「peel 3d」シリーズ

図面のないモデルを素早くデータ化&設計

図面のないモデルを素早くデータ化&設計

手で作成したモックアップ(試作品)や古い機械の部品など、設計図のないものを複製・再設計する場合には、3Dスキャナの活用が非常に有効です。従来の方法では、ノギスなどで計測を行い、計測値をCADソフトウェアに入力して設計していましたが、曲面などは人の手で計測ができず、モデルに誤差が発生しやすいことが課題となっていました。
このような場面に「peel 3d」シリーズを活用することで正確な形状を取得でき、三次元座標情報をもとにした設計が可能になります。簡単な操作で扱うことができるため、作業者の経験やスキルを問わず、誰でも手軽にデータを取得することができます。

製品の形状にぴったりのパーツを作成

製品のカスタムパーツを作成

「peel 3d」シリーズで取得したスキャンデータは、既存製品の形状に合わせて作成されるパーツ(付属品やオプションのアクセサリなど)の設計に活用できます。
既存製品のモデルデータをCADソフトウェアで読み込むことで、大きさや角度だけでなく、複数の曲率から成る曲面などの複雑な特徴にもぴったりとフィットするパーツを設計することが可能です。「製品とパーツの嵌合位置がずれている」「クリアランスが微妙に大きく安定しない」などの不具合が発生せず、試作回数を最低限に抑えることができるため、工数の削減にもつながります。

“そのままの”形状や色をデジタルで保存

“そのままの”形状や色をデジタルで保存

出土品や文化財、美術品といった学術的に価値のあるものをスキャンしてデータ化し、デジタルアーカイブとして保存することもできます。例えば土器などの史料は、保管中に、経年による劣化や予期せぬ破損が起こり得ます。そうした貴重なものを3Dデータにしておくことで、現在の状態を記録しておくことができます。カラースキャンに対応&より高解像度でスキャンできる「peel 2」や「peel 2-S」を使用することで、人の手で再現するのが困難な、色鮮やかな文様や細かな凹凸などの特徴も正確に記録できます。