magigoo_ロゴ


magigoo_ロゴ

3Dプリントのために開発された専用のり

magigoo_トップ_イメージ

magigoo_ロゴ

3Dプリントモデルの“反り”悩みにこの一本

magigoo概要

3Dプリンタ専用のり「Magigoo」ってどんなのり?

FDM方式3Dプリンタを使用する上で、多くの方が経験したことのある造形の失敗の原因の一つが”モデルの反り”です。
この反りを防ぐ目的として一般的に知られている方法がのりを塗る方法です。
Magigooシリーズは、PLAやABSなどの一般に使用される頻度の高い材料はもちろん、PA,PPなどのエンプラやPEEK,PEIといったスーパーエンプラにも対応したラインアップがあります。
造形前にテーブルに塗布することで、重要な一層目の定着力を高め、安定した造形を可能にします。

テーブルを昇温されると強固な接着力を発揮!

Magigooシリーズはテーブルの温度変化によって接着力が変化する魔法のような特徴があります。
テーブルが40℃以上に昇温されているときは、テーブルとモデルが強力に接着され、3Dプリントの造形において非常に重要な1層目のモデルの反りを抑制します。

magigoo_使用イメージ_3

チカラ不要!温度が下がると接着力がなくなる!

造形後、テーブルが常温に戻ると今度は急激に接着力が低下します。
これにより、スクレーパなどの道具を使用することなく手だけで簡単にモデルを取り外すことができます。
もう、モデルやテーブルを傷つけたり、作業者の怪我の心配もありません。力を使わずに取り外すことができるため、作業者も選びません。

Magigoo_清掃イメージ_1

造形後の清掃は水だけでOK!

Magigooは水溶性の成分で構成されているため、ウエスなどを水で濡らして、塗布した部分を拭き取るだけで簡単に粘着成分を除去することができます。
固まったのりをスクレーパでこすり落としたり、洗剤などを使用して拭き取りを行う必要はありません。
造形毎に行う必要のあるテーブルの清掃が楽になります。


材料に最適な成分を独自配合!

Magigooはその豊富なラインアップも大きな特徴の一つです。
PLA、ABSなど使用される頻度の高い材料はもちろん、PAなどのエンプラからPEEKといったスーパーエンプラまで数多くの材料に最適な接着性をもたらすのりが日々、開発・検証が進められています。
材料に合ったラインアップがあるからこそ、より安定した3Dプリントを実現できます!

magigooラインナップ

3Dプリントのために開発された専用のり

熱融解積層(FDM)方式の3Dプリンタで起こる熱収縮による第一層目の反りの対策として「テーブルにのりを塗る」方法が一般に知られています。
のりを塗ることで一層目の剥離が防止できる一方、テーブルとくっつきすぎてしまったために「テーブルから剥がせない」なんて経験のある方も多いのではないでしょうか?
このような、課題を改善するために開発されたのが、3Dプリント専用のり「Magigoo」です。Magigooは、温度が高くなると接着力が強くなり、低くなると弱くなる特徴があります。そのため、造形中は反りをしっかりと防ぎ、造形後は簡単にテーブルから取り外すことができるようになります。
これにより、より多くの方に気軽に3Dプリンタを活用していただくことが可能になります。


01より簡単、より安全に3Dプリンタを活用できる

01

一般的なのりを使って造形する場合 、テーブルとモデルが強固に接着されてしまうため、モデルを取り外す際に、かなりの力が必要になります。
力が必要になることで、取り外しの際に勢い余って怪我をしてしまったり、作業者が限られてしまうことがあります。
Magigooは温度によって接着力が変わる独自成分を配合しています。テーブル温度が40℃を下回ると接着力が急激に弱くなるため、軽い力で簡単にモデルを取り外すことができます。造形時にMagigooを使うことで作業者を問わず、誰でも簡単に3Dプリンタを活用していただけるようになります。

magigoo_スティックのりとの違い

02接地面積が大きい造形物も楽々剥がせる

02

大型モデルなどの設置面積の大きいモデルは、テーブルと密着する範囲が広いため、モデルの取り外しがより難しくなります。 このような大型モデルでも、Magigooを塗って造形することで、道具を使わず、手だけで簡単に剥がすことができます。 スクレーパーなどによってモデルを傷つけるリスクの軽減にも繋がります。


  • Magigoo Original
  • Magigoo PA
  • Magigoo HT
  • Magigoo PC / Magigoo PP

ヒートベッド付き3Dプリンタの力をさらに引き出す

Magigooは、ヒートベッド機能付きの3Dプリンタで使用でき、テーブル温度が40℃以上になると強力な接着力が発生します。接着力が必要になる造形中(テーブル昇温時)に接着力が現れるため、モデルの反りを効果的に抑制できます。
また、Magigooは、材料の特性に合わせて成分の配合が異なる豊富なラインアップがあります。一般的に使われることの多い、PLAやABS、PETGなどの材料に対応した「Magigoo original」や、ナイロン(PA)に特化した「Magigoo PA」などがあります。また、PEEKやULTEMなど超高温での造形が必要な材料用に開発された「Magigoo HT」もご用意。
材料に合わせて最適なのりを選択することで、効果的に反りの軽減が可能です。


  • Magigoo_清掃イメージ
  • Magigoo_清掃イメージ_2

拭くだけ簡単!テーブルお手入れ

Magigooは水溶性ののりの中でも、より水に溶けやすい性質があります。 そのため、水で濡らした布で軽くテーブル表面をふき取るだけで、簡単にのりの成分を除去することができます。

Magigoo

Magigoo originalMagigoo PAMagigoo HTMagigoo PPMagigoo PC
推奨材料PLA,ABS,PETG,ASA,HIPS,TPUPA(ナイロン)PEEK,PEKK,ULTEM,PPSU等の高温材料PP(ポリプロピレン)PC(ポリカーボネート)
容量50ml50ml50ml50ml50ml

関連資料

Magigoo

独自成分の配合で、温度によって 接着力が変化する!

「Magigoo」は、温度で接着力が変わるのりです。常温時は接着力が弱いですが、高温になると接着力が強まるため、造形中に起こるモデルの反りを効果的に抑制します。さらに、造形後は、手だけで簡単にモデルを剥がすことができるので、怪我のリスクを軽減できます。

【こんな人におすすめ】
・第一層目のモデルの反りをなんとかしたい
・モデルを簡単に取り外せるようにしたい

資料ダウンロード(pdf) download(pdf)

お問い合わせ

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

NEWS 2023.01.10 生産現場のための課題発見・解決資料 -生産性向上編- Vol.9:スティックのりを使った造形