HOME >生産現場のための課題発見・解決資料
生産現場のための課題発見・解決資料

本資料は、生産現場で様々な課題の解決方法をご提案していくシリーズです。

11月公開の資料はこちらNEW

Vol.6 小型ワークの効率的な測定手法

Vol.6 小型ワークの効率的な測定手法


万能型といわれる「アーム型3Dスキャナ」は、リバースエンジニアリングはもちろん、測定目的の運用に特に人気のタイプです。しかし、小型ワークの測定に関して、もっと効率よく軽快に測定したいというお声があるのも事実です。
本資料では、その特徴と優位性を解説するとともに、「セミオート化システム」と「座標連動回転テーブル」を併用した「自動化」を実現することにより、小型ワーク測定の作業性を効果的に改善する方法を詳しく解説してまいります。
資料ダウンロードはこちら


資料ダウンロードはこちら
資料内紹介製品

アーム型三次元測定機「FARO Quantumシリーズ」

広範囲の測定が可能なアーム型三次元測定機です。本体・アームの可動は全て三次元座標に連携しているため、環境に左右さない安定的な高精度スキャンを提供します。「8番目の軸」として座標連動回転テーブルを活用することにより、さらに効率的な測定作業を実現することができます。

詳細はこちら

Vol.14 大型プリントモデルの軽量化と強度

Vol.14 大型3Dプリントモデルの軽量化と強度


大型モデルに対応した3Dプリンタが登場する中、大型故の造形時間の長時間化と造形コストの増加・重量化が問題となり、多くの場合は付属ソフトウェアのインフィル(充填率調整)による軽量化で対応されてきました。
しかし、軽量化による強度不足がさらなる問題となっています。
本資料では、大型モデルの軽量化と強度維持を両立するプリントデータによる解決方法をご紹介しています。

資料ダウンロードはこちら

資料ダウンロードはこちら
資料内紹介製品

履歴の概念を持たない3Dダイレクトモデラー「Discovery Space Claim」

フィーチャーや履歴に縛られないダイレクトモデリングで、設計やインポートデータの修正時間を大幅に削減できます。メッシュやSTLデータに対しても自在な編集が容易に可能な、設計・解析向けシステムです。
詳細はこちら

大型モデル対応低価格エントリー3Dプリンタ「Bellulo」

大型モデルに対応した低価格エントリーモデルの国産FDM方式3Dプリンタです。400mm3の造形体積を誇るBellulo400に500/600モデルもラインナップ。1,000mmを超える超大型機へのカスタマイズも可能。
詳細はこちら

Vol.15 黒色/光沢ワークの3Dスキャン

Vol.15 黒色/光沢ワークの3Dスキャン


★エントリーモデルや旧型モデルの3Dスキャナをご使用中の方におすすめの資料です★
3Dスキャナが苦手とする黒色や光沢のワークのスキャンには、パウダースプレーを使用する方法が一般的です。しかし、細かなパウダーがワークの隙間に入ってしまう、あるいは洗浄ができず拭き取りでしか処理できないなど、想像以上に手間がかかってしまうことがあります。
本資料では、既存の3Dスキャナを活用しながら、上記のようなワークも手間なく後処理を完了できる方法についてご紹介しています。

資料ダウンロードはこちら

資料ダウンロードはこちら
資料内紹介製品

後処理工程不要の昇華型3Dスキャン用スプレー「AESUB blue」

時間経過で自然に消える3Dスキャン用スプレーです。塗布した溶剤は昇華するため、拭き取り/洗い流しなどの後処理工程を削減できます。
詳細はこちら

稼働率向上編

Vol.1 課題の見つけ方(入門)

Vol.1 課題の見つけ方(入門)


より効果を得られる改善の実施には的確な課題の発見が不可欠です。

自社の設備稼働状況を把握できれば、稼働率向上に向けた的確な課題を見つけ出すことができます。Vol.1ではIoTを活用した“見える化”による「課題の見つけ方」をご紹介。

“見える化”によって得られる情報 ・情報の使い方(見方)を4つの例とともにご紹介しています。
資料ダウンロードはこちら


資料ダウンロードはこちら

Vol.2 プログラム作成時間(1)

Vol.2 プログラム作成時間(1)


手打ち・対話式のプログラム作成による機械停止は稼働率低下の要因の一つです。
プログラム作成と機械操作を分業し、プログラムを先行して用意できれば、機械の停止時間削減のほか様々な効果を得られます。しかし、このような分業に不可欠ともいえるCAD/CAMをいち運用していくには、多くの課題があります。
Vol.2では、分業による4つのメリットとCAD/CAM運用に対する4つの課題とともに、「人材育成」と「プログラムの作成時間」に対する課題への解決策をご紹介いたします。
資料ダウンロードはこちら


資料ダウンロードはこちら
資料内紹介製品

対話式プログラム作成・変換システム「MazaCAM」

「MazaCAM」は、対話式でのプログラム作成と変換をパソコン上で行うことができるシステムです。
これまで制御装置上の手打ちや対話式でプログラム作成をされてきた方が簡単にプログラム作成と機械操作を分業していただけます。

詳細はこちら

Vol.3 段取り時間の短縮

Vol.3 段取り時間の短縮


多品種・小ロットでの生産に対応する中で、課題となるのが段取り回数と時間の増加です。 機械の停止要因となるこれらのムダな段取り時間を削減し、稼働率を向上させる必要があります。 本資料では、大きく分けて3つの段取りがある中で、工具段取りに焦点を当て必要な手順を整理し、 2つの課題とIoTを活用した解決方法をご紹介いたします。 また、今回ご紹介する解決方法(IoTシステム)のメリットをより詳細にお伝えするセミナー情報も掲載しています。

資料ダウンロードはこちら

資料ダウンロードはこちら

Vol.4 “見える化”の課題 と 人的要因の改善

Vol.4-1“見える化”による人的課題の特定


稼働率や生産性の低下要因を2つの要素に整理し、各設備の各稼働状況において改善すべき課題となるかをご紹介します。また、生産実績のばらつき、アラームの発生など、生産・製造における諸問題の要因の多くは、「人的要素」に起因するもので、これらを特定するには機械の稼働状況だけでなく、より多くの情報を活用して問題を多角的に分析する必要があります。本資料では、幅広い情報を設備から取得できる“見える化”システムをご紹介。どのような情報を取得できるのかを具体的に活用例とあわせて解説しています。
※本資料は、「Vol.4 “見える化”の課題」と「Vol.4-1 人的要因の“見える化”と改善」を一つの資料にまとめたものです。

資料ダウンロードはこちら

資料ダウンロードはこちら
資料内紹介製品

稼働監視・実績管理システム「Facteye」

「Facteye」は工作機械の実績収集や、リアルタイムで稼働状況を監視できる“見える化”システムです。幅広い情報を収集することで問題の把握や分析が可能です。また、稼働状況の通知機能を活用することで人員配置など現場のオペレーションを効率化ができます。

詳細はこちら

Vol.5 加工プログラム管理の課題と解決策

Vol.5 加工プログラム管理の課題と解決策


ヤマザキマザックの対話式制御システム「マザトロール」は様々なメリットを持ち、多くの現場で導入されています。 しかし、ユーザーの方からは、データの取り出し・保管や世代間変換の手間など「プログラムの取扱い」に関するお困りごとをお伺いすることがあります。
そこで本資料では、上記のようなお困りごとをお持ちの方に向け、“PC上でのデータ一元管理”という運用方法をご紹介。 上記のようなお困りごとを解消する一元管理のメリットと、そのための効果的なシステムについて詳しく解説しています。

資料ダウンロードはこちら

資料ダウンロードはこちら
資料内紹介製品

対話式プログラム作成・変換システム「MazaCAM」

「MazaCAM」は、対話式でのプログラム作成と変換をパソコン上で行うことができるシステムです。
作成したプログラムの一元管理や、世代を問わないプログラム変換など、運用の効率化を可能にします。

詳細はこちら


Vol.6 3Dスキャナ稼働率の課題と解決策

Vol.6 3Dスキャナ稼働率の課題と解決策


設計や製造・検査による製品価値や信頼性の向上を実現できる3Dスキャナが活用されています。
しかし、実際に3Dスキャナを導入されたお客様からは、 「現在の稼働状況が“もったいない”と感じている」 という声が多く聞かれるようになりました。
そこで、本資料では、導入した3Dスキャナをさらに有効活用するための方法や効果的な取り入れ方についてご紹介いたします。

資料ダウンロードはこちら

資料ダウンロードはこちら
資料内紹介製品

3Dスキャンデータを活用したモデリングソフト「Geomagic Design X」

3Dスキャンデータを取り込み、モデリングまで完結することができるフィーチャベースのソフトウェアです。
一般的なCADにはない様々な機能や設定項目を備え、スキャンデータ上の形状をより忠実に再現できます。

詳細はこちら


生産性向上編

Vol.1 検査・測定プロセス

Vol.1 検査・測定プロセス


品質への評価が厳しい現状では、生産工程の最後に最終検査を設けるだけでなく、工程ごとに検査を取り入れることが必要です。検査工数を増やすことは生産性の低下に繋がるように思えますが、検査の目的を理解し、工数をかけない工夫をすることで、反対に生産性の向上が可能になります。
本資料では、検査の必要性と目的、検査工程を取り入れた仕組みづくりのメリットをご紹介いたします。
資料ダウンロードはこちら


資料ダウンロードはこちら

Vol.1-1 機械加工の工程内検査

Vol.1-1 機械加工の工程内検査


機械加工後の検査方法として最もよく知られている「機上測定」。機械からワークを取り外すことなく測定ができるため、運搬や段取り替えにかかる工数を抑えることができます。プローブタイプのものが代表的ですが、「検査に求めている精度が得られにくい」「ワークによっては検査自体ができない」などのイメージを持たれてしまうことも。
しかし、機上測定はプローブ式だけではありません。様々な手法と特徴を知ることで、自社の状況に合わせた手法を選択することができます。
本資料では、そんな機上測定の2つの手法と特徴をご紹介いたします。
資料ダウンロードはこちら


資料ダウンロードはこちら

Vol.1-1-1 機上測定の活用(1)

Vol.1-1-1 機上測定の活用(1)


工程内検査を実施するうえで、時間のかかる測定業務をどれだけ短縮できるかは重要なポイントです。しかし、人力での測定は技能が求められる様々な工数が必要なため、経験の浅い人材には多くの時間を要する作業となります。また、測定技能者を育成するには多くの時間が必要です。このような課題を解消できるのが三次元測定機の活用です。しかし、大型のワークに対しては設備導入や設置環境、運搬など様々なコスト面の課題から人力に頼らざるを得ない状況が多いのが現状です。本資料では、これらの課題と改善方法をご紹介。特に大型の機械加工工程で活用できる「アーム型三次元測定機」の特徴と運用方法について解説しています。
資料ダウンロードはこちら


資料ダウンロードはこちら
資料内紹介製品

「FAROアーム型三次元測定機」

広範囲の測定が可能なアーム型三次元測定機です。可搬性に優れ様々な現場で対応ができるため、機上測定での活用も可能です。
詳細はこちら

Vol.2,2-1 CAD/CAM運用の断念と解決策

Vol.2,2-1 CAD/CAM運用の断念と解決策


手打ちのプログラム作成が苦手とする様々な課題を解消する方法の一つに「CAD/CAMの導入」があります。
しかし、実際にCAD/CAMを導入してみたもののそのメリットを活かしきれないまま、運用を断念されるお客様も見受けられます。
今回の資料ではCAD/CAM運用の課題と解消をテーマに、CAD/CAMをうまく運用できない要因と、NCプログラムを効率的に作成できる対話型のCAMについてご紹介いたします。
資料ダウンロードはこちら


資料ダウンロードはこちら
資料内紹介製品

対話式プログラム作成・変換システム「MazaCAM」

「MazaCAM」は、対話式でのプログラム作成と変換をパソコン上で行うことができるシステムです。
これまで制御装置上の手打ちや対話式でプログラム作成をされてきた方が簡単にプログラム作成と機械操作を分業していただけます。

詳細はこちら

Vol.3 大型測定デジタル化の課題と解決策

Vol.3 大型測定デジタル化の課題と解決策


生産現場で行われる測定業務では、デジタル化の動きが進んでいます。
測定機の中でもCMM(三次元測定機)は測定業務の効率化・標準化の実現に効果的ですが、 こうしたメリットがある一方で、様々な理由から導入が進んでいない分野があります。
本資料では、大型ワーク測定の分野に焦点を当て、CMM導入が進まない3つの課題をご紹介。 また、その課題を解消できる、大型ワークの測定に適した「ポータブルCMM」の導入メリットと効率的な運用方法について解説しています。
資料ダウンロードはこちら


資料ダウンロードはこちら
資料内紹介製品

大型ワークに適したポータブルCMM「HandyPROBE」

「HandyPROBE」は、ワイヤレスのプローブ本体と、プローブとワークの位置を認識するためのトラッカを組み合わせ測定を行います。測定範囲はトラッカを移動させるだけで変更できるため、大型ワークでもスムーズに作業を行うことができます。

詳細はこちら

Vol.4 大型製品組立時の課題と解決策

Vol.4 大型製品組立時の課題と解決策


生産工程の効率化には機械やロボットの導入による自動化が効果的です。
しかし、大型の多品種少量品を扱う分野では、コストなどの観点から人の手によって作業が行われています。
本資料では、特に自動化の難しい大型製品の組立・組付け工数に焦点を当て、工数削減の2つのポイントを解説。そのポイントを踏まえ、大型製品の組立工数の削減に効果的な「ダイレクト計測システム」の導入メリットと、効率的な活用方法についてご紹介しています。
資料ダウンロードはこちら


資料ダウンロードはこちら
資料内紹介製品

レーザトラッキングによるダイレクト計測システム「FARO Vantage Laser Tracker」

「FARO Vantage Laser Tracker」は、レーザトラッカとターゲット(SMR)を使用し、トラッカから照射されるレーザをターゲットで反射させることで本体からの位置を測定します。測定範囲はターゲットを移動させるだけで変更でき、常にトラッカがターゲット位置を追跡するためリアルタイムで座標位置を確認することが可能です。

詳細はこちら

Vol.5 少量生産における生産性の課題と解決

Vol.5 少量生産における生産性の課題と解決策


多様なニーズへの対応と高い競争力を有するためにはCAD/CAMシステムを導入するだけでは難しい状況になってまいりました。短納期化や原価の見直しなど生産性が重要視される様々な取り組みが求められています。
本資料では、多品種少量生産における生産性を低下させる要因として段取り作業に焦点をあて、効果的に生産性向上をはかるためのポイントを解説。効果的な段取り作業に有効な「パレットチェンジャ付き工作機械」の導入メリットと効率的な活用方法についてご紹介しています。
資料ダウンロードはこちら


資料ダウンロードはこちら
資料内紹介製品

パレットチェンジャ8枚搭載の 超小型マシニングセンタ「PICO 8-APC」

設置面積わずか1平方メートル前後の省スペースに本格的な加工機能を搭載した「工作機械クオリティ」を持つ、超小型マシニングセンタ「PICO」。8枚のパレットチェンジャを搭載し、量産加工や多品種少量生産での段取り作業の効率化で生産性向上を実現します。

詳細はこちら

人材育成編

Vol.1 ものづくり人材の育成

Vol.1 ものづくり人材の育成


働き方改革により「より短い時間でより効率よく」利益を上げることが大切になっています。 こうした状況下で成果を出すためには人材の成長に向けた育成が不可欠ですが、指導担当者にとっては「業務と指導の両立」が大きな負担となります。
本資料では、OJTとOff-JTという2つの教育方法のメリット・デメリットを改めて確認した上で、より効果的な「人材育成の仕組み」を確立させるポイントについて解説しています。
資料ダウンロードはこちら


資料ダウンロードはこちら

Vol.1-1 人材育成サービス

Vol.1-1 人材育成サービス


Vol.1でご紹介した、ものづくり企業の「人材育成のための時間が取れない」という課題。本資料では、この課題を解決するためのシステムクリエイトの人材育成サービス「講習サービス」についてご紹介。講習サービスでは、ソフトウェア・生産設備の操作方法などを学んでいただけます。
「効率的な育成に欠かせない『基礎スキルの習得状況』を把握できる」「お客様のお悩みやご要望に合わせてカリキュラムを作成できる」など、“ここがおすすめ!”な弊社サービスのポイントや導入事例を交えてご紹介しています。
資料ダウンロードはこちら


資料ダウンロードはこちら
資料内紹介サービス

ものづくり人材の育成をサポート「人材育成サービス」

ものづくり人材の育成支援のための講習サービスです。ソフトウェアや工作機械、3Dプリンタ・3Dスキャナなどジャンルを問わず、お客様の課題や要望に合わせて実施いたします。

詳細はこちら

Vol.2 CNC学習の品質向上

Vol.2 CNC学習の品質向上


製造技術の進歩や顧客ニーズの変化により、工業系の学校や職業能力訓練校などでは現場で活躍できる即戦力人材の輩出がさらに強く求められています。しかし、育成にかけることのできる時間は限られており、多くの教育機関では、学習内容の定着が難しいという現状が見受けられます。
本資料では、限られた時間の中でもより効率的に育成をし、指導・学習品質を向上させるための効果的な方法をご紹介。座学・実習における学習の現状を踏まえ、効率化に有効な“実践に近い指導形式”について解説しています。
資料ダウンロードはこちら


資料ダウンロードはこちら

Vol.2-1 CNCシミュレータの活用

Vol.2-1 CNCシミュレータの活用


工業系教育機関の知識、技術の定着に関する課題には、マシンシミュレータの活用が効果的です。
今回の資料では、文章や図だけでは伝えきれない内容をわかりやすく伝えることができるおすすめのシミュレータについてご紹介します。実機同様のインタフェイスでのプログラム作成や機械操作、機械加工の段取りなどを再現できるCNCシミュレータの特徴と運用イメージを解説しています。
資料ダウンロードはこちら


資料ダウンロードはこちら
資料内紹介製品

機械操作学習シミュレーションシステム「RenAn」

「RenAn」はCNC加工機のインタフェイスを再現したマシンシミュレータです。
リアルなシミュレーションでプログラム作成や機械操作の手順、機械加工の段取りなどを学習することができます。

詳細はこちら

3Dデータ対応編

Vol.1 3DCAD/CAMのコスト

Vol.1 3DCAD/CAMのコスト


3DスキャナやCAEを活用した設計、3Dプリンタや小型切削機の試作内製化の普及など3Dデータを前提に設計・開発を進める流れが拡がっています。生産現場でも3Dデータへ対応することが今まで以上に求められる状況です。3Dデータの加工には3DCAD/CAMが不可欠ですが、2DCAD/CAMと比較すると導入・運用費用が高額になる課題もあります。
本資料では、価格帯ごとのソフトの特徴や、ライセンス形式で異なるコスト配分やタイミングなどCAD/CAMに対するコストを解説したうえで、3DCAD/CAMの導入・運用時のコスト面に対する4つの課題と最適なライセンス形式・運用方法をご紹介いたします。
資料ダウンロードはこちら


資料ダウンロードはこちら

Vol.1-1 3DCAD/CAMの機能

Vol.2 3DCAD/CAMの機能


3DCAD/CAM導入にあたって、「コストと機能の両立」は大きな課題です。コストばかりを優先すると機能不足に、ハイエンドなソフトを導入したものの自社の加工では使用しない機能が多く過剰な投資になってしまいます。
コストパフォーマンスを最大限に発揮するには、自社の加工内容に沿った機能を持つソフトを導入することが重要です。本資料では、ローエンドソフトの機能充実により「コストと機能の両立」が実現しやすくなった部品加工に焦点をあて、どのような機能が求められるかをご紹介。ソフト選定において、どのような点に着目すればいいのかを「データの受け入れ体制」「加工における機能」の2つの観点から解説します。

資料ダウンロードはこちら


資料ダウンロードはこちら
資料内紹介製品

低コスト・機能充実の3DCAD/CAM「BobCAD-CAM」

2軸から同時5軸まで幅広い加工に対応する3DCAD/CAMです。各加工に必要なモジュールを選択して、加工ニーズに応じた構成での導入が可能です。
詳細はこちら

Vol.1-2 3DCADを有効活用するCAM運用

Vol.1-2 3DCADを有効活用するCAM運用


3DCAD「SOLIDWORKS」は様々な場面で活用されていますが、製造現場では多くの場合、CADデータの読み込みや中間ファイルの出力など、"CAD"としての限られた用途で使用されています。しかしSOLIDWORKSはCADだけでなく、アドオンソフトを追加することで、加工プログラム作成のための"CAM"としての機能を持たせることが可能です。
本資料では、3DCADとCAD/CAMを併用する際の3つの課題点をふまえ、SOLIDWORKSを無駄なく運用できるおすすめのアドオンCAMとその活用メリットをご紹介いたします。

資料ダウンロードはこちら


資料ダウンロードはこちら

3Dデータ活用編

Vol.1 金属3Dプリンタのメリット

Vol.1 金属3Dプリンタのメリット


設計・開発プロセスの短縮に欠かせないツールとして定着した3Dプリンタ。現在は対応素材の拡大など活躍の場はどんどん広がっています。特に、金属3Dプリンタは、金属製品分野での高付加価値製品の製作や、少量生産品の製造コスト削減…などのメリットにより活用への期待が高まっている技術の一つです。
本資料では、金属3Dプリンタが活用メリットを発揮する場面と、実用に向けた課題を3つの視点からご紹介いたします。
資料ダウンロードはこちら


資料ダウンロードはこちら

Vol.1-1 金属3Dプリンタの運用

Vol.1-1 金属3Dプリンタの運用


現在主流となっている金属3Dプリンタの課題は「精度の限界」「材料の制限」、そして「高額なコスト」です。しかし、高額なイメージは過去のものとなり、実は金属3Dプリンタはもう身近な存在になりつつあります。
本資料では、コストに加え、精度・材料の課題を解消する金属3Dプリンタとその運用方法をご紹介。それぞれの課題をどのように解消するのかについて解説しています。
資料ダウンロードはこちら


資料ダウンロードはこちら
資料内紹介製品

低価格・様々な材料に対応できる金属3Dプリンタ「Coherent CREATOR」

低価格で登場した小型の金属3Dプリンタです。オープンパラメータが採用され、任意の材料を使用できるため、幅広い業界のニーズに対応することが可能です。
詳細はこちら

Vol.1-2 金属3Dプリントの変形

Vol.1-2 金属3Dプリントの変形


他の加工法では作成できない複雑な形状を造形でき、活発な技術開発が進んでいる金属3Dプリンタ。しかし、金属3Dプリンタの造形物には「変形」という回避できない課題が常に発生します。設計どおりに造形するためには、その原因を把握し、造形プロセス全体を通じて適切な対処をすることが必要です。
本資料では、この「変形」課題の解決策ご紹介の第1弾として、変形が発生する仕組みとその解消に効果的な手法について解説しています。
資料ダウンロードはこちら


資料ダウンロードはこちら

Vol.1-2-1 プリントデータの事前変形

Vol.1-2-1 プリントデータの事前変形


金属3Dプリントの変形の解決策として前号でご紹介した「事前変形」。事前変形とは、プリントモデルの変形を見越し、設計データのモデルを【あらかじめ変形しておく】という手法です。この手法を取り入れることで、元の設計モデルの形状を再現することができるため、今後 金属3Dプリンタの活用が広がるとともに、さらに注目が集まると考えられます。
本資料では、事前変形で気を付けるべきポイントを踏まえながら、誰でもかんたんに様々な形状や条件に対応できる方法をご紹介いたします。
資料ダウンロードはこちら


資料ダウンロードはこちら
資料内紹介製品

金属造形データ検証システム「Amphyon」

金属3Dプリントのためのデータ検証システムです。解析結果に基づいてモデルをあらかじめ変形させる「事前変形」で、プリントモデルの意図せぬ変形を防ぎます。
詳細はこちら

Vol.2 生産を見越した設計

Vol.2 生産を見越した設計


現在3Dツールの活用が進む中でも、意匠設計などの分野では様々な自由形状によって表現 されたデザインを取り入れる動きが進んでいます。こうした形状は商品の価値や魅力の向上 に欠かせないものですが、製造工程の中ではコストや時間が多くかかってしまう傾向があります。
本資料では、金型を使用した製造工程を踏まえ、製品形状とコストの関連性についてご紹介。 生産コストを削減しながらデザインを活かすために効果的な方法を解説いたします。

資料ダウンロードはこちら


資料ダウンロードはこちら

Vol.2-1 モデリングシステムの活用

Vol.2-1 モデリングシステムの活用


金型を使用した成形にかかるコストを削減するには、金型製作時の状態を事前に検証し、適切な設定をすることが必要です。
今回の資料では、デザインから金型製作までの一連の工程 を踏まえ、成形品設計に役立つ機能を搭載した3Dモデリングシステムについてご紹介。具体的な活用メリットや生産工程の中でどのように導入できるのか詳しく解説いたします。

資料ダウンロードはこちら


資料ダウンロードはこちら
資料内紹介製品

デジタル3Dモデルを"触って"創る3Dモデリングシステム「Geomagic Freeform」

ペン型3D触感デバイスを用いて、まるで画面の3Dモデルに触れているかのようにモデリングをすることができます。また、モデル作成から金型作成までの工程を同一ソフトで行うことができるため、金型作成までの工程を短縮します。
詳細はこちら

Vol.3 3Dスキャナによる検査

Vol.3 3Dスキャナによる検査


ものづくりのデジタル化が進み、検査には複雑化する製品形状への対応や効率化が求められています。製品形状が複雑になる中で、従来の手法では評価が困難な自由曲面や、ヒケ・ソリ・歪みなどの形状全体の評価に有効なのが3Dスキャナです。
本資料では、3Dスキャナを活用した検査の方法とどのような対象や工程にメリットを発揮するのかをご紹介します。 また、様々なメリットを発揮する3Dスキャナですが、“効率面”においては他の測定方法に追いついていない現状があります。その原因となる2つの課題を解説します。

資料ダウンロードはこちら


資料ダウンロードはこちら

Vol.3-1 3Dスキャン検査の自動化

Vol.3-1 3Dスキャン検査の自動化


製造プロセスにおける問題把握に大きなメリットを発揮する3Dスキャナ。一方で様々な作業が必要な3Dスキャン検査は「人手と人的スキルへの依存」が課題となります。この問題の解決方法が「自動化」です。

本資料では、検査に必要な6つの工程で重要になるポイントと、それぞれの工程の自動化が可能な3Dスキャン検査システムをご紹介。 さらに、各工程を一貫してクリック1つで検査を完了させる方法を解説いたします。

資料ダウンロードはこちら

資料ダウンロードはこちら
資料内紹介製品

全自動3Dスキャナ「Solutionixシリーズ」

シンプルに操作できる全自動3Dスキャナです。3Dスキャナ本体と自動回転テーブルの座標同期により、わずかな手順で自動スキャンが完了します。
詳細はこちら

検査ソフトウェア「GeomagicControlX」

3D比較や断面比較、幾何公差などワークに応じた様々な検査と、レポート出力の自動化が可能な3D検査ソフトです。Solutionixシリーズとの連動で、3Dデータ取得からレポート出力までの完全自動化が可能です。
詳細はこちら

Vol.4 3Dプリンタの人的コスト

Vol.4 3Dプリンタの人的コスト


低価格なエントリーモデルの登場により設計・開発の現場でも広く普及し・導入されるようになった3Dプリンタ。開発サイクルの短縮や外注コストの削減を実現するツールとして活用されている3Dプリンタですが、運用の中で見えてくる「ある課題」があります。
本資料では、各造形方式の特徴を踏まえ、その共通課題について解説。導入段階では見えにくい大きな課題と解消するためのポイントについてご紹介いたします。

資料ダウンロードはこちら

資料ダウンロードはこちら

Vol.4-1 後処理時間の短縮

Vol.4-1 後処理時間の短縮


3Dプリンタ運用時の最大の人的コストである「仕上げ作業にかかる時間」。その中で大半を占めているのが“サポート材の除去”です。つまり、サポート材除去が容易な装置を導入することが人的コスト削減のカギとなります。
これまで後処理に充てていた時間を短縮&作業者の手間を軽減することで、生産性を向上。短期間での試作と評価・試験を繰り返すことが可能になります。
本資料では、造形方式の違いがどのように人的コスト削減につながるのかを詳しく解説。サポート材なしで造形できる仕組みや導入イメージを交えてご紹介いたします。

資料ダウンロードはこちら

資料ダウンロードはこちら
資料内紹介製品

SLS方式3Dプリンタ「LISA」シリーズ

サポートレス造形を手軽に取り入れることができるSLS方式(粉末焼結積層方式)の小型3Dプリンタ。ナイロン(PA11/12)を始めTPUやTPEなどの熱可塑性樹脂に対応しています。
詳細はこちら

Vol.5 3Dデータを活用した非破壊検査

Vol.5 3Dデータを活用した非破壊検査


3Dプリンタや同時多軸加工などの加工方法の進化に伴い、設計にも様々な変化が起こっています。その中でも注目されているのがトポロジー最適化を活用した設計です。大幅な軽量化や部品の一体化により、製造コスト削減や性能向上に貢献する設計を実現できます。 しかし、ソフトが導き出す形状は複雑なものが多く従来の接触式の測定では評価が困難という課題もあります。
本資料では、トポロジー最適化の概要とともに、その製品を評価するうえで必要な2つのポイントと最適な検査手法を紹介いたします。

資料ダウンロードはこちら

資料ダウンロードはこちら

Vol.6 開発サイクルの短縮

Vol.6 開発サイクルの短縮


CADやCAE解析による試作回数の削減などの製品開発サイクル短縮とともに、大きく進んでいるのが試作プロセスの内製化です。しかし、広く普及している3Dプリンタでの試作では「使いたい材料での評価ができない」「精度面に不満がある」「設備の維持費用にコストがかかりすぎる」という課題も...。このような課題の解決に向け、活用を検討する方が増えているのが”モデリングマシン”です。
本資料では、コストダウン・開発プロセス短縮を実現する”3Dモデリングツール”の特徴についてご紹介。3Dプリンタとモデリングマシンという2つのツールがぞれぞれ得意・苦手とする場面について解説いたします。

資料ダウンロードはこちら

資料ダウンロードはこちら

Vol.6-1 モデリングマシンを活用した試作

Vol.6-1 開発サイクルの短縮


3Dプリンタを活用した試作で課題となる「寸法精度」「材料の種類」。その解決策として注目を集めているのがモデリングマシンです。一方で「CAD/CAMの知識やノウハウが必要」「工程数が多くて手間がかかる」というイメージから3Dプリンタと比べ導入・運用のハードルが高いと感じられる人も多いのではないでしょうか。
本資料では、モデリングマシンを活用した試作メリットや活用用途についての解説をした上で、誰でも運用できるモデリングマシンについてご紹介しています。

資料ダウンロードはこちら

資料ダウンロードはこちら
資料内紹介製品

モデリングマシン 「MODELAシリーズMDX-50」

ATC標準搭載・回転軸ユニット対応で効率的な加工ができるモデリングマシンです。初心者の方でも、簡単に加工設定ができる付属CAMソフトウェア「SRP Player」によりスムーズな加工が可能です。
詳細はこちら

Vol.7 3Dプリント治具の課題

Vol.7 3Dプリント治具の課題


3Dプリンタの普及によって、試作だけでなく、作業効率アップやコスト削減を実現できる治具作成においても、3Dプリントモデルの活用が進んでいます。しかし、こうしたメリットがある一方、活用の中で課題が見えてきたという声も見受けられるようになりました。
本資料では、3Dプリント治具を活用する際に課題の1つとなる「静電気」について解説。作業工程内で発生しやすい静電気を効果的に解消するための方法をご紹介いたします。

資料ダウンロードはこちら

資料ダウンロードはこちら

Vol.7-1 導電性材料の活用

Vol.7-1 導電性材料の活用


3Dプリントモデルの静電気の発生を防ぐための解決策として有効なのが、材料に導電性のある樹脂を使用することです。しかし、導電性を高めた材料は、一般的な樹脂材料と同じ設定では造形が難しいという特徴を持っています。
本資料では、弊社おすすめの導電性フィラメントが持つ優れた特性とメリット、活用のポイントについてまとめています。さらに、導電性フィラメントの活用をすぐに始められる3Dプリンタとの組み合わせについてもご紹介いたします。

資料ダウンロードはこちら

資料ダウンロードはこちら
資料内紹介製品

FDM方式3Dプリンタ「Bellulo」

安定した造形を手軽に実現できる3Dプリンタです。造形サイズやノズル径、ヘッド部分をカスタマイズすることもでき、用途に合わせた活用が可能です。
詳細はこちら

Vol.8 3Dスキャンデータの編集

Vol.8 3Dスキャンデータの編集


設計工数の削減や生産工程の効率化に有効な手法として3Dスキャンを活用した設計が広まっていますが、導入の不安や手間を感じられる方も多いのではないでしょうか。しかし、導入には様々な方法があり、社内の設備環境に合わせて取り入れ方を選択することが可能です。
本資料では、設計のために必要な3Dスキャンデータの編集に関する基礎知識を踏まえ、2つの課題について解説。自社に適した方法で取り入れるために、初めに知っておきたいポイントをご紹介しています。

資料ダウンロードはこちら

資料ダウンロードはこちら

Vol.8-1 専用ソフトの活用

Vol.8-1 専用ソフトの活用


3Dスキャンを活用した設計を効果的に取り入れるためには、自社の用途や対象物の形状に適した設備の選定が大切です。
本資料では、3Dスキャンデータと専用ソフトを活用した設計のフローと、2種類のソフトの特徴について解説。さらに、「導入コスト」と「操作習得のための人的コスト」を抑えながら設備を選定するためのおすすめの方法についてご紹介しています。

資料ダウンロードはこちら

資料ダウンロードはこちら
資料内紹介製品

バンドルで導入コストを抑えられる「peel 2 CAD」

ハンディタイプの3Dスキャナ「peel 2」と設計用データ編集モジュールのバンドルパッケージ。
手軽な操作と導入しやすい価格で、初めての方にも安心してご活用いただけます。
詳細はこちら

Vol.9,9-1 材料コストの課題と継続活用方法

Vol.9,9-1 3Dプリンタにおける材料コストの課題と継続活用の解決


次々に新しい機種が発表され、日々進化し続けている3Dプリンタ。 特に材料に関しては、高機能材料も多くの種類が発売され、形状確認だけの目的から様々な活用方法が広がってきました。
しかし、これらを利用するにはコストの問題など様々な課題があります。 今回の資料では、高機能材料を活用していく際に発生する問題と、無駄な材料使用量を抑えて、低コストで運用するための解決策をご紹介します。

資料ダウンロードはこちら

資料ダウンロードはこちら
資料内紹介製品

SLS方式3Dプリンタ「LISA」シリーズ

サポートレス造形を手軽に取り入れることができるSLS方式(粉末焼結積層方式)の小型3Dプリンタ。
ナイロン(PA11/12)を始めTPUやTPEなどの熱可塑性樹脂に対応しています。
詳細はこちら

Vol.10 3Dスキャン検査の品質

Vol.10,3Dスキャンデータの品質


新しい検査の手法として活用が進んでいる3Dスキャン検査ですが、 より信頼性が高い検査を行うためには、3Dスキャンデータの性質を踏まえた上で"高品質なデータ"を取得する必要があります。
今回の資料では、検査を行う上で必ず押さえておくべきスキャンデータの性質上の課題についてご紹介。また、その課題の解決に効果的な3Dスキャナの特徴と効率的な運用方法について解説しています。

資料ダウンロードはこちら

資料ダウンロードはこちら
資料内紹介製品

高品質なスキャンデータを取得できる3Dスキャナ「HandySCAN BLACK | Elite」

高い精度と携帯性を兼ね備えた手持ち型の3Dスキャナです。自由な操作性と、ワークの形状に応じて切り替え可能なレーザモードによって、簡単・効率的にスキャンデータの品質を向上できます。
詳細はこちら

Vol.11 透明ワークの3Dスキャン

Vol.11,透明ワークの3Dスキャン


3Dスキャナの性能が向上し、3Dスキャナが苦手としていた黒色・光沢のあるワークをスキャンできるようになりました。
しかし、透明ワークはスキャナの性質上スキャンできないためパウダースプレーを使用するのが一般的ですが、吹き付けた粉末の拭き取りや洗浄に手間がかかります。
本資料では、パウダースプレー使用時の課題と後処理不要の3Dスキャン用スプレーを使用した解決法をご紹介いたします。

資料ダウンロードはこちら

資料ダウンロードはこちら
資料内紹介製品

後処理工程不要の昇華型3Dスキャン用スプレー「AESUB blue」

時間経過で自然に消える3Dスキャン用スプレーです。塗布した溶剤は昇華するため、拭き取り/洗い流しなどのスプレー塗布後に行っていた後処理工程を削減できます。
詳細はこちら

Vol.12 プレス成型金型のトライアウト

Vol.12 プレス成型金型のトライアウト


スプリングバックの発生するプレス金型設計では、金型修正にかかる工数削減に課題を感じている方の声が聞かれます。この課題を解消するためには、
(1)誰でも正確に測定できる (2)誰でも正確に予測できる (3)誰でも正確に補正できる
という“サイクルを回せるようにすること”が大切です。
本資料では、スプリングバックを的確に予測・補正し、 金型設計時の修正回数を大幅に削減するための方法についてご紹介しています。

資料ダウンロードはこちら

資料ダウンロードはこちら
資料内紹介製品

金型向けダイレクトモデリングCAD「VISI Advanced Modelling」

強力なハイブリッドモデリングを基盤に多彩なモジュールを統合できる、モールド/プレス金型設計・製造に特化したCAD/CAM/CAEシステムです。高度なスプリングバック解析と予測評価によって生産性を向上できます。
詳細はこちら

Vol.13 デザイン試作サイクルタイムの短縮

Vol.13 デザイン試作におけるサイクルタイムの短縮


アイデアをすぐ形にできる3Dプリンタは製品開発の中で有効に活用されています。
デザイン試作では、開発サイクルの短期化に対応するため「これまで以上の造形時間の短縮」が求められています。
そこで今回の資料では、造形方式ごとの違いについて解説し、クオリティを維持しながら大幅なサイクルタイムの短縮を実現するための方法をご紹介いたします。

資料ダウンロードはこちら

資料ダウンロードはこちら
資料内紹介製品

専用材料との組み合わせで高速造形が可能な3Dプリンタ「Form 3」

高速造形用材料と組み合わせることで試作時間の短縮が実現できる3Dプリンタです。
独自のレーザシステムやレジンタンクを搭載したことで、造形モデルへの負担を軽減し、より精細な表現が可能です。
詳細はこちら

ITツール活用編

Vol.1 コミュニケーションの最適化

Vol.1 コミュニケーションの最適化


働き方改革関連法の施行や社会の変化により、新たなビジネススタイルに対応することが求められている中でコミュニケーションツールの活用が注目されています。
しかしさまざまな不安や懸念により、導入に踏み切れない現状があります。
Vol.1では、効果的な導入に向けた資料として、多くの方が直面する「新たなツールの導入を阻む4つの要因」について解説しています。
資料ダウンロードはこちら

資料ダウンロードはこちら

Vol.1-1 ビジネスチャットの活用

Vol.1 コミュニケーションの最適化


Vol.1では、新たなコミュニケーションツールを導入する際に障壁となる4つの課題・懸念点について解説しました。
今回の資料では前号でお伝えした課題を解消できる導入コスト無料&かんたん操作のビジネスチャットツールについてご紹介しています。現在の業務内容に合わせ、電話やメールなどと併用しながら業務の効率化を図れるビジネスツールの特徴と活用メリットをご説明いたします。

資料ダウンロードはこちら


資料ダウンロードはこちら
資料内紹介製品

統合型ビジネスチャットツール「Lark」

チャット機能を中心として、ビデオ通話やWeb会議、資料や予定の共有など様々な機能が統合された無料で導入・活用できるビジネスコミュニケーションツールです。
詳細はこちら

ページの先頭へ