Geomagic Design X

3Dスキャンデータから設計

GeomagicDesignXは様々なメーカーの3Dスキャナで取得したデータを取り込み、設計まで完結することができるソフトウェアです。 作成したデータは、履歴ベースのデータとして、STEPやIGESなどの中間ファイルはもちろん、ParasolidやCATIAなど代表的なCADソフトのネイティブデータとしても出力可能です。お持ちの基幹CADでシミュレーションを行ったり改善を行うこともできます。

Geomagic Design Xの活用イメージ

3Dスキャンデータから設計するための機能が充実

Geomagic Design Xを活用したデータ作成イメージ
モデルの構成要素を視覚的に把握
Geomagic Design Xのデータ色別表示

平面や円柱、球、回転体などモデルを構成している形状を領域毎に認識し色分け表示することで、どのような工程がモデリングに必要かを把握できます。 認識した形状は3D形状として抽出できます。

3Dスキャンデータから断面抽出

スキャンデータを任意の位置で断面化し、輪郭(断面ポリライン)を抽出。抽出した断面ポリラインを見本にモデリングのためのスケッチを作成します。 スケッチで作成する線は断面ポリラインにフィットさせることができるので、スキャンデータに忠実な線を作成できます。

Geomagic Design Xを活用した断面抽出の流れ2Geomagic Design Xを活用した断面抽出の流れ1 Geomagic Design Xを活用した断面抽出の流れ4Geomagic Design Xを活用した断面抽出の流れ3

選択した2つ以上の曲線からそれぞれの曲率と中心を抽出して最適な円弧を作成することもできます。

Geomagic Design Xで円弧を抽出2Geomagic Design Xで円弧を抽出1
履歴ベースの3Dモデリング

2D作図から押出しや回転を行うことで3Dモデリングが可能です。
履歴ベースなので、工程をさかのぼり設計変更できるなど効率的にモデリングを進められます。

Geomagic Design Xは履歴ベースのモデリングソフト
Geomagic Design Xを活用したモデリングの流れ
自由曲面も効率的にモデリング

通常のモデリングにおいても、多くの時間を要する自由曲面のモデリング。 メッシュの表面に合わせたソリッドの押出し、指定領域へのサーフェイス作成で曲面形状も効率的に作成できます。

Geomagic Design Xを活用したサーフェスモデリングの流れ
偏差確認で正確な設計
Geomagic Design Xではカラーマッピングで偏差を確認できる

元となったスキャンデータと作成したCADモデルとの偏差をカラーマッピングで都度確認できます。常にスキャンデータに沿ったモデリングがされているかを確認できるため、効率的に正確なリバースモデリングが可能です。

モデリング工程イメージ
エンジン リバースエンジニアリング例
Geomagicシリーズの体験版はこちら

システム要件

OS Windows 8.1または10(64bit)
プロセッサ(CPU) Intel | AMD 2GHz クロック以上
推奨:マルチコアCPU 3GHz以上
グラフィック(GPU) NVIDIA Quadro(2GB以上),OpenGL4.0以降
モニタ解像度 最少:1280×960
推奨:1280×1024以上
メモリ(RAM) 最小:8GB
空きディスク容量 推奨:30GB以上

カタログのお申込み受付フォーム

カタログPDFダウンロードはこちら

お問合せはこちら

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。