ExactFlat

より正確な展開と標準化による安定品質

  • 一次展開
  • ビューとレイヤー最適化
  • ひずみとたるみを修正
  • 基準点を指定し、パターンを配置
  • パーツ同士の合わせ位置を指定

はじめに3Dモデルをメッシュに変換し曲面展開論理に基づいた一次展開を行います。一次展開の結果を確認しながら、展開起点・伸ばし方法・パーツ同士の合わせ位置などを指定し、拘束点・パーツ曲率・素材特性など、あらゆる条件から最良の結果を導き出すためのパターンフィットの最適化が行われることにより正確な平面展開を実現しています。
この展開パターンをユーザ独自のルールとして登録することにより、オペレータの経験に左右されない、標準化された高品質の展開結果を安定して得ることができるようになります。

圧倒的な時間短縮をもたらす縫製編集機能

縫製編集機能

型紙設計工程の中で多くの時間を費やす縫製編集も圧倒的な作業時間の短縮を図ることができます。
素材ごとに必要な縫い代情報を指定しておけばワンクリックで全てのパーツ周囲に正確な縫い代が作られます。また、ノッチは一ヶ所指定すれば対応する接合箇所にも自動的に作成されるなど、手作業や一般的な二次元CADでは難しく時間のかかる作業が一瞬で完了し、開発サイクルの短縮化に貢献します。

素材データベースでナレッジ共有からコスト管理まで

素材データベース

素材データベースを活用すれば、素材ごとに異なる展開結果を得られるだけでなく、コスト管理や歩留まり向上も可能になります。素材データベースは材料特性情報だけでなく、ロール・シート・サイズなどの形状に関する情報の他、一本(一枚)あたりの価格が設定できます。これにより、使用量からのパーツ単価算出も可能になります。
初期登録済のサンプルデータベースを基に新しいデータベースの作成や新しい素材の追加など、ユーザ独自の環境構築でナレッジ共有を進めていくことが可能です。

スキャンデータの活用で新たな設計方法に対応

立体物スキャンデータ

展開するための基となる三次元データは、CADで設計されたデータだけではありません。3Dスキャナなどで取得された点群・ポリゴンデータを活用して展開することもできます。図面や3Dデータが無い場合でも、現物からダイレクトに型紙化することにより、計測者の経験やスキルに左右されない高い品質のモデル情報を得る事ができるだけでなく、新たな設計方法として作業効率の飛躍的な向上を実現することができます。

歩留まり最適化を実現するオートネスティング

歩留率の高いパターン配置

オートネスティング機能は指定サイズの素材から最大数のパーツを取得するよう並び替えることにより、材料の最適化・歩留まりの向上を実現します。単に並び替えを行うだけでなく、ジョブ・マーカー・グループ単位のソートやネスティングが可能なので、裁断後の仕分け作業の効率化にも貢献します。また、材料データベースとの連携により、各パーツのコストを数秒で算出します。
設計から生産・管理までをシームレスに行うことにより、生産性の向上と利益増加に貢献します。