ExactFlat

僅かなアクションで3Dモデルから型紙データを作成

ExactFlatは、三次元モデルを二次元平面に展開し、型紙データを容易に作成することができるシステムです。複合的な自由曲面を持つような複雑な形状であっても、布や紙などシート状の素材に対し、正確に平面展開することが可能です。
型紙作成までの工程を、実測によるアナログ手法からデジタル化することで生産フローが革新され、飛躍的に生産性の向上を図ることができます。



ExactFlatの型紙製作工程

Solidworks/Rhinocerosにアドオン 多様なアイデアを試みる

ExactFlatの操作画面

ExactFlatは、CADシステム「Solidworks」/「Rhinoceros」にアドオンして稼働します。
これらの強力な設計機能により自在なカットラインを指定することができ、さまざまなカットパターンのアイデアをシステム上で試すことが可能となります。
これにより、型紙試作・仮組み・修正といった手戻りや、トライアンドエラーを最小限に抑えることができ、型紙試作による材料消費のムダを省くだけでなく、生産時間の大幅な短縮にも貢献します。

素材データベースで知識の共有と標準化

ExactFlatでの素材に応じた補正

作成された型紙は当然のことながら縫製などの作業で製品を生産するために利用されます。 これまで素材ごとに異なる微妙な伸び率の違いなどは、経験や勘などの職人技(人的スキル)に依存していました。ExactFlatは素材データベースとの連携により、素材の厚みや曲率・伸び率などの素材特性に応じた補正を行い、極めて実用的な展開結果を提供します。 ExactFlatの活用により知識の共有と標準化を図ることができ、品質の均一化と作業効率の向上を可能にします。

型紙設計編集で効率と精度をアップ

  • ExactFlatによる型紙設計編集
  • ExactFlat画面シームライン

型紙設計のための編集機能では、縫い代や裾形状・ノッチや裁ち端などの要素追加も展開された型紙形状から簡単に作成することができるうえ、ファスナーやボタンなどを取り付けるための位置指定・形状編集も容易に行うことができます。
これまでの型紙設計フローを無理なく完全にデジタル化することで、遥かに高速で正確な業務を実現します。

図面化も型紙レス生産も思いのまま

ExactFlatで簡単に図面化

展開された型紙データから自動的に図面を作成することができます。図面には部品表や材料情報を挿入できる他、バルーンや注意書きも簡単に書き込むことができ、生産現場へ確実な情報提供を行うことにより、ミスやエラーを防ぐことができます。
また、DXF形式やプロッタ形式に書き出すこともできるので、型紙を出力すること無くダイレクトにNC裁断機に送信することが可能となり、型紙レスのエコで効率的な生産を実現することができます。
これらは基データが変更された場合でもデータ連携機能により自動的に図面が更新されます。