1m角の大型モデルが一括造形できる

CreatBot D1000


1m角の大型モデルが安定して造形できるわけ

大型造形のための機能を数多く搭載

CreatBotシリーズの中で最大の造形ボリュームを誇る大型3Dプリンタ『CreatBot D1000』。
最大 X:1000mm Y:1000mm Z:1000mmの大型モデルを一括で造形することができます。
ただ本体サイズが大きいだけではなく、安定して大型モデルを作成するための優れた温度管理機能やオートレベリング機能などを多数搭載し、小型機と変わらない操作で1m角の大型造形を始めていただける一台です。

手頃な価格で唯一無二の存在へ

大型3Dプリンタは小型の3Dプリンタに比べまだまだ種類も少なく、市販されるモデルはハイエンド機種も多いため、気軽に導入することが難しいものでした。
「CreatBot D1000」は、充実した温度管理機能や材料切れ感知・再開機能など、大型造形を考慮した機能・装備を数多く搭載しながらも、これまでにない導入しやすい価格で大型モデルの造形を開始していただける一台です。

大型だからこそ温度管理

大型造形では数日かかる造形ジョブはめずらしいことではありません。日中夜の温度差や空調の有無など、外気環境の変化は造形物の品質に大きく影響します。
CreatBot D1000 の造形チャンバ内は一体フレームによって密閉されているので、空調など外気の影響を受けにくく、熱せられた庫内の温度も逃がしにくい構造のため、指定された理想の温度環境を長時間にわたり維持し、安定した造形品質を実現します。

造形を安定させるオートレベリング

テーブル上の25ヶ所の地点の高さを取得し補正するオートレベリング機能を搭載。計測した値からテーブルとノズルの距離を常に一定に保つようにZ高さが制御されます。これにより、造形を行う上で最も重要な第一層目のテーブルへの定着性が向上し、造形途中でのモデルの剥離などを抑制することができます。
また、オートレベリングはボタン1つで自動的に実行できるため、作業者によるばらつきや調整にかかる手間を省きながら造形前の準備を行うことができます。


筐体を大きくするだけでは安定した大型造形は望めません

筐体やテーブルを大きくするだけでは、造形物に反りが発生したり積層にズレが生じたりと、安定した造形品質は望めません。
庫内やテーブルの温度管理もちろん、確実なXY軸の駆動とテーブルとの距離を一定に保つZ方向の制御に加え、長時間にわたって安定した動作を継続できる性能など、様々な障壁をクリアしなければならないのです。


大型モデル造形になくてはならない充実装備

最大100℃の高温ビルドテーブル

D1000の造形テーブルは最大100℃まで昇温することができるため、大型になるほど影響を受けやすい熱収縮によるモデルの反りを抑制し、しっかりとテーブルに定着させることができます。
また、テーブルの材質・構造にもこだわり、アルミ製のマグネットテーブル+スチール製ビルドプレートを採用しています。そのため短時間で目的の温度まで昇温できる熱伝導性と優れた平坦性を実現しています。

モデルとの密着性をさらに高めるビルドプレート

スチール製のビルドプレート表面には細かな凹凸がつけられており、さらにPEIパウダによるコーティングが施されています。これによりモデルとの密着性がさらに高まり、造形時に最も重要な第一層目の定着性が向上します。

長時間の造形でも安心、徹底した庫内温度管理

「D1000」は造形エリア内に庫内温度を制御するためのチャンバヒータを2基標準で搭載し、広い造形エリア内を最大60℃で昇温することができます。
これにより、造形エリア内の温度を一定に保つことができ、大型になるほど影響を受けやすい熱収縮によるモデルの変形を抑制します。

大型庫内を短時間で昇温可能な高出力ヒータ

1㎥を超える大型のチャンバエリアを目的の温度まで昇温するには時間を必要としていました。
モデルチェンジが施された「D1000」では、新たに3000Wの高出力ヒータを採用しました。
そのため、短時間で庫内を目的の温度まで昇温でき、待ち時間を減らして効率よく運用していただけます。

造形中のフィラメントの劣化を防止

フィラメントには吸湿性が高いものもあり、中には開封後数日で劣化してしまう材料もあります。
長時間造形が当たり前の大型3Dプリンタの場合、1つのモデルの造形中に劣化が進んでしまい失敗の原因となってしまうこともあります。
D1000ではそんな吸湿への対策として材料庫内を最大70℃まで昇温できるヒータを搭載。造形中、常に庫内を乾燥させながら造形することで、フィラメントの劣化を起こすことなく一定の品質を維持できます。

安定した造形を実現する優れた駆動機構

CreatBot D1000は、プリントヘッドの案内にリニアガイドレールを搭載し、さらに駆動軸のすべてにエンコーダ付きのステッピングモータを採用しています。これらの優れた駆動部品の組み合わせによって、滑らかな動きを実現しガタつくことなく造形でき、高い位置決め精度を実現します。

大型造形を可能する駆動軸

大型モデル造形時、完成したモデルは数kgにもおよび、また大型テーブルも重量があるためテーブルを支えるZ軸には大きな負荷がかかります。
D1000ではφ25mm大径ガイドシャフト2本とφ25mmのボールねじ4本によってテーブルを支えています。またモータにはエンコーダ付きのステッピングモータを採用。
これらの優れた駆動パーツによって長時間の造形でも安定して行うことができます。


3つの装備で長時間造形も安心

01材料切れでも安心のフィラメント検知機能

01

材料庫内にフィラメントの有無を検出する材料センサを搭載。材料がなくなると自動で造形を一時停止します。
材料交換後は再び同じ位置から再開できるため、作業者のいない夜間や休日などに材料がなくなってしまっても安心です。

02予期せぬ停電でも安心の復旧機能

02

悪天候や災害などによって予期せぬ停電が発生すると造形は停止してしまいます。そうなると材料はもちろん、それまでにかかった時間も水の泡になってしまいます。
しかし、「D1000」はそんな事態が発生しても最終造形位置を自動で記録するため、普及後に再び同じ位置から再開することができます。

超大型3Dプリンタ CreatBot F1000のチャンバヒータ

03庫内に搭載されたカメラで離れた場所でも安心

03

D1000には、PCを使用することで離れた場所からでも造形を監視することができるカメラが標準で搭載されています。夜間や休日、別の建屋など本体から離れた場所にいても常にカメラで造形の様子を確認することができるため、わざわざ確認のために足を運ぶ必要はありません。

CreatBot D1000スペック表

機械仕様 D1000
造形方式 FDM方式(熱融解積層方式)
最大プリントサイズ
(XYZ)
1000×1000×1000mm
ノズル数 2
ノズル最高温度 420℃
ノズル径 0.3/0.4/0.6/0.8/1.0mm
XY位置決め精度 0.011mm
Z位置決め精度 0.0025mm
最小積層ピッチ 0.05mm
テーブル最高温度 100℃
チャンバヒータ最高温度 60℃
フィラメント乾燥温度 0~70℃
推奨プリントスピード 60mm/s
最高プリントスピード 120mm/s
エンコーダ付き
ステッピングモータ
X/Y/Z
オートレベリング 25点
エアフィルター
非常停止機能
フィラメント径 1.75mm
データ転送 USB
データ入力形式 STL, OBJ, AMF, Gcode
タッチスクリーン 9.7インチ
本体サイズ 1830×1470×1960 mm
本体重量 650kg
使用電源 220-240V
最大消費電力 プリント:4000W
チャンバ:6000W

※D1000の初期付属品にはφ0.6mm標準ノズルが7つとφ0.8/1.0mm標準ノズルが4つずつ、高温対応の耐摩耗ノズルφ0.6mmが1つ付属します。

カタログ

Catalog

1m角の大型モデルを一括造形

CreatBot D1000

カタログダウンロード(pdf) download(pdf)

CreatBot D1000

メーターサイズの超大型モデルがプリントできる!

熱融解方式3Dプリンタ「CreatBot D1000」はエンコーダ付きステッピングモータによる位置制御と、それを反映する堅牢な機構によって1000m角のモデルでも安定造形することができます。

【こんな人におすすめ】
・大型モデルをプリントしたい
・分割造形でなく一体造形したい
・大型プリンタのイニシャルコストを抑えたい

資料ダウンロード(pdf) download(pdf)

お問い合わせ

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

NEWS 2024.04.02  [マルスゴ]メーターサイズの超大型モデルがプリントできる!!3Dプリンタ「CreatBot D1000」のご紹介