QUICKSURFACE

メッシュデータから形状を抽出・選択

  • 3Dスキャンデータ上に参照平面を作成し、断面を作成する位置を決める
  • 抽出された輪郭線(白線)に沿ってスケッチを作成していく
  • 形状を作成したい箇所を3Dモデル上で直接選択できる

ソリッド/サーフェスモデルを作成する際、メッシュデータから形状を直接抽出・選択することができます。
例えば、スケッチを描く場合には、作成したい位置を指定するための平面(参照平面)を作成し、メッシュデータから断面(輪郭線)を抽出します。抽出された輪郭線に沿って、拘束(寸法・幾何)を指定しながら線を引くことで、スケッチを作成することができます。
また、メッシュ上の任意の箇所を選択し、その範囲をもとにソリッドやサーフェスを作成することも可能です。
このように、3Dスキャンモデルから直接編集できる機能を備えていることで、より正確に・効率的にモデルを作成できます。

自由曲面を表現できるサーフェス作成機能

自動サーフェス
  • 自動サーフェス
  • パッチ数比較

メッシュデータ全体にパッチを貼り、1つのサーフェスモデルを自動で作成します。複雑な自由曲面で構成されているモデル全体をCAD化したい場合に使用します。
作成されたサーフェスモデルは、パッチの多さ(細かさ)を変更したり、制御点を手動で移動させたりすることができます。形状に応じて、より滑らかな表現になるよう調整することが可能です。

フィットサーフェス
  • 選択箇所に沿ってUV座標を作成
  • サーフェスを作成

メッシュデータから部分的にサーフェスを作成します。データ上の一部の自由曲面を、ベースとなるCADモデルに取り込みたい場合などに使用することができます。
フィットサーフェスでは、選択箇所に沿ってサーフェスが作成されます。サーフェスは2方向の座標(UV座標)によって制御されており、自動計算機能で最適な点数を導き出すことで、より忠実な形状を作成することが可能です。

フリーフォームサーフェス
フリーフォームサーフェスの流れ

メッシュ上の任意の箇所に制御点を打ち、手動でサーフェスモデルを作成します。
データの形状を確認しながらユーザーがサーフェスを作成することができるため、「サーフェスの貼り方(モデル上の区切り方)を調整する」「CADデータ化にあたって必要な形状のみを残す」など、データを任意に作成することができます。
また、対称形状のモデルでは、ミラー機能を使用して操作を連動させることができるため、正確かつ効率的なモデリングが可能です。

リアルタイムの偏差確認で正確かつ効率的にモデリング

  • 面の偏差を確認
  • スケッチの偏差を確認

3Dスキャンモデルと作成形状との偏差をリアルタイムで確認することができます。
公差は任意に設定でき、許容値に対してプラスは赤~マイナスは青のグラデーションで表示されるため、偏差の度合いを視覚的に把握することができます。
調整しながらモデリングを進められることで、正確に形状を作成できるだけでなく、修正の手間も削減できます。

汎用的な出力形式で幅広い用途にデータを活用

作成したデータは汎用ファイル形式での出力に対応しています。
例えば、STLやOBJで出力すれば、3Dプリンタでの造形やCAMでの加工用データの作成に使用することができます。また、STEPやIGESで出力し、既存CADでの再設計を行うことも可能です。
様々な用途に使用できるため、3Dスキャン活用の幅が広がります。

SOLIDWORKSに履歴を直接転送

QUICKSURFACE内に組み込まれているモジュール「QSConnect」を使用して、データ作成に使用したフィーチャなどの履歴をSOLIDWORKSに転送することが可能です。
モデルと同時に履歴も転送することで、SOLIDWORKS移行後の形状変更や再設計をスムーズに進めることができます。