RenAN

オフラインの機械オペレーション学習で人材育成プロセスを改善

  • モノづくりの現場に
求められる機械オペレーション能力
  • RenAnを活用した人材育成のプロセス

加工現場ではプログラムから各種段取りまで幅広い工程の自動化が進んでいます。機械オペレータの業務は軽減される傾向にありますが、様々な実務に臨機応変に対応するには自動化された工程の原理やNCを理解した人材が必要です。そのためには「プログラム」「機械操作」「機械加工」の3つの要素を座学だけでなく実践を通して身につけることが重要です。しかし、設備の数には限りがあるため、複数の人材に対して実機を用いた指導時間を充分に確保することは困難でした。「RenAn」はパソコン上で機械オペレーションを学習できるシミュレーションシステムです。従来実機を必要としていた学習内容をオフラインで効率的に指導できるため、人材育成のプロセスを改善することが可能です。

 
プログラム
シンプルなインターフェイスで簡単プログラム作成

手打ちのプログラミングで、GコードやMコードの意味などNCデータの基本を理解しながらプログラムを学習できます。また加工シミュレーションにより、工具や機械の動き、ワークの状態を見ながら作成したプログラムをチェックできます。

機械操作

シミュレーション上の機械をリアルタイムに確認しながら実機同様の手順で操作。各機能や指令がどのような働きをするのか理解しながら機械操作を身に付けられます。

機械加工

工具やワーク座標系の登録などを実践し、各種段取りの具体的な設定方法を身に付けられます。座標や補正値はオペレータ自身で登録するため、設定する値の計算方法なども学習できます。

リアルな操作で機械オペレーションを学習

  • 実機と同じ機械操作
  • FANUC、SIMENS、HEIDENHAINのインターフェイスに対応

オフラインでの学習を実際のオペレーションに役立てるにはリアルな操作環境が不可欠です。実機のように操作パネルと制御装置(モニタ上に表示)を使い操作できます。制御装置は、主要なCNCメーカーの中でもFANUC、SIEMENS、HEIDENHAINのインターフェイスを再現し、マシニング・旋盤・多軸など様々な加工に対応しています。実機同様の手順で機械操作を覚えられるので、スムーズに実技へとステップを進めることができます。インターフェイスの詳細はこちら