Geomagic Wrap

GeomagicWrapは、3Dスキャンデータを後工程で活用できる3Dデータに変換するためのソフトウェアです。 3Dスキャンデータを、設計、解析、製造をはじめ、エンタテイメントや考古学など、工業から文化まで様々な用途で使用できるデータに変換できます。

Geomagic Wrapを活用したワークフロー

次の工程で使えるデータに

“ノイズ・エラー”を無くし3Dプリントなどで活用できるデータに

ノイズによる凹凸や不正なポリゴンの構成を検索し自動で修復します。また、スキャンにより欠落した箇所を修正する穴埋め機能は、穴境界周辺の曲率傾向を維持するように曲率、接戦連続となるよう穴埋めをする正接、境界に近似した平面で穴埋めを行う平面と、状況に合わせて最適な穴埋めを選択できます。
その他、複数ショットのスキャンデータの正確な位置合わせや、範囲選択による手動の表面のノイズ低減機能も搭載。 3Dスキャナ付属の修正ソフトでは満足できなかったレベルのデータ修正を可能にします。3Dスキャンデータを3Dプリントや切削加工などの工程で利用できる状態にできます。

Geomagic Wrapによるメッシュデータ自動修復・欠落面の穴埋め
“既存の設計CADで活用できる”データに変換

ポリゴンデータからサーフェイス作成が可能です。(オートサーフェイス)。 サーフェイス化したデータはIGESやSTEPなどの中間ファイルとして出力し、お持ちのCADで編集可能なデータにできます。
設計データへの組み込みや、型設計のためのマスターとしてスキャンデータを活用いただけます。

Geomagic Wrapを活用し、既存の設計CADで使用できるデータに変換

その他の活用

寸法検査

3Dモデルの点間の距離計測に加え、モデルに断面を追加しての2D計測機能を搭載。 2D計測では、半径、角度、点間の距離の計測ができます。 精度証明のために、これまで手作業で測っていた寸法検査もスキャンデータを用いた検査に置き換えられます。

Geomagic Wrapによる寸法検査
デザイン検証・CG

モデルへのテクスチャの貼りつけが可能です。 また、テクスチャの移動や変形などの調整や、
設定範囲の形状に基づいたテクスチャ設定が行えます。 完成イメージを必要する検証や、CG分野で活用できます。

Geomagic Wrapによるデザイン検証
スキャンデータへのデザイン追加
Geomagic Wrapを使用して、スキャンデータに対して形状を押し出し編集

DXFデータを読込み、スキャンデータに対して形状の押し出し編集が可能です。文字やデザインの追加をWrap内で行うことができます。

Geomagic Wrap 2017新機能

動作環境

必要要件
OS Windows8(64 bit)
Windows10(64bit)
ディスプレイ 最少:1280×960
推奨:1280×1024以上
32bitカラー
Open GL3.0以上
CPU Intel | AMD 2GHz クロック以上
推奨:マルチコアCPU 3GHz以上
メモリ 最少:8GB
推奨:16GB以上
空きディスク容量 推奨:30GB以上

カタログのお申込み受付フォーム

カタログPDFダウンロードはこちら

お問合せはこちら

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。