Go!SCAN3D SPARK

リバースモデリングの測定にかけていた時間を短縮し、設計・開発の工数を削減

図面のないモデルを素早くデータ化&設計

現物モデルをベースに製品を開発する場合(例えばカスタムパーツやパッケージなど)は、まずは設計図を作成するところがスタートラインになります。デザイン性が高く自由曲面で構成されたワークの計測は、多くの担当者を困らせてきました。Go!SCAN SPARKを使用することで、従来の手法では計測できなかった複合曲面を含むワークでも、正確に図面に表すことができるようになります。計測や図面作成の手間を大きく削減できる上、人の手による計測で発生しやすい寸法の誤差もありません。計測に必要な工数を大きく削減することで設計・開発フローを短縮します。

部品や人体にも型取り不要でベストフィット設計を実現

特徴を“そのまま”データ化できる3Dスキャナは、医療やファッションなどの分野で人体のスキャンにも活用することができます。人体の型取りには、これまで石膏を用いた転写が一般的でしたが、面倒で時間のかかる作業でした。Go!SCAN SPARKはターゲットマーカーが不要であることや、短時間でスキャンを完了させられることから、被検者に与える負担を抑えられ、かつ精度の高いベストフィット設計が可能になります。義肢・装具用製品ならびに診断サービスなどへの活用が進んでいます。