多様な設備を活用しニーズに応じた3Dデータをスピーディに作成

3Dデータ作成の目的は「設計に組み込みたい」「修正した金型を設計データとして残しておきたい」「現状をデータとして残しておきたい」…などお客様によって様々です。システムクリエイトの3Dデータ作成サービスでは、お客様の目的に合わせて、スキャンやモデリング方法を使い分け、最適なデータを作成いたします。

ワークに応じたデータを取得可能な多彩な設備

卓上タイプ、ハンディタイプ、アーム式と様々なタイプの3Dスキャナを保有しています。 また、3Dスキャナでは取得しきれない形状や、アセンブリ品についてはCTスキャナを使用。ワークサイズや色、素材など、スキャン時に発生する問題に捉われることなく、ワークに応じた最適な装置でデータ化できます。

セキュリティや重量の関係で、持ち運びや解体が困難なワークには出張スキャンで対応します。

形状に応じてモデリング方法を使い分け

3Dデータを取得した後はモデリングを行います。お客様の目的に応じて3種類のモデリング方法を駆使してデータを作成いたします。
スキャンデータをベースに寸法や幾何情報を付加し、後からも設計変更可能なCADモデリングを行うパラメトリックモデリング。
スキャンデータの表面に自動で面を貼り自由形状を再現するオートサーフェス。
3Dデータを仮想粘土(クレイモデル)化して、スキャンデータに有機的な加飾や修正を加えられるクレイモデリング。
上記のモデリング方法を使用し、工業から文化・芸術まで様々な分野で活用可能な3Dデータを作成いたします。

2次元図からのモデリングにも対応

2次元図から3Dデータの作成も承っております。
図面からの3Dデータや作成や、イラストやポンチ絵からの3Dデータ作成など、さまざまな形でのモデリングを行います。

3Dデータ活用例

金型のデータ修正に カスタムパーツや治具の作成
金型製作時に発生する手仕上げによる微修正にスキャンデータを活用することで、追加工の情報を設計データにフィードバックできます。金型破損時の新規製作の際にも安心してデータを活用いただけます。 3Dデータ化したワークをベースに、治具やモデルに取り付けるパーツを作成できます。曲面など測定できない形状に対して特に有効です。
手作り品を3Dデータ上で自由に編集 美術品のデジタルアーカイブ
クレイモデルなどの手加工したワークを3Dデータ化することで、模様の追加、形状を整える、左右非対称のモデルを左右対称にするなど、モデルのディテールを3Dデータ上で編集することができます。 文化遺産や手工芸品などを、劣化しないかたちで後世に残すために3Dデータとして保管します。

装置情報

▼SolutionixC500 ▼HandyScan
ABS 精度 ±0.01~0.03mm HandyScan 精度 最大0.03mm
解像度 500万画素 解像度 0.050mm
スキャン方式 ストライプパターン投影法 スキャン方式 レーザー(7本)
特長 ・小型~中型ワーク向け
・カラースキャン対応
特長 ・大型ワーク向け
・ 黒や光沢ワークに対応
▼MetraScan ▼DesignScanArm
MetraScan 精度 最大0.025mm DesignScanArm2.5C 精度 最大0.075mm
解像度 0.050mm 点間ピッチ 最小0.04mm
スキャン方式 レーザー(7本) スキャン方式 レーザー(1本)
特長 ・大型ワーク向け
・黒/光沢ワークに対応
特長 ・黒/光沢ワークに対応
・大型ワーク対応
・プローブでの測定に対応
・カラースキャン対応
▼inspeXio SMX-225CT HR(CTスキャナ)
inspeXio SMX-225CT HR X線発生装置 開放型
最大管電圧 225kV
最大管電流 1000μA
X線検出器 フラットパネル
最大入力解像度 約1400万画素
搭載可能サンプル 400mm × H300mm
最大12kg

資料ダウンロード

お問合せはこちら

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。