HOME > ソフトウェア > CAD/CAM > BobCAD-CAM(ボブCAD/CAM)
手打ち加工・対話プログラムから部品加工をもっと効率化

CAD/CAM導入で機械稼働率を上げませんか?

CAD/CAMとは

BobCAD-CAM

CAD(キャド)はパソコンの画面上で図面を作成するためのソフトウェアです。 3次元CADはX・Y・Zの立体空間上に製図を行います。図面だけでは把握が困難な複雑な曲面や曲線などを視覚的に表現できるため、現在3次元CADが幅広く導入されています。
CAM(キャム)は、パソコン上でNC工作機械の加工プログラムを作成するソフトウェアです。複雑な形状に対する加工に対しても簡単にパソコン上でプログラムを作り、工作機械に転送加工できます。CADで作成された形状に対し、「使用工具」「工具の動き方」「加工スピード」などを設定することで工具の軌跡情報を作成します。 また、ツールパスはパソコン上で視覚的に検証することができるため、作成したデータに問題がある場合でも実加工前に発見できます。CAMで作成した加工データは、 最終的に「NCデータ」として工作機械(NC制御装置)に転送し加工を行います。

従来の手打ち・対話との工程比較
従来の手打ち・対話との工程比較

対話のように作図できる「シェイプライブラリ」

対話のように作図できる「シェイプライブラリ」
シェイプライブラリ1

Bob CAD-CAMのCAD機能のひとつ、シェイプライブラリは形状テンプレートを選択し、必要項目(寸法)を入力することで、簡単に作図ができる機能です。
類似形状の作図が多い場合、CAD作図に不慣れな場合も通常の作図よりも効率的に形状を作成することができます。

シェイプライブラリ2

フィレットも簡単にツールパス作成

フィレットも簡単にツールパス作成

フィレット形状の加工は、計算して手打ちしなければいけない、専用工具をRに合わせて都度揃えないといけないなど、手間やコストがかかってしまいます。 3DCAMのツールパスを用いればすぐにツールパスを作成できます。

フィレットツールパス作成

低コストで導入!運用コストは不要

低コストで導入!運用コストは不要
コスト比較イメージ

一般的なCAD/CAMでは、ライセンス本体の導入費用に加え、年間保守などの 運用費用も必要になります。 Bob CAD-CAMなら低価格に導入いただき、年間保守などの運用費用は必要ありません。お客様が必要な時のみバージョンアップしていただけます。

お問合せはこちら