設備の稼働監視・実績管理/収集システム Facteye

複数メーカーの設備機器から直接データ収集

FANUC、三菱電機、TOSNUC、OSP、MAZATROL、brotherといった各社のCNCと直接通信に対応しています。またロボットでは、FANUC、デンソーウェーブ、三菱電機の各社RCとの直接通信に対応しているので、設備が持つ稼働実績や機器の状態などの様々な環境情報を、PLCを介することなく収集することができます。
直接通信に対応していない設備であってもPLCや変換器などを介すことにより、メーカーや年式にとらわれずほぼすべての設備からデータを収集することができるので、工場内を広く深く見える化することができます。

Facteye全体図

※CNC側にオプションが必要な場合やEthernet変換器が必要な場合があります。
【接続可能機器一覧】はこちら

停止要因分析や予防保全に活用できる多様なデータ

Facteyeの多様なデータ

電源のON/OFF、運転中、停止中といった一般的な稼働状況だけでなく、運転中のプログラム番号や運転モード、アラームの詳細やモータの状況など、人的作業で確認・収集するには莫大な時間と労力が必要な詳細情報を自動的に収集しデータベースを構築します。
収集された多様なデータは、稼働分析、停止時間分析、運転分析、予防保全など、お客様の必要に応じた様々な分析に活用することにより、工場の生産性向上をはかることができます。

【取得可能データ一覧】はこちら
【生産プロセスのデータ収集の実態とIoT導入のメリットとは?】

1台からでも導入・運用可能

Facteye スモールスタート

Facteyeのライセンス形態は、【ソフトフェア基本ライセンス】と【接続機器ライセンス】に分かれているので、「特定のフロアや機器だけで運用をはじめる」というようにイニシャルコストを抑えて導入することができます。
スモールスタートで導入の効果を確認したのち、接続台数を増やして運用する場合でも、追加に必要な費用は接続機器ライセンス分のみなので、お客様の環境や状況に合わせて柔軟に運用を拡張することができます。

【製品構成一覧】はこちら

ブラウザ対応のクライアントソフト

どこからでも確認・判断
Facteye ブラウザ対応クライアント

クライアントソフトはブラウザに対応しており、インターネット接続の環境さえあれば、スマートフォンやタブレットを利用してそれぞれの監視画面を確認することができるので、どこに居ても社内と同様の判断・指示・対応を行なうことができます。
また、アカウント数の制限が無く追加費用も不要のため、工場内全員で利用することも可能です。

他工場の生産状況を把握
工場別稼働状況グラフ

自工場だけでなく、自社他工場の稼働状況や生産状況を把握できるようになることから、再発防止対策やカイゼン方法を共有・標準化することが可能となり、相互の生産性向上に役立てることができます。

早期対応を可能にするメール通知機能

常にリアルタイムに収集される各設備の情報に対して、一定条件でメールを送信する機能を活用することにより、現場を離れていても確実に状況を知ることができます。問題の早期発見・迅速な対応で、より効率的な工場運営が可能です。

早期復旧/アラーム発生でメール通知
Facteye アラーム通知

各設備の信号灯の状態や監視画面を常に注視しておくのは中々難しいことですが、アラーム発生や一定時間以上の機械停止などは、いちはやく発見し対処する必要があります。
これまで担当者が気づくまで停止状態で放置されていたようなケースでも、メール送信機能で担当者にリアルタイムで通知することにより、確実な対応を支援します。

待機時間削減/次工程の段取りをメール通知で前倒し
Facteye ブラウザ対応クライアント

加工プログラムの進捗に応じてメール通知の設定をしておきます。例えば、進捗80%に達した時点で「加工完了間近」の通知を受け取った加工担当者は、次工程の段取りを前倒しで準備を行なうことができ、「加工終了」の通知で次の作業に効率よく移行することができます。
加工終了後に機械が放置されることも無くなり、待機時間を削減することができます。

拡張システムで“モノ”と“ヒト”を複合分析

Facteyeには、IoTを活用した“ものづくり現場を見える化”するための拡張・周辺システムが充実しています。これらを組み合わせ、より深く詳細な分析・確認ができるようになり、さらなる生産性向上を実現することができます。

RaFLOW(ラフロウ)
Facteye RaFLOW

現場の“動き”を瞬時にデータ化し、人やモノの位置情報をリアルタイムで3D導線化することができます。Facteyeと連携させることにより、設備の稼働/停止状況と加工担当者を関連付け、担当者ごとの稼働効率や停止要因を分析することにより、最適な指導を行なうことができます。

Smart Logger(スマートロガー)
Facteye Smart Logger

スマートデバイスを利用し、“人”の作業状況を見える化します。設備機器に設置したビーコンにスマートウォッチをかざす、もしくは、スマートフォンをタップし、作業の開始/終了/作業内容を“作業者実績データ”としてデータ化します。
Facteyeの設備稼働実績データと紐付けて分析すれば「同じ設備・同じプログラムなのに加工担当者によりサイクルタイムが異なる」などの要因を明確にすることが可能となり、継続的なカイゼンを図ることができます。

Smart Follow(スマートフォロー)
Facteye Smart Follow

Facteyeで感知したアラーム情報などをスマートフォンやスマートウォッチに通知することができます。アラームの内容や通知内容により送信者を細かく切り分けることが可能です。
Facteyeのメール通知機能は一方向の通知であるのに対し、Smart Followは受信者の対応アクションを返答し、関係者で共有することができます。受信者の対応アクションが行なわれるまで継続して通知されるので、迅速且つ確実な対応が可能となり、ダウンタイムの削減を徹底することができます。