3Dモデリングシステム「Geomagic Freeform」シリーズ

直感的な操作ができるペン型デバイス

3Dモデリングシステム「Geomagic Freeform」シリーズ 

Freeform /Plusはハプティクデバイスと呼ばれるペン型デバイス「Touch」または「TouchX」を使用してモデリングします。画面上の3Dモデルを「つかむ」「まわす」といった、通常のマウス操作では体感できなかった立体的な動作で3Dモデル作成が可能です。また、各種ツールがモデルに当たる感触がデバイスを通じてダイレクトに伝わるので、実際にクレイモデルを触っているかのようにモデリングができます。これまで手加工で培ったスキルを3Dモデルとして再現できるので、3DCADでは思うように作れなかったという方でも自身の感覚を反映した3Dデータ作成が可能です。

金型生産を考慮したデータ作成ができる「モールド機能」 ※Freeforom Plusのみ

Freeform Plusは、金型設計時に修正の対象となるアンダー部分を視覚的に確認しやすい状態で編集・修正が可能です。また、金型生産時のコスト増や成形品質にも影響を与えるパーティングラインの起伏の激しい箇所を修正したり、指定した角度の抜き勾配を一括で肉盛りしたりといった編集が簡単にできます。製造時の制約が原因となって、思うようにデザインができなかったり、修正が繰り返されてしまったりするといったお悩みも、Freeformを活用することで解消できます。

柔軟なデータ作成を実現するボクセルデータの特徴

画像未製作

ボクセルは、画像の最小単位である「pixel」(ピクセル)に奥行きを持たせた3Dデータです。実際のクレイに表裏が存在しないように、ボクセルにも面という情報は存在せず、粒子の細かさで形状をコントロールします。 微細な凹凸表現や、スムージングの調整などの数値化できないようなデータ加工も、ボクセルデータが得意とする表現です。削る、盛る、引っ張る、溶かすといった、コマンドを用いた感覚的な表現が可能です。

3Dスキャンデータや既存設計との連携もスムーズに

  • Grayサンプル
  • Gray,Whitesサンプル
  • 耐熱素材サンプル

3Dスキャンデータを読み込み、Freeformで編集することで、現物からのリバースエンジニアリングや破損した部品の復元などの用途としてもご活用いただけます。豊富な入出力ファイルにより、GeomagicDesignXを始め、その他CADファイルとの連携も行えるので、設計要件を満たす設計・デザインへの反映がスムーズに実現します。