HandySCAN BLACKシリーズ

鋳造/鍛造品の検査 -追加工前の測定-

図面のないモデルを素早くデータ化&設計

鋳造や鍛造品は通常、機械加工で仕上げられ最終部品となります。HandySCAN BLACKを用いて、未加工の鋳造ワークを機械加工をする前に測定することで、正しく削り代が残されているのかを素早く測定できます。不要な機械加工時間・工数のムダを事前に回避する中間検査としても効果的です。
目視検査や専用治具を用いた検査よりも正確で簡単に検査できる上、設計データと比較・評価した結果の文書化も実現するため、時間短縮だけでなく、部署・企業間ので信頼された検査結果を基にした連携ができます。

自由形状を多く含むリバースモデリング

製品のカスタムパーツを作成

実物部品やモックアップを使用し既存の設計の分析/再現にも活用されています。ワンオフ品や製造が中止された部品、3Dデータが作成されていない古い製品などから設計意図を抽出するには現物から測定する他に手段がありません。
HandySCAN BLACKの活用により、自動車ボディをはじめとする自由形状を多く含むワークの形状も、正確かつ効率的に取得する事が可能です。部品の機能的なデザインの再現だけでなく、製造方法の予測/検証も可能になり、設計者がすぐに作業を開始できます。