QUICKSURFACE

3Dスキャンモデリングのための3Dモデラー

QUICKSURFACE画面イメージ

QUICKSURFACEは、3Dスキャンデータを活用したCADデータ作成に特化したモデリングソフトです。
優れたコストパフォーマンスとシンプルな操作で、様々な運用スタイルに合わせて活用することができます。導入済みのCADとの組み合わせをご検討中の方や、初めてモデリングをスタートされる方にも、手軽に3Dスキャンモデリングを取り入れていただけます。
パッケージは、全てのモデリング機能を使用できる「Full版」と、サーフェス作成機能のみを搭載しイニシャルコストを抑えた「FreeForm版」の2種類からお選びいただけます。

>> パッケージの機能比較はこちら

3Dスキャンデータから直接モデリングが可能

3Dスキャンデータから直接CADデータを作成

3Dスキャンデータ(メッシュデータ)をそのまま読み込んでモデリングを開始することができます。
例えば、メッシュデータから輪郭線を抽出してスケッチを作成したり、モデル上の任意の箇所を選択してフィーチャを作成したりといった、「3Dスキャンモデリングのための機能」を備えています。 3Dスキャンモデルを直接参照しながらモデリングできるため、形状をより忠実に表現することが可能です。

履歴ベースのハイブリッドモデリングで効率運用

  • ハイブリッドモデリング(メッシュサンプル)
  • ハイブリッドモデリング(CADサンプル)
  • 履歴ツリー

ソリッドとサーフェスの両方を使用したハイブリッドモデリングが可能です。
単純な幾何形状の多いボディ部分にはソリッドコマンドを使用し、ソリッドでは表現が難しい自由曲面にはサーフェスを作成するなど、用途や形状に合わせてモデリング方法を使い分けることができます。
また、使用したフィーチャや作成した形状は履歴としてツリーに記録されていくため、データ作成後の形状変更も行いやすく、効率的な運用が可能です。