」と「プログラムの作成時間」に対する課題への解決策をご紹介いたします。
資料ダウンロードはこちら


資料ダウンロードはこちら
資料内紹介製品

対話式プログラム作成・変換システム「MazaCAM」

「MazaCAM」は、対話式でのプログラム作成と変換をパソコン上で行うことができるシステムです。
これまで制御装置上の手打ちや対話式でプログラム作成をされてきた方が簡単にプログラム作成と機械操作を分業していただけます。

詳細はこちら

Vol.3 段取り時間の短縮

Vol.3 段取り時間の短縮


多品種・小ロットでの生産に対応する中で、課題となるのが段取り回数と時間の増加です。 機械の停止要因となるこれらのムダな段取り時間を削減し、稼働率を向上させる必要があります。 本資料では、大きく分けて3つの段取りがある中で、工具段取りに焦点を当て必要な手順を整理し、 2つの課題とIoTを活用した解決方法をご紹介いたします。 また、今回ご紹介する解決方法(IoTシステム)のメリットをより詳細にお伝えするセミナー情報も掲載しています。

資料ダウンロードはこちら

資料ダウンロードはこちら

Vol.4 “見える化”の課題NEW

Vol.4 “見える化”の課題


稼働率や生産性を向上を効率的に実現する手段として注目が高まる設備稼働状況の“見える化”。現在、多くの稼働情報取得システムがある中、広く普及しているのがシグナルタワーへの信号を活用したシステムです。運転中・停止中・アラーム停止などの稼働実績を把握することができます。こうした稼働情報を効果的に活用するには現状の把握だけではなく、適切な課題を見つけることが重要です。そこで、本資料では、稼働率や生産性の低下要因を2つの要素に整理。運転中や停止中など各稼働状況においてどのような点が改善すべき課題となるかをご紹介します。また、これらを改善するにあたり、現状の“見える化”システムが抱えている課題について解説します。

資料ダウンロードはこちら

資料ダウンロードはこちら

3Dデータ対応編

Vol.1 3DCAD/CAMのコスト

Vol.1 3DCAD/CAMのコスト


3DスキャナやCAEを活用した設計、3Dプリンタや小型切削機の試作内製化の普及など3Dデータを前提に設計・開発を進める流れが拡がっています。生産現場でも3Dデータへ対応することが今まで以上に求められる状況です。3Dデータの加工には3DCAD/CAMが不可欠ですが、2DCAD/CAMと比較すると導入・運用費用が高額になる課題もあります。
本資料では、導入・運用にかかるコストの種類やライセンス形式の違いなど、CAD/CAMコストの基本を解説したうえで、3DCAD/CAM導入・運用時のコスト面に対する4つの課題と、最適なライセンス形式・運用方法をご紹介いたします。
資料ダウンロードはこちら


資料ダウンロードはこちら

Vol.2 3DCAD/CAMの機能

Vol.2 3DCAD/CAMの機能


3DCAD/CAM導入にあたって、「コストと機能の両立」は大きな課題です。コストばかりを優先すると機能不足に、ハイエンドなソフトを導入したものの自社の加工では使用しない機能が多く過剰な投資になってしまいます。
コストパフォーマンスを最大限に発揮するには、自社の加工内容に沿った機能を持つソフトを導入することが重要です。本資料では、ローエンドソフトの機能充実により「コストと機能の両立」が実現しやすくなった部品加工に焦点をあて、どのような機能が求められるかをご紹介。ソフト選定において、どのような点に着目すればいいのかを「データの受け入れ体制」「加工における機能」の2つの観点から解説します。

資料ダウンロードはこちら


資料ダウンロードはこちら
資料内紹介製品

低コスト・機能充実の3DCAD/CAM「BobCAD-CAM」

2軸から同時5軸まで幅広い加工に対応する3DCAD/CAMです。各加工に必要なモジュールを選択して、加工ニーズに応じた構成での導入が可能です。
詳細はこちら

生産性向上編

Vol.1 検査・測定プロセス

Vol.1 検査・測定プロセス


品質への評価が厳しい現状では、生産工程の最後に最終検査を設けるだけでなく、工程ごとに検査を取り入れることが必要です。検査工数を増やすことは生産性の低下に繋がるように思えますが、検査の目的を理解し、工数をかけない工夫をすることで、反対に生産性の向上が可能になります。
本資料では、検査の必要性と目的、検査工程を取り入れた仕組みづくりのメリットをご紹介いたします。
資料ダウンロードはこちら


資料ダウンロードはこちら

Vol.1-1 機械加工の工程内検査

Vol.1-1 機械加工の工程内検査


機械加工後の検査方法として最もよく知られている「機上測定」。機械からワークを取り外すことなく測定ができるため、運搬や段取り替えにかかる工数を抑えることができます。プローブタイプのものが代表的ですが、「検査に求めている精度が得られにくい」「ワークによっては検査自体ができない」などのイメージを持たれてしまうことも。
しかし、機上測定はプローブ式だけではありません。様々な手法と特徴を知ることで、自社の状況に合わせた手法を選択することができます。
本資料では、そんな機上測定の2つの手法と特徴をご紹介いたします。
資料ダウンロードはこちら


資料ダウンロードはこちら

Vol.1-1-1 機上測定の活用(1)

Vol.1-1-1 機上測定の活用(1)


工程内検査を実施するうえで、時間のかかる測定業務をどれだけ短縮できるかは重要なポイントです。しかし、人力での測定は技能が求められる様々な工数が必要なため、経験の浅い人材には多くの時間を要する作業となります。また、測定技能者を育成するには多くの時間が必要です。このような課題を解消できるのが三次元測定機の活用です。しかし、大型のワークに対しては設備導入や設置環境、運搬など様々なコスト面の課題から人力に頼らざるを得ない状況が多いのが現状です。本資料では、これらの課題と改善方法をご紹介。特に大型の機械加工工程で活用できる「アーム型三次元測定機」の特徴と運用方法について解説しています。
資料ダウンロードはこちら


資料ダウンロードはこちら
資料内紹介製品

「FAROアーム型三次元測定機」

広範囲の測定が可能なアーム型三次元測定機です。可搬性に優れ様々な現場で対応ができるため、機上測定での活用も可能です。
詳細はこちら

3Dデータ活用編

Vol.1 金属3Dプリンタのメリット

Vol.1 金属3Dプリンタのメリット


設計・開発プロセスの短縮に欠かせないツールとして定着した3Dプリンタ。現在は対応素材の拡大など活躍の場はどんどん広がっています。特に、金属3Dプリンタは、金属製品分野での高付加価値製品の製作や、少量生産品の製造コスト削減…などのメリットにより活用への期待が高まっている技術の一つです。
本資料では、金属3Dプリンタが活用メリットを発揮する場面と、実用に向けた課題を3つの視点からご紹介いたします。
資料ダウンロードはこちら


資料ダウンロードはこちら

Vol.1-1 金属3Dプリンタの運用

Vol.1-1 金属3Dプリンタの運用


現在主流となっている金属3Dプリンタの課題は「精度の限界」「材料の制限」、そして「高額なコスト」です。しかし、高額なイメージは過去のものとなり、実は金属3Dプリンタはもう身近な存在になりつつあります。
本資料では、コストに加え、精度・材料の課題を解消する金属3Dプリンタとその運用方法をご紹介。それぞれの課題をどのように解消するのかについて解説しています。
資料ダウンロードはこちら


資料ダウンロードはこちら
資料内紹介製品

低価格・様々な材料に対応できる金属3Dプリンタ「Coherent CREATOR」

低価格で登場した小型の金属3Dプリンタです。オープンパラメータが採用され、任意の材料を使用できるため、幅広い業界のニーズに対応することが可能です。
詳細はこちら

Vol.2 ものづくり人材の育成

Vol.2 ものづくり人材の育成


働き方改革により「より短い時間でより効率よく」利益を上げることが大切になっています。 こうした状況下で成果を出すためには人材の成長に向けた育成が不可欠ですが、指導担当者にとっては「業務と指導の両立」が大きな負担となります。
本資料では、OJTとOff-JTという2つの教育方法のメリット・デメリットを改めて確認した上で、より効果的な「人材育成の仕組み」を確立させるポイントについて解説しています。
資料ダウンロードはこちら


資料ダウンロードはこちら

Vol.2-1 人材育成サービス

Vol.2-1 人材育成サービス


Vol.2でご紹介した、ものづくり企業の「人材育成のための時間が取れない」という課題。本資料では、この課題を解決するためのシステムクリエイトの人材育成サービス「講習サービス」についてご紹介。講習サービスでは、ソフトウェア・生産設備の操作方法などを学んでいただけます。
「効率的な育成に欠かせない『基礎スキルの習得状況』を把握できる」「お客様のお悩みやご要望に合わせてカリキュラムを作成できる」など、“ここがおすすめ!”な弊社サービスのポイントや導入事例を交えてご紹介しています。
資料ダウンロードはこちら


資料ダウンロードはこちら
資料内紹介サービス

ものづくり人材の育成をサポート「人材育成サービス」

ものづくり人材の育成支援のための講習サービスです。ソフトウェアや工作機械、3Dプリンタ・3Dスキャナなどジャンルを問わず、お客様の課題や要望に合わせて実施いたします。

詳細はこちら

Vol.3 3Dスキャナによる検査

Vol.3 3Dスキャナによる検査


ものづくりのデジタル化が進み、検査には複雑化する製品形状への対応や効率化が求められています。製品形状が複雑になる中で、従来の手法では評価が困難な自由曲面や、ヒケ・ソリ・歪みなどの形状全体の評価に有効なのが3Dスキャナです。
本資料では、3Dスキャナを活用した検査の方法とどのような対象や工程にメリットを発揮するのかをご紹介します。 また、様々なメリットを発揮する3Dスキャナですが、“効率面”においては他の測定方法に追いついていない現状があります。その原因となる2つの課題を解説します。

資料ダウンロードはこちら


資料ダウンロードはこちら

Vol.3-1 3Dスキャン検査の自動化

Vol.3-1 3Dスキャン検査の自動化


製造プロセスにおける問題把握に大きなメリットを発揮する3Dスキャナ。一方で様々な作業が必要な3Dスキャン検査は「人手と人的スキルへの依存」が課題となります。この問題の解決方法が「自動化」です。

本資料では、検査に必要な6つの工程で重要になるポイントと、それぞれの工程の自動化が可能な3Dスキャン検査システムをご紹介。 さらに、各工程を一貫してクリック1つで検査を完了させる方法を解説いたします。

資料ダウンロードはこちら

資料ダウンロードはこちら
資料内紹介製品

全自動3Dスキャナ「Solutionixシリーズ」

シンプルに操作できる全自動3Dスキャナです。3Dスキャナ本体と自動回転テーブルの座標同期により、わずかな手順で自動スキャンが完了します。
詳細はこちら

検査ソフトウェア「GeomagicControlX」

3D比較や断面比較、幾何公差などワークに応じた様々な検査と、レポート出力の自動化が可能な3D検査ソフトです。Solutionixシリーズとの連動で、3Dデータ取得からレポート出力までの完全自動化が可能です。
詳細はこちら

Vol.4 3Dプリンタの人的コスト

Vol.4 3Dプリンタの人的コスト


低価格なエントリーモデルの登場により設計・開発の現場でも広く普及し・導入されるようになった3Dプリンタ。開発サイクルの短縮や外注コストの削減を実現するツールとして活用されている3Dプリンタですが、運用の中で見えてくる「ある課題」があります。
本資料では、各造形方式の特徴を踏まえ、その共通課題について解説。導入段階では見えにくい大きな課題と解消するためのポイントについてご紹介いたします。

資料ダウンロードはこちら

資料ダウンロードはこちら

Vol.4-1 後処理時間の短縮

Vol.4-1 後処理時間の短縮


3Dプリンタ運用時の最大の人的コストである「仕上げ作業にかかる時間」。その中で大半を占めているのが“サポート材の除去”です。つまり、サポート材除去が容易な装置を導入することが人的コスト削減のカギとなります。
これまで後処理に充てていた時間を短縮&作業者の手間を軽減することで、生産性を向上。短期間での試作と評価・試験を繰り返すことが可能になります。
本資料では、造形方式の違いがどのように人的コスト削減につながるのかを詳しく解説。サポート材なしで造形できる仕組みや導入イメージを交えてご紹介いたします。

資料ダウンロードはこちら

資料ダウンロードはこちら
資料内紹介製品

SLS方式3Dプリンタ「LISA」シリーズ

サポートレス造形を手軽に取り入れることができるSLS方式(粉末焼結積層方式)の小型3Dプリンタ。ナイロン(PA11/12)を始めTPUやTPEなどの熱可塑性樹脂に対応しています。
詳細はこちら

Vol.5 3Dデータを活用した非破壊検査

Vol.5 3Dデータを活用した非破壊検査


3Dプリンタや同時多軸加工などの加工方法の進化に伴い、設計にも様々な変化が起こっています。その中でも注目されているのがトポロジー最適化を活用した設計です。大幅な軽量化や部品の一体化により、製造コスト削減や性能向上に貢献する設計を実現できます。 しかし、ソフトが導き出す形状は複雑なものが多く従来の接触式の測定では評価が困難という課題もあります。
本資料では、トポロジー最適化の概要とともに、その製品を評価するうえで必要な2つのポイントと最適な検査手法を紹介いたします。

資料ダウンロードはこちら

資料ダウンロードはこちら

Vol.6 開発サイクルの短縮NEW

Vol.6 開発サイクルの短縮


CADやCAE解析による試作回数の削減などの製品開発サイクル短縮とともに、大きく進んでいるのが試作プロセスの内製化です。しかし、広く普及している3Dプリンタでの試作では「使いたい材料での評価ができない」「精度面に不満がある」「設備の維持費用にコストがかかりすぎる」という課題も...。このような課題の解決に向け、活用を検討する方が増えているのが”モデリングマシン”です。
本資料では、コストダウン・開発プロセス短縮を実現する”3Dモデリングツール”の特徴についてご紹介。3Dプリンタとモデリングマシンという2つのツールがぞれぞれ得意・苦手とする場面について解説いたします。

資料ダウンロードはこちら

資料ダウンロードはこちら
ページの先頭へ