MDX-50

手軽に3D加工をはじめられる卓上切削加工機

  • MDX-50 本体サイズ
  • MDX-50 本体サイズ
  • MDX-50 本体サイズ
  • MDX-50 本体サイズ

MDX-50は3D加工向けの卓上切削加工機です。様々な樹脂素材に対して精度が求められる加工が可能なため、組付けや機構確認、最終製品と同じ条件での試験・評価といった試作のほか、治具の作成や成形品への追加工など幅広い用途で活用できます。初心者にとって課題となるプログラム作成や機械操作の難しさを解消し手軽に運用が可能です。

シンプルな加工設定と本体操作で誰でも簡単に運用
シンプルな加工設定と本体操作で誰でも簡単に運用

必要な設定項目が順に表示される対話式CAMが付属しているため、設定に迷うことなく簡単に3Dデータから加工プログラムを作成可能です。また、機械本体は直感的に扱える内蔵パネルもしくは専用ソフト(パソコン)から簡単に操作できるため、加工準備(段取り)をスムーズに行えます。加工初心者もすぐに習得して運用できます。
※NCコードに対応しているため他のCAD/CAMで作成したプログラムも利用できます。

3D加工を可能にする充実機能

3D加工では加工の段階や形状に応じて複数の工具を使い分けて加工することが必要です※。そのため、加工の途中で工具を交換する作業が必要となります。また、一方向からでは加工が完了しない形状ではワークの反転作業が発生します。これら3D加工に求められる工程に不可欠な機能や、効率化を支援するオプションが用意されています。また、長時間の加工中も効率的に他の業務にあたれるよう、離れた場所でも加工状況を把握できるメール通知機能も搭載しています。

※3D加工では、無垢の素材から大まかに形状を削り出す“粗加工(粗取り)”や細部や表面を仕上げていく“仕上げ加工”など複数の工程を経て完成に至るため、それぞれの段階に応じて工具の種類やサイズを変えながら加工する必要があります。
詳細はこちら

ATCで工具交換が自動で完了
ATCで工具交換が自動で完了

工具交換に不可欠なATC(自動工具交換装置)を標準搭載。最大6本の工具を使い分けて加工することができます。時間を費やし加工ミスの原因にもなる煩雑な手動の作業は不要で、加工終了まで自動で完了させられます。

回転軸ユニットで多面加工を効率化
回転軸ユニットで多面加工を効率化

オプションの回転軸ユニットを利用すれば、ワークを自動で回転させて加工できます。円筒形状の加工や両面加工で必要となるワークの反転作業を削減して加工を効率化できます。

様々な場所で運用できるコンパクト・安全設計

設置スペースや安全性などを考慮した本体設計により様々な場所で運用が可能です。

  • MDX-50 本体サイズ
  • 動作範囲
  • ダストボックス
コンパクトな本体に広い加工範囲

卓上に設置可能な本体サイズでパソコン以外の接続機器も不要(加工データ転送後は取り外しも可能)なため、省スペースに運用できます。100V電源で稼働するため電気工事なども不要です。コンパクトながら400(X)×305(Y)×135(Z)mmと広い加工範囲を備えています。

フルカバー仕様で安全・クリーンに運用

フルカバー構造を採用し、加工中にカバーを開けると加工を中断するインターロック機能も搭載しているため安全にご利用いただけます。また、加工時の切粉は機外に飛散しないため設置場所をクリーンに保ったまま加工が可能です。機内の切粉は内蔵のダストボックスを利用して効率的に清掃できます。