生産現場のための課題発見・解決資料

「生産現場のための課題発見・解決資料」は、生産現場の様々な課題への解決策をご提案していくシリーズです。設計・加工・測定・人材育成など、ものづくりのあらゆる場面に対する改善策をご紹介しています。
日々求められる改善のヒントとしてご活用ください。


稼働率向上編

  • 稼働率向上編

    Vol.1
    課題の見つけ方(入門)

    課題解決資料vol.1

    より効果を得られる改善の実施には的確な課題の発見が不可欠です。 自社の設備稼働状況を把握できれば、稼働率向上に向けた的確な課題を見つけ出すことができます。Vol.1ではIoTを活用した“見える化”による「課題の見つけ方」をご紹介。 “見える化”によって得られる情報 ・情報の使い方(見方)を4つの例とともにご紹介いたします。

    【紹介製品】
    ■稼働監視・実績管理システム「Facteye

    資料ダウンロードはこちら

  • 稼働率向上編

    Vol.2
    プログラム作成時間(1)

    課題解決資料vol.2

    機械停止の要因の多くを占める「手打ち・対話式のプログラム作成時間」の解消にはCAD/CAMが有効ですが、その導入・運用には課題があります。
    Vol.2では、プログラム作成・機械操作分業による4つのメリットと4つの課題とともに、「人材育成」と「プログラムの作成時間」に対する課題への解決策をご紹介いたします。

    【紹介製品】
    ■対話式プログラム作成・変換システム「MazaCAM

    資料ダウンロードはこちら

  • 稼働率向上編

    Vol.3
    段取り時間の短縮

    多品種・小ロットでの生産では、機械停止の要因となる段取り回数・時間の「ムダ」を削減し、稼働率を向上させる必要があります。
    Vol.3では、3つの段取り工程の中から工具段取りの課題に焦点を当て、IoTシステムを活用した解決方法をご紹介いたします。

    資料ダウンロードはこちら

  • 稼働率向上編

    Vol.4
    “見える化”の課題 と
    人的要因の改善

    生産性低下の要因には「機械的要素」と「人的要素」の2つがありますが、多くの“見える化”システムでは、細かな「人的要素」までは把握することができません。
    Vol.4では、設備稼働状況だけでなく幅広い情報を取得可能な“見える化”システムの特徴ととも活用例をご紹介いたします。

    【紹介製品】
    ■稼働監視・実績管理システム「Facteye

    資料ダウンロードはこちら

  • 稼働率向上編

    Vol.5
    加工プログラム管理の
    課題と解決策

    様々なメリットを持つ「マザトロール」は多くの現場で導入されていますが、データの取り出し・保管や世代間変換の手間などに関する課題があります。
    Vol.5では、“PC上でのデータ一元管理”という運用方法のメリットと、効果的なシステムについてご紹介いたします。

    【紹介製品】
    ■対話式プログラム作成・変換システム「MazaCAM

    資料ダウンロードはこちら

  • 稼働率向上編

    Vol.6
    3Dスキャナ稼働率の課題と解決策

    設計や製造・検査による製品価値や信頼性の向上に向け、様々な場面で3Dスキャナの導入が進んでいますが、稼働状況に課題を抱えている現場も多く見受けられます。
    Vol.6では、3Dスキャナをさらに有効活用するための方法と、効果的な取り入れ方についてご紹介いたします。

    【紹介製品】
    ■3Dスキャンモデリングソフト「Geomagic Design X

    資料ダウンロードはこちら

  • 生産性向上編

  • 生産性向上編

    Vol.1
    検査・測定プロセス

    品質を保証するためには工程内検査が必要です。検査工数の増加は一見 生産性低下に繋がるように思えますが、工夫をすることで、工数を抑えると同時に生産性向上を実現できます。
    Vol.1では、検査の必要性と目的を確認し、検査工程導入のメリットをご紹介いたします。

    資料ダウンロードはこちら

  • 生産性向上編

    Vol.1-1
    機械加工の工程内検査

    機械加工後の検査方法の1つである「機上測定」では、運搬や段取り替えの工数を抑えることができますが、代表的なプローブタイプには測定精度やワークによる制限などの課題があります。
    Vol.1-1では、機上測定の2つの手法と特徴をご紹介いたします。

    資料ダウンロードはこちら

  • 生産性向上編

    Vol.1-1-1
    機上測定の活用(1)

    工程内検査の時間短縮には三次元測定機の活用が有効ですが、大型のワークに対しては設備導入や設置環境、運搬など様々な課題があります。
    Vol.1-1-1では、大型ワークの機械加工工程に効果的な「アーム型三次元測定機」の特徴と運用方法をご紹介いたします。

    【紹介製品】
    ■アーム型三次元測定機「FARO Quantum」シリーズ

    資料ダウンロードはこちら

  • 生産性向上編

    Vol.2
    CAD/CAM運用の断念と解決策

    手打ちプログラム作成が苦手とする様々な課題を解消する方法として「CAD/CAMの導入」がありますが、CAD/CAMを活用しきれず断念してしまうケースも見受けられます。
    Vol.2では、CAD/CAM運用の断念につながる2つの要因と、加工プログラムを効率的に作成できる対話型CAMをご紹介いたします。

    【紹介製品】
    ■対話式プログラム作成・変換システム「MazaCAM

    資料ダウンロードはこちら

  • 生産性向上編

    Vol.3
    大型測定デジタル化の課題と解決策

    様々な場面で活用されるCMM(三次元測定機)は効率化・標準化などのメリットがある一方で、様々な理由から導入が進んでいない分野があります。
    Vol.3では、大型ワーク分野に焦点を当て、CMM導入が進まない3つの要因と、課題解消に効果的な「ポータブルCMM」のメリットをご紹介いたします。

    【紹介製品】
    ■大型ワークに適したポータブルCMM「HandyPROBE

    資料ダウンロードはこちら

  • 生産性向上編

    Vol.4
    大型製品組立時の課題と解決策

    製品組立の機械化・ロボット化が進む中、大型の多品種少量品はコストなどの観点から手作業が主流となっています。
    Vol.4では、自動化が特に難しい大型製品分野を取り上げ、組立・組付け工数削減の2つのポイントと、効果的な「ダイレクト計測システム」のメリットをご紹介いたします。

    【紹介製品】
    ■レーザトラッキングによるダイレクト計測システム「FARO Vantage Laser Tracker

    資料ダウンロードはこちら

  • 生産性向上編

    Vol.5
    少量生産における生産性の課題と解決

    多様化する市場ニーズや製品ライフサイクルの短期化に対応する多品種少量生産では、生産性の低下が課題となります。
    Vol.5では、多品種少量加工の段取りに焦点を当て、生産性低下の2つの要因と、段取り短縮に有効な「パレットチェンジャ付き工作機械」の導入メリットをご紹介いたします。

    【紹介製品】
    ■パレットチェンジャ8枚搭載の 超小型マシニングセンタ「PICO 8-APC

    資料ダウンロードはこちら

  • 生産性向上編

    Vol.6
    小型ワークの効率的な測定手法

    アーム型3Dスキャナは設計や検査など幅広い用途に活用されていますが、小型ワークの測定に対しては「作業効率」に関する課題があります。
    Vol.6では、ワークサイズによるアーム型3Dスキャナの操作の違いを踏まえ、作業効率を向上させる方法と、セミオート化システムによる自動化についてご紹介いたします。

    【紹介製品】
    ■アーム型三次元測定機「FARO Quantum」シリーズ

    資料ダウンロードはこちら

  • 生産性向上編

    Vol.7
    加工スキル属人化による生産性の低下

    製造業における生産性低下の要因に「業務の属人化」が あります。中でも加工プログラムの作成は専門の知識を必要とするため属人化しやすい業務です。
    vol.7では、属人化によって生じる課題とマザックマシンを導入している現場の 業務の標準化に効果的なCAD/CAMシステムについてご紹介致します。

    【紹介製品】
    ■業務の標準化にオススメの対話式プログラム作成システム
    「MazaCAM」

    資料ダウンロードはこちら

  • 3Dデータ対応編

  • 3Dデータ対応編

    Vol.1
    3DCAD/CAMのコスト

    3Dデータを前提に設計・開発を進める流れが広がっていますが、3Dの加工に不可欠な3DCAD/CAMは、2Dのものに比べて導入・運用費用が高額になる傾向があります。
    Vol.1では、3DCAD/CAMの価格帯・ライセンス形式による違いを解説した上で、導入・運用時のコスト面に対する4つの課題とソフト選びのヒントをご紹介いたします。

    資料ダウンロードはこちら

  • 3Dデータ対応編

    Vol.1-1
    3DCAD/CAMの機能

    3DCAD/CAM導入にあたり重要となる「コストと機能の両立」を実現するためには、自社の加工内容に適したソフトを導入することが重要です。
    Vol.1-1では、部品加工に焦点を当て、「データの受け入れ体制」と「加工における機能」の2つの観点から、ソフト選定の注目ポイントをご紹介いたします。

    【紹介製品】
    ■低コスト・機能充実の3DCAD/CAM「BobCAD-CAM

    資料ダウンロードはこちら

  • 3Dデータ対応編

    Vol.1-2
    3DCADを有効活用するCAM運用

    製造現場で使用されている3DCAD「SOLIDWORKS」は、多くの場合、"CAD"としての限られた用途でしか使用されていない場面が多く見受けられます。
    Vol.1-2では、3DCADとCAD/CAMを別々に併用する際の3つの課題点を踏まえ、SOLIDWORKSを無駄なく運用できるおすすめのアドオンCAMをご紹介いたします。

    資料ダウンロードはこちら

  • 3Dデータ活用編

  • 3Dデータ活用編

    Vol.1
    金属3Dプリンタのメリット

    金属3Dプリンタは、高付加価値製品の製作や少量生産品の製造コスト削減などのメリットにより活用への期待が高まっている技術の1つです。 Vol.1では、金属3Dプリンタが活用メリットを発揮する場面と、実用に向けた課題を3つの視点からご紹介いたします。

    資料ダウンロードはこちら

  • 3Dデータ活用編

    Vol.1-1
    金属3Dプリンタの運用

    現在主流となっている金属3Dプリンタには、精度・材料・コストという課題がありますが、金属3Dプリンタは既に“身近な存在”になりつつあります。
    Vol.1-1では、コストに加え、精度・材料の課題を解消する金属3Dプリンタとその運用方法をご紹介いたします。

    【紹介製品】
    ■低価格・様々な材料に対応できる金属3Dプリンタ「Coherent CREATOR

    資料ダウンロードはこちら

  • 3Dデータ活用編

    Vol.1-2
    金属3Dプリントの変形

    技術開発の目覚ましい金属3Dプリンタですが、その造形物には回避できない「変形」という課題が発生します。
    Vol.1-2では、この変形の解決策ご紹介の第1弾として、変形が発生する仕組みと、その解消のための適切な手法について解説いたします。

    資料ダウンロードはこちら

  • 3Dデータ活用編

    Vol.1-2-1
    プリントデータの事前変形

    金属3Dプリントの変形の解決策として、Vol.1-1では「事前変形」という手法について解説しました。
    Vol.1-2では、事前変形を行う際に気をつけるべきポイントを踏まえながら、誰でもかんたんに様々な形状や条件に対応できる方法をご紹介いたします。

    【紹介製品】
    ■金属造形データ検証システム「Amphyon

    資料ダウンロードはこちら

  • 3Dデータ活用編

    Vol.2
    生産を見越した設計

    自由形状によって表現された意匠・デザインは商品の価値や魅力の向上に欠かせないものですが、製造工程の中ではコストや時間が多くかかってしまう傾向があります。
    Vol.2では、金型を使用した製造工程を踏まえ、生産コストを削減しながらデザインを活かすための方法をご紹介いたします。

    資料ダウンロードはこちら

  • 3Dデータ活用編

    Vol.2-1
    モデリングシステムの活用

    デザインとコスト削減を両立するには、金型製作時の状態を事前に検証し、適切な設計をすることが必要です。
    Vol.2-1では、デザインから金型製作までの工程の解説を踏まえ、成形品設計に役立つ機能を搭載した3Dモデリングシステムをご紹介いたします。

    【紹介製品】
    ■デジタル3Dモデルを"触って"創る3Dモデリングシステム「Geomagic Freeform

    資料ダウンロードはこちら

  • 3Dデータ活用編

    Vol.3
    3Dスキャナによる検査

    日々複雑化する製品形状への対応や効率化が求められる検査には、これまでの方法では難しかった、自由曲面や歪みなど全体の評価に有効なのが3Dスキャナの活用です。
    Vol.3では、3Dスキャナを活用した検査のメリットと、効率面における2つの課題を解説いたします。

    資料ダウンロードはこちら

  • 3Dデータ活用編

    Vol.3-1
    3Dスキャン検査の自動化

    様々な作業が必要となる3Dスキャナ検査では「人手と人的スキルへの依存」が課題となります。
    Vol.3-1では、検査の6つの工程を自動化できる3Dスキャン検査システムと、各工程をワンクリックで完了できる仕組みを解説いたします。

    【紹介製品】
    ■全自動3Dスキャナ「Solutionix」シリーズ
    ■検査ソフトウェア「Geomagic Control X」

    資料ダウンロードはこちら

  • 3Dデータ活用編

    Vol.4
    3Dプリンタの人的コスト

    開発サイクル短縮や外注コスト削減を実現する3Dプリンタには、運用の中で見えてくる「ある課題」があります。
    vol.4では、各造形方式の共通課題について解説し、導入段階では見えにくい課題を解消するためのポイントについてご紹介いたします。

    資料ダウンロードはこちら

  • 3Dデータ活用編

    Vol.4-1
    後処理時間の短縮

    3Dプリントモデルの仕上げ作業の中で、最も手間となるのが“サポート材の除去”です。
    Vol.4-1では、造形方式の違いによる仕上げ工程の比較と、サポート材なしで造形できる3Dプリンタの導入イメージをご紹介いたします。

    【紹介製品】
    ■SLS方式3Dプリンタ「LISA」シリーズ

    資料ダウンロードはこちら

  • 3Dデータ活用編

    Vol.5
    3Dデータを活用した非破壊検査

    注目の設計手法「トポロジー最適化」で導き出された形状は複雑なものが多く、測定をするには従来の方法では評価が困難です。
    Vol.5では、トポロジー最適化の概要とともに、その製品を評価するうえで必要な2つのポイントと最適な検査手法を紹介いたします。

    資料ダウンロードはこちら

  • 3Dデータ活用編

    Vol.6
    開発サイクルの短縮

    3Dプリンタの持つ課題の解決に向け、“モデリングマシン”を活用した試作が注目されています。
    Vol.6では、コストダウン・開発プロセス短縮を実現するモデリングマシンと3Dプリンタがそれぞれ得意・苦手とする場面について解説いたします。

    資料ダウンロードはこちら

  • 3Dデータ活用編

    Vol.6-1
    モデリングマシンを活用した試作

    モデリングマシンの導入には「CAD/CAMの知識やノウハウが必要」「工程数が多くて手間がかかる」など、ハードルの高さが課題となっています。
    Vol.6-1では、モデリングマシンを活用した試作メリットや用途について詳しく解説し、誰でも手軽に運用できる機種についてご紹介いたします。

    【紹介製品】
    ■モデリングマシン「MODELAシリーズ MDX-50

    資料ダウンロードはこちら

  • 3Dデータ活用編

    Vol.7
    3Dプリント治具の課題

    3Dプリンタで作成した治具は、使用環境の中によっては課題が見えてくることがあります。
    Vol.7では、3Dプリント治具使用時の課題の1つとなる「静電気」を効果的に解消するための方法をご紹介いたします。

    資料ダウンロードはこちら

  • 3Dデータ活用編

    Vol.7-1
    導電性材料の活用

    3Dプリント治具の静電気の発生を防ぐための解決策として有効なのが導電性材料の使用ですが、導電性を高めた材料は一般的な樹脂材料よりも造形が難しいという特徴があります。
    Vol.7-1では、弊社おすすめの導電性フィラメントの特性や、すぐに活用できる3Dプリンタとの組み合わせについてご紹介いたします。

    【紹介製品】
    ■FDM方式3Dプリンタ「Bellulo

    資料ダウンロードはこちら

  • 3Dデータ活用編

    Vol.8
    ソフトの導入費用と操作習得のコスト

    3Dスキャンによるリバースエンジニアリングの導入には、ソフト導入に関する2つの課題があります。
    Vol.8では、はじめてのリバースエンジニアリングを成功させるためのポイントと、効果的な課題の解消方法をご紹介いたします。

    【紹介製品】
    ■バンドルで導入コストを抑えられる「peel 2 CAD

    資料ダウンロードはこちら

  • 3Dデータ活用編

    Vol.9
    材料コストの課題と継続活用方法

    3Dプリンタは日々進化し続けており、対応材料も高機能のものが多く発売されていますが、運用の中ではコストに関する課題があります。
    Vol.9では、高機能材料使用の際の課題と、ムダなく低コストで運用するための解決策をご紹介いたします。

    【紹介製品】
    ■SLS方式3Dプリンタ「LISA」シリーズ

    資料ダウンロードはこちら

  • 3Dデータ活用編

    Vol.10
    3Dスキャン検査の品質

    3Dスキャン検査を効果的に行うには、3Dスキャンデータの性質を踏まえた上で“高品質なデータ”を取得することが大切です。
    Vol.10では、はじめに必ず押さえてきたいデータの性質上の課題と、その解決に効果的な3Dスキャナの特徴について解説いたします。

    【紹介製品】
    ■高品質なスキャンデータを取得できる3Dスキャナ「HandySCAN BLACK | Elite

    資料ダウンロードはこちら

  • 3Dデータ活用編

    Vol.11
    透明ワークの3Dスキャン

    ★ハイエンド/新型モデル3Dスキャナユーザーにおすすめ★
    3Dスキャナの性能が向上しても“とれない”透明のワークをスキャンする際には、パウダースプレーの使用が一般的です。
    Vol.11では、パウダースプレー使用時の課題と後処理不要の3Dスキャン用スプレーを使用した解決法をご紹介いたします。

    【紹介製品】
    ■後処理不要の昇華型3Dスキャン用スプレー「AESUB blue

    資料ダウンロードはこちら

  • 3Dデータ活用編

    Vol.12
    プレス成型金型のトライアウト

    スプリングバックの発生するプレス金型設計では、金型修正にかかる工数が課題となります。
    Vol.12では、スプリングバックを誰でも正確に測定・予測・補正し、工数を効果的に削減できる方法についてご紹介いたします。

    【紹介製品】
    ■金型向けダイレクトモデリングCAD「VISI Advanced Modelling

    資料ダウンロードはこちら

  • 3Dデータ活用編

    Vol.13
    デザイン試作サイクルタイムの短縮

    3Dプリンタを活用したデザイン試作では、「これまで以上の造形時間の短縮」が求められています。
    Vol.13では、造形方式ごとの違いについて解説し、クオリティを維持しながらサイクルタイムを大幅に短縮できる方法をご紹介いたします。

    【紹介製品】
    ■専用材料との組み合わせで高速造形が可能な3Dプリンタ「Form 3

    資料ダウンロードはこちら

  • 3Dデータ活用編

    Vol.14
    大型プリントモデルの軽量化と強度

    大型の3Dプリントでは、時間・コスト・重量の観点から、スライサのインフィル設定による軽量化が多く行われていますが、強度不足が課題となります。
    Vol.14では、大型モデルの軽量化と強度維持の両立を可能にするデータ作成ツールについてご紹介いたします。

    【紹介製品】
    ■履歴を持たない3Dダイレクトモデラー「Discovery SpaceClaim
    ■大型モデル対応エントリー3Dプリンタ「Bellulo

    資料ダウンロードはこちら

  • 3Dデータ活用編

    Vol.15
    黒色/光沢ワークの3Dスキャン

    ★エントリー/旧型モデル3Dスキャナユーザーにおすすめ★
    3Dスキャナが苦手とする黒色や光沢を持つワークのスキャンには、パウダースプレーを使用する方法が一般的です。
    Vol.15では、既存の3Dスキャナを活用しながら、上記のようなワークも手間なく後処理を完了できる3Dスキャン用スプレーのメリットをご紹介いたします。

    【紹介製品】
    ■後処理不要の昇華型3Dスキャン用スプレー「AESUB blue

    資料ダウンロードはこちら

  • 3Dデータ活用編

    Vol.16
    FDMプリントモデルの強度不足

    3Dデータ活用編Vol.16「FDMプリントモデルの強度不足」

    手軽に活用できるFDM方式は、3Dプリンタの中でも最も広く普及していますが、使用される場面によっては強度が課題となる場合があります。
    Vol.16では、FDM方式で作成したモデルの強度不足という課題と、「連続カーボン繊維材料」による大幅な強度向上についてご紹介いたします。

    【紹介製品】
    ■カーボン複合材を使用可能な3Dプリンタ「Composer」シリーズ

    資料ダウンロードはこちら

  • 3Dデータ活用編

    Vol.17
    レプリカ作成にかかる作業時間の短縮

    3Dデータ活用編Vol.17「レプリカ作成にかかる作業時間」

    文化財・美術品などのレプリカを作成する現場では、作業時間の短縮が求められています。しかし、従来の作成方法には、作業時間が長期化しやすいという課題があります。
    Vol.17では、長期化の要因を踏まえ、現物から手間なく測定できる3Dスキャナの特徴と、3Dデータ化による解決方法についてご紹介いたします。

    【紹介製品】
    ■文化財の測定に適した3Dスキャナ「Go!SCAN SPARK

    資料ダウンロードはこちら

  • ITツール活用編

  • ITツール活用編

    Vol.1
    コミュニケーションの最適化

    働き方改革関連法の施行や社会の変化の中により、活用が進むコミュニケーションツールですが、導入にはいくつかの課題や懸念点があります。
    Vol.1では、効果的な導入に向けた資料として、多くの方が直面する「新たなツールの導入を阻む4つの要因」について解説いたします。

    資料ダウンロードはこちら

  • ITツール活用編

    Vol.1-1
    ビジネスチャットの活用

    新たなツールの導入を阻む「セキュリティやコストなどに関する課題や懸念点」を解消するには、自社に適したツールの選択が大切です。
    Vol.1-1では、これらの課題を解消し、電話やメールなどと併用しながら業務効率化を図れるビジネスチャットツールの特徴と活用メリットをご説明いたします。

    【紹介製品】
    ■統合型ビジネスチャットツール「Lark

    資料ダウンロードはこちら

  • 人材育成編

  • 人材育成編

    Vol.1
    ものづくり人材の育成

    「より短い時間でより効率よく」利益を上げるために不可欠な人材育成は、指導担当者の「業務と指導の両立」が大きな負担となります。
    Vol.1では、OJTとOff-JTという2つの教育方法のメリット・デメリットについて解説し、より効果的な「人材育成の仕組み」を確立させるポイントをご紹介いたします。

    資料ダウンロードはこちら

  • 人材育成編

    Vol.1-1
    人材育成サービス

    指導担当者の負担を軽減するには、OJTとOFF-JTの組み合わせが大切です。
    Vol.1-1では、OFF-JTにご利用いただける弊社の人材育成サービス「講習サービス」の“ここがおすすめ!”なポイントや導入事例をご紹介いたします。

    【紹介サービス】
    ■ものづくり人材の育成をサポート「人材育成サービス

    資料ダウンロードはこちら

  • 人材育成編

    Vol.2
    CNC学習の品質向上

    工業系の学校や職業能力訓練校などでは即戦力人材の輩出が求められますが、学習内容の定着に関する課題があります。
    Vol.2では、限られた時間の中でも育成を効率化し、指導・学習品質を向上させるための効果的な方法をご紹介いたします。

    資料ダウンロードはこちら

  • 人材育成編

    Vol.2-1
    CNCシミュレータの活用

    知識・技術の定着に関する課題に効果的なのが「学習のためのマシンシミュレータ」の活用です。
    vol.2-1では、プログラム作成や機械操作、機械加工の段取りなどを再現できるCNCシミュレータ特徴と運用イメージを解説いたします。

    【紹介製品】
    ■機械操作学習シミュレーションシステム「RenAn

    資料ダウンロードはこちら