PointShape Inspector_トップバナー

「PointShape Inspector」活用イメージと「iPointShapeパッケージ」のご紹介

PointShape Inspectorと3Dスキャナとの組み合わせ方法をご紹介。iPointShapeパッケージを使用したスキャンのイメージから、3Dスキャン検査の各工程、レポートの出力までのフローをまとめています。評価は、比較(全体/断面)と、寸法の測定(距離/角度/半径)、幾何公差の測定(平坦度/円筒度/真円度/垂直度)を実施しています。3Dスキャンデータを活用した検査の運用イメージをご覧いただけます。

スマートマクロ機能のご紹介

検査手順をテンプレート化できるスマートマクロの活用イメージをご紹介しています。今回は、スキャンデータとCADデータの位置合わせから、比較、測定までの一連の流れを自動化するマクロを作成。その後、各スキャンデータにマクロを適用し、レポートを出力しています。
スマートマクロを活用することで、同じ手順を繰り返す手間を削減できます。

曲面評価の活用イメージ

三次元測定機だけでは対応が難しい「曲面」の評価
三次元測定機での曲面評価イメージ

製品に含まれる曲面の評価では、多くの場合、三次元測定機で複数のポイントを測定し、CADデータと比較して数値の合否を判定しています。
しかしながら、その判定は任意のポイントでの比較によるものであり、実際に「面」として正確な評価ができているわけではないのが現状といえます。
また、設計・製造ともに進歩した3D技術の普及によって、自由曲面などの複雑な形状を持つ製品が増えていることからも、面全体での評価の重要性は今後も高まっていくと考えられます。

3Dスキャンを活用した検査で曲面を評価
3DスキャンデータとCADデータを比較

3Dスキャナでは、三次元測定機のように任意のポイントを指定して評価するのではなく、何万ものポイントを一度で取得し、1つの形状としてモデル全体をデータ化することができます。
データ化したスキャンモデルとCADデータのモデルを読み込むことで、簡単に面全体を比較することができるため、時間や工数の削減が可能になります。
3Dスキャンを活用した検査・測定は、これまでの手法では正確に評価することが難しかった「面」の評価に最適な手法です。

【曲面評価活用例①】OK/NGを一目で判定できる
【曲面評価活用例①】OK/NGを一目で判定できる

比較結果を色分けし、合否を一目で判定することができます。
例えば右図では、比較結果を3色に分け、OK/NGの箇所を視覚的に把握できるようにしています。設計モデルとスキャンモデルの偏差許容値(公差)を±0.1mmに設定して比較。許容範囲内に収まっていれば緑色、許容範囲外で設計データに比べて値がプラスであれば赤色、マイナスであれば青色で表示されるように設定しています。
曲面に発生している偏差の合否を一目で判定できるため、検査にかける時間を短縮することができます。

【曲面評価活用例②】歪みの傾向を把握して、製造プロセスを改善
【曲面評価活用例②】歪みの傾向を把握して、製造プロセスを改善

製造品は、各工程の中の様々な要素の影響を受け、歪みが発生します。しかし、その発生箇所や傾向は、ポイントの評価だけでは掴みにくいものです。
3Dスキャン検査では、合否の判定だけでなく、偏差量を段階的に色分けできるカラーマッピング機能で、歪みの発生箇所やその度合いを可視化することができます。
表面のうねりや、反り、ヒケなどの発生状況をもとに、加工条件や工具の摩耗状況、成形条件や型の設計など、工程内の要因を特定することで、よりよい製造条件への改善に繋げることができます。