PointShape Inspectorトップバナー

3Dスキャン検査を手軽に始められる測定・検査ソフトウェア

様々なCADソフトウェアや3Dスキャナとの連携

「PointShape Inspector」は、3Dスキャンデータを活用して測定・検査を行うソフトウェアです。現物モデルのスキャンデータとCADデータを読み込んで、データ上で寸法や角度などを測定したり、設計モデルと現物モデルの偏差を確認したりすることができます。
お持ちの3Dスキャナと組み合わせていただくことはもちろん、3Dスキャナと併せてパッケージで導入していただくこともできるため、運用環境に合わせて柔軟に活用することができます。
3Dスキャンデータを検査に取り入れることで、検査工程の効率化や様々な形状への対応が可能になります。   


  

自由曲面を評価できる

    
自由曲面を評価できる

3Dスキャン検査では、自由曲面を持つモデルを評価することができます。ノギスやダイヤルゲージといった従来の測定機では評価が難しい、複雑な形状への対応が可能です。
さらにCADデータと比較することで、目視では認識しにくい曲面のヒケ・反り・歪みの発生やその度合い、幾何公差など、設計モデルと現物モデルとの偏差を視覚的に把握することができます。
また、3Dスキャンは点群の集まりでモデル全体を捉えるため、面全体での評価が必要となる自由曲面の検査に適しています。

          
  

検査工程をテンプレートで簡略化

検査工程をテンプレートで簡略化

検査工程は品質管理のためには欠かせないものですが、手間のかかる作業です。この手間を軽減するためには、効率化による工数の削減が必要になります。
PointShape Inspectorでは、検査工程を簡略化することが可能。手順をあらかじめテンプレートにしておくことで、CADデータ・スキャンデータの位置合わせから検査の各工程の実行までを自動で完了させることができます。
繰り返し行う検査をテンプレート化し、工数が短縮されることで時間を有効活用できるほか、作業者のスキルを問わず誰でも正しい手順で検査を行うことが可能です。