3D検査ソフトウェア 「Geomagic Control X」

3Dデータを活用した検査

3Dデータを活用した検査

『Geomagic Control X』は、3Dデータを使用して寸法や曲面などを測定・検査するためのソフトウェアです。3Dスキャナやポータブルタイプの接触式測定機で取得したデータと、3D CADデータなどの参照データを比較して、ゆがみの傾向を確認したり、公差に対する合否を判定したりすることができます。
3Dデータを検査に活用することで、接触式測定機など従来の方法だけでは測定が難しかった「面」や「断面」をより正確に、より効率的に評価することが可能になります。

面(曲面)のゆがみを評価
カラーマッピングによる面評価

タッチプローブによる面の測定は、ポイントや倣いによる測定で座標を取得し、設計データ上の座標と照らし合わせることで評価をします。しかし、こうした測定方法では任意の箇所を測定しているため、“面として”評価ができているわけではありません。
3Dデータを使用した測定では、ワーク全体をデータ化することができるため、面全体の状態をより正確に確認することができます。それにより、うねりやヒケ、反りなどの発生状況を把握することができ、製品の設計・製造条件の改善や、金型・治具のメンテナンスに活用できます。

断面を非破壊で評価
非破壊での断面評価

断面を測定する方法の1つに、破壊検査があります。しかし破壊検査では、切断時の衝撃でワークが変形してしまったり、切断作業自体に時間がかかってしまったりする可能性があります。
また、レーザプローブなどによる非接触・非破壊での検査も活用されていますが、全周を測定するにはワークを反転する必要があるため、段取り替えの工数がかかる上、ワーク移動による誤差が発生するおそれがあります。
3Dデータによる検査では、このような段取り替えによる工数増加や誤差の発生などを抑えることができます。ワーク全体を1つのデータとして取得するため、取得後は箇所や回数を問わず任意の条件で測定することが可能です。

検査工程を効率化

自動化機能で検査効率化

検査項目や検査箇所を記録し、工程を自動化することができるため、検査実施にかかる時間や工数を削減することが可能です。リピート品やロットの大きな製品など、繰り返し行う検査にもスピーディーに対応することができます。
データの比較や合否判定、検査票の作成など、多くの時間や人手がかかる工程を自動化し、検査を効率化できます。

自社の検査票仕様にカスタマイズ

自社仕様の検査票を手間なく作成

検査結果を既存の検査票フォーマットに組み込むことができ、手間をかけずに検査票を作成することができます。
本ソフトで出力した検査レポートから必要な値だけを抽出し、検査票内の指定した項目に自動的に入力させることができるため、手入力によるミスもなく、効率的に検査結果をまとめることができます。