3Dモデリングシステム「Geomagic Freeform」シリーズ

繊細なデザインを思いのままにモデリング

Geomagic Freeform /Freeform Plusは、従来の3DCADでは表現が難しかったような、繊細で複雑な曲線で構成された3Dデザイン形状を作成できる3Dモデリングシステムです。 操作には、専用のペン型デバイスを用いて、画面上の3Dデータに“触れる”ように形状の変形や修正といったモデリング作業が可能です。他のCADシステムでは実現できなかった柔軟なデータ作成を直感的な操作で可能にする唯一のシステムです。

生産を見据えたデータ作成

freeformカラーレンダリング

大量生産時に使用される射出成型。生産に使われる金型の設計に必要な、アンダー部分の修正やパーティングラインの入る箇所を、事前に確認しながらモデリングをすることが可能です。開発・設計段階から、生産を見据えたデータ作成をすることで、シンプルな金型構造で生産できるデータとなり、 これまで修正にかけていた時間や手間を削減して、製造プロセス全体を効率化できます。

自由な表現を可能にするボクセルモデリング

freeformカラーレンダリング

Freeformは、ボクセルモデリングと呼ばれ、「ボクセル」と呼ばれる粒子のような特徴を持つ3Dデータを扱います。CG系CADでよく扱われるポリゴンやワイヤフレーム、サーフェスとは異なり、面情報の表裏といった概念を持たないため、データの欠損や不正面が発生しません。 モデル面の計算エラーにより手順が進められないといった、CAD特有の制作時のストレスをなくし、デザイナーの意思をモデルに反映することに集中してデータ作成が可能です。

リアルなカラーレンダリング

freeformカラーレンダリング

作成した3Dモデルに高解像度のカラーレンダリングが可能です。モデルの色合いだけでなく、照明による光の反射なども再現させられるので、実物のような完成イメージを確認できます。 取引先との打ち合わせや、プレゼンなどへの活用は、社内外問わずイメージの共有を可能にし、開発プロセス中のコミュニケーションツールとしても利用頂けます。また、CADデータとしても成立しているため、評価後に承認の取れたデザインはそのまま次の工程へ受け渡すことが可能です。