QUICKSURFACE_ロゴ


QUICKSURFACE_ロゴ

3Dスキャンデータから手軽にCADデータを作成

QUICKSURFACE_TOP

QUICKSURFACE_ロゴ

Scan To CAD ― スキャンデータから効率モデリング

QUICKSURFACE_リバースエンジニアリング

QUICKSURFACE は、3Dスキャンデータを活用したCADデータ作成に特化したリバースエンジニアリングソリューションです。
メッシュデータの読み込みからCADデータ作成までを1つのソフトウェアで完結することができます。導入済みのCADとの組み合わせをご検討中の方や、初めてモデリングをスタートされる方にも、手軽に3Dスキャンモデリングを取り入れていただけます。

QUICKSURFACE_実績

3Dスキャンデータに対峙してきた長年の実績に基づく集大成

QUICKSURFACE および Mesh2Surface 製品は、イギリスとブルガリアの 2 つのオフィスを構えるKVS Ltd によって開発されています。世界で最初のハンドヘルド 3D レーザー スキャナーの作成に積極的に参加し、 1996 年にはヨーロッパの IST 大賞を受賞。その3D スキャンと結果データの後処理を行うための製品がソフトウェア KUBE です。市場で世界で最も直感的で使いやすい 3D レーザー スキャニング パッケージの 1 つが完成し、それ以降の大きな課題は、非常に正確なポイント クラウドを作成し、何百万ものポイントを処理し、最適化された結果を生成することでした。長年にわたって、物理的なオブジェクトをスキャンする際のニーズやスキャンしたデータ活用を把握し、それらを製品開発に適用してきました。このすべての経験に基づいて、シンプルで使いやすく、高速で正確で効率的なQUICKSURFACE および Mesh2Surface 製品が提供されています。


スキャンデータでスピーディーなモデリングができる

スキャナで読み込んだデータはそのまま読み込んで、形状を認識することが可能です。立体形状をトレース、偏差確認を行いながら、再現性の高い3DCADデータを作成することができます。パラメータを確認したり自由曲線形状のモデリングに時間を取られることなく、モデリングが難しい形状まで、必要な立体データを作成することが可能です。


QUICKSURFACE が選ばれる理由

QUICKSURFACE_形状記憶

01形状認識

01

ベストフィットアルゴリズムを使用した幾何学的特徴を抽出し、3Dスキャンデータ上に直接3Dスケッチを描画サーフェスを構築できます。
有機的な形状や複雑な形状も簡単に作成することができリアルタイムな偏差アナライザーでハイエンドソフトに劣らない、再現性の高い3Dデータを作成することが可能です。

QUICKSURFACE_シンプルな操作

02シンプル

02

3Dスキャンデータから特徴を抽出するための使いやすいツールと、シンプルでレスポンスの速いユーザーインターフェイスを備えたQUICKSURFACEは直感的に操作することが可能です。モデリング作業ではすべてのステップでスキャンデータとモデリングデータの偏差を視覚的に確認することができます。正確性を追求しながら、作業時間をより効率的にすることが可能です。

QUICKSURFACE_コストパフォーマンスが高いリバースエンジニアリングソリューション

03コストパフォーマンス

03

QUICKSURFACEは、費用体効果の高いリバースモデリングソリューションです。手頃な価格と、充実の機能で最適な3Dモデリングデータを作成することができます。品質、速度、効率に妥協せず、プロフェッショナルなデータ作成を提供します。

QUICKSURFACEの特徴

QUICKSURFACEでのモデリング

3Dスキャンモデリングのための3Dモデラー

QUICKSURFACEは、3Dスキャンデータを活用したCADデータ作成に特化した低価格のリバースエンジニアリングソフトです。
優れたコストパフォーマンスとシンプルな操作で、様々な運用スタイルに合わせて活用することができます。初めてモデリングをスタートされる方にも、手軽に3Dスキャンモデリングを取り入れていただけます。
パッケージは、全てのモデリング機能を使用できる「Full版」と、サーフェス作成機能のみを搭載し、より低価格な「FreeForm版」の2種類からお選びいただけます。

3DスキャンデータとQUICKSURFACEでモデリングしたCADデータ

3Dスキャンデータから直接モデリングが可能

3Dスキャンデータ(メッシュデータ)をそのまま読み込んでモデリングを開始することができます。
例えば、メッシュデータから輪郭線を抽出してスケッチを作成したり、モデル上の任意の箇所を選択してフィーチャを作成したりといった、「3Dスキャンモデリングのための機能」を備えています。 3Dスキャンモデルを直接参照しながらモデリングできるため、形状をより忠実に表現することが可能です。

  • QUICKSURFACEを使ったハイブリッドモデリング(3Dスキャンデータ)
  • QUICKSURFACEを使ったハイブリッドモデリング(モデリング後のCADデータ)
  • QUICKSURFACEのモデリング履歴

履歴ベースのハイブリッドモデリングで効率運用

ソリッドとサーフェスの両方を使用したハイブリッドモデリングが可能です。
単純な幾何形状の多いボディ部分にはソリッドコマンドを使用し、ソリッドでは表現が難しい自由曲面にはサーフェスを作成するなど、用途や形状に合わせてモデリング方法を使い分けることができます。
また、使用したフィーチャや作成した形状は履歴としてツリーに記録されていくため、データ作成後の形状変更も行いやすく、効率的な運用が可能です。

  • QUICKSURFACE_3Dスキャンデータ上に参照平面を作成し、断面を作成する位置を決める
  • QUICKSURFACE_抽出された輪郭線(白線)に沿ってスケッチを作成していく
  • QUICKSURFACE_形状を作成したい箇所を3Dモデル上で直接選択できる

メッシュデータから形状を抽出・選択

ソリッド/サーフェスモデルを作成する際、メッシュデータから形状を直接抽出・選択することができます。
例えば、スケッチを描く場合には、作成したい位置を指定するための平面(参照平面)を作成し、メッシュデータから断面(輪郭線)を抽出します。抽出された輪郭線に沿って、拘束(寸法・幾何)を指定しながら線を引くことで、スケッチを作成することができます。
また、メッシュ上の任意の箇所を選択し、その範囲をもとにソリッドやサーフェスを作成することも可能です。
このように、3Dスキャンモデルから直接編集できる機能を備えていることで、より正確に・効率的にモデルを作成できます。


自由曲面を表現できるサーフェス作成機能

  • QUICKSURFACE_パッチ数比較
  • QUICKSURFACE_自動サーフェス

01自動サーフェス

01

メッシュデータ全体にパッチを貼り、1つのサーフェスモデルを自動で作成します。複雑な自由曲面で構成されているモデル全体をCAD化したい場合に使用します。
作成されたサーフェスモデルは、パッチの多さ(細かさ)を変更したり、制御点を手動で移動させたりすることができます。形状に応じて、より滑らかな表現になるよう調整することが可能です。

  • QUICKSURFACE_選択箇所に沿ってUV座標を作成
  • QUICKSURFACE_サーフェスを作成

02フィットサーフェス

02

メッシュデータから部分的にサーフェスを作成します。データ上の一部の自由曲面を、ベースとなるCADモデルに取り込みたい場合などに使用することができます。
フィットサーフェスでは、選択箇所に沿ってサーフェスが作成されます。サーフェスは2方向の座標(UV座標)によって制御されており、自動計算機能で最適な点数を導き出すことで、より忠実な形状を作成することが可能です。

QUICKSURFACE_フリーフォームサーフェスの流れ

03フリーフォームサーフェス

03

メッシュ上の任意の箇所に制御点を打ち、手動でサーフェスモデルを作成します。
データの形状を確認しながらユーザーがサーフェスを作成することができるため、「サーフェスの貼り方(モデル上の区切り方)を調整する」「CADデータ化にあたって必要な形状のみを残す」など、データを任意に作成することができます。
また、対称形状のモデルでは、ミラー機能を使用して操作を連動させることができるため、正確かつ効率的なモデリングが可能です。


  • QUICKSURFACE_面の偏差を確認
  • QUICKSURFACE_スケッチの偏差を確認

リアルタイムの偏差確認で正確かつ効率的にモデリング

3Dスキャンモデルと作成形状との偏差をリアルタイムで確認することができます。
公差は任意に設定でき、許容値に対してプラスは赤~マイナスは青のグラデーションで表示されるため、偏差の度合いを視覚的に把握することができます。
調整しながらモデリングを進められることで、正確に形状を作成できるだけでなく、修正の手間も削減できます。

QUICKSURFACE_中間ファイル形式で出力し、様々な用途に活用

汎用的な出力形式で幅広い用途にデータを活用

作成したデータは汎用ファイル形式での出力に対応しています。
例えば、STLやOBJで出力すれば、3Dプリンタでの造形やCAMでの加工用データの作成に使用することができます。また、STEPやIGESで出力し、既存CADでの再設計を行うことも可能です。
様々な用途に使用できるため、3Dスキャン活用の幅が広がります。

QUICKSURFACE_「QSConnect」で履歴を直接転送

SOLIDWORKSに履歴を直接転送

QUICKSURFACE内に組み込まれているモジュール「QSConnect」を使用して、データ作成に使用したフィーチャなどの履歴をSOLIDWORKSに転送することが可能です。
モデルと同時に履歴も転送することで、SOLIDWORKS移行後の形状変更や再設計をスムーズに進めることができます。

「Mesh2Surface for SOLIDWORKS」、「Mesh2Surface for Rhinoceros」

アドイン版ソフト「Mesh2Surface」

QUICKSURFACEのアドイン版ソフト、「Mesh2Surface for SOLIDWORKS」、「Mesh2Surface for Rhinoceros」のご用意もございます。
普段お使いのCAD上で3Dスキャンデータを扱うことが可能になり、使い慣れた操作性と機能を活かしながらリバースモデリングを行うことができます。

パッケージ機能比較

 

製品の主な機能QUICKSURFACE
FreeForm
QUICKSURFACE
Full
STL, OBJ, PLY, PTX形式で入力
ポリゴンの間引き
メッシュ選択
空間での手動メッシュ配置
フリーフォームモデリング
ミラー機能(フリーフォームモデリング)
制御点のメッシュスナップ機能
リアルタイムの偏差確認
マニピュレータ(ガムボール)ベースのモデリング
偏差確認
3Dスケッチの作成
フィットサーフェス
ラップサーフェス
自動サーフェス
IGES, STEP形式で出力
幾何形状の抽出-
ベストフィットのロック-
抽出する幾何形状の拘束設定-
幾何形状の優先順位付けに基づく位置合わせ-
2Dスケッチの偏差確認-
2Dスケッチの寸法拘束・幾何拘束作成-
回転・押し出しによるサーフェス作成-
履歴ベースのパラメトリックモデリング-
線、円、ミラー-
トリム、面取り、フィレット-
ソリッドのブーリアン演算-
ドラフト角度分析-
QSConnect(SOLIDWORKS用モジュール)-

最小システム要件

OS

Windows 10(64bit)

CPU

Intel Core i5(1.8GHzのクロック周波数)以上

RAM

16GB以上

GPU

NVIDIAまたはAMD

GPUメモリ

1GB以上

HDD

256GB以上


入出力フォーマット

入力

.stl, .obj, .ply, .ptx, .stp, .igs

出力

.stp, .igs, .obj, .stl

カタログ

Catalog

QUICKSURFACE_カタログ

3Dスキャンデータを手軽にCAD化

QUICKSURFACE / Mesh2Surface

モデリングソフト

カタログダウンロード(pdf) download(pdf)

関連資料

Mesh2Surface for SOLIDWORKS

3Dスキャンデータを 使った設計が可能になる!

「Mesh2Surface」は、SOLIDWORKS上での3Dスキャンデータの利用設計を可能にするアドインソフトです。データ形状が認識できるため、リバースモデリングの要である座標軸を正確かつ簡単に作成することができます。

【こんな人におすすめ】
 ・3Dスキャンデータをもっと活用したい
 ・コストを抑えてリバースエンジニアリングを始めたい
 ・新たなモデリング手法で設計を効率化したい

資料ダウンロード(pdf) download(pdf)

お問い合わせ

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

NEWS 2023.05.30 [マルスゴ]3Dスキャンデータとの偏差を確認しながら設計できる「偏差解析」のご紹介