HOME > ソフトウェア > トランスレータ > TomoShop Viewer(トモショップビューワー)
DICOM形式データを簡単にSTLに変換できるTomoShopViewer

高画質・高速処理機能と多彩な分析機能が一つになった
低価格CTスキャンデータ変換 / 分析ソフト

TomoShop Viewerの主な特徴

医療CT、MRIのデータを3Dプリンタでモデル化するには、DICOM形式のデータをSTL形式に変換しなければなりません。
TomoShop ViewerはCTスキャンデータをSTL形式に簡単に変換できます。
GPU(グラフィックボード)を使用した高速処理能力を持ち、様々な分析や計測機能を搭載。
多彩な機能と低価格を両立したCTスキャンデータ変換・分析ソフトです。

CTスキャンデータ(DICOMデータ)からSTLへの変換し、3Dプリンタで造形するまでのデータの流れ

主な機能

CTスキャンデータ変換・出力機能

CTスキャンデータ(DICOMファイル)からSTL・IGES・VRML等の形式に変換・出力することができます。
変換後のデータは3DCADによる編集や切削加工、3Dプリンタによる造形に活用できます。

アーチファクト・ノイズ軽減機能

CTスキャンデータの再構成画像にはアーチファクト・ノイズが生じます。
TomoShop Viewerには、リングアーチファクトや縦アーチファクトといったアーチファクト・ノイズの
軽減機能を実装しています。

TomoShop_縦アーチファクト軽減機能
ボリュームレンダリング表示機能
TomoShop_ボリュームレンダリング表示機能

ボリューム・レンダリングは、 精細な形状を忠実に 再現できる表示方法で、 特に生体・自然物を描画する場合 に適しています。 TomoShop Viewerはボリュームデータを高画質で 表示させることができます。 また、ボリュームレンダリング表示上でデータを着色し、 その色データを3Dモデルに反映させることも可能です。

セグメンテーション機能

モデル化したい部位だけを抽出・表示することができます。

TomoShop_セグメンテーション機能
多種多様な計測・解析

2D画像の距離や角度、3D画像の内径寸法計測等の計測・分析が可能です。

計測・解析一例

TomoShop_計測・解析機能イメージ
  • 内径寸法計測
  • 球面フィッティング
  • 円柱面フィッティング

検査・品質管理でCTスキャンデータを活用するには?

CTスキャンデータの活用:VGStudio MAX

動作環境・入出力データ形式

動作環境
OS Windows8/8.1/10 (64bit)
CPU Intel Coreシリーズ以降
メモリ 4GB RAM以上(8GB以上を推奨)
GPU NVIDIA社製、CUDAサポート(Computer Capability(計算能力)5.0以上
電源 650W以上(推奨)
入力データ形式
2Dスライス DICOM(.dcm)、TIFF、PNG、BMP、JPEG
3Dデータ VOL ※VOLはTomoShopViewerの3Dデータ形式
出力データ形式
3Dデータ STL、DICOM(.dcm)、IGES、VOL
連番スライス画像 TIFF、PNG、BMP、JPEG
ビデオ WMV、MP4 ※断層像を順番に連続モーションで観察可能

※本ページ画像提供:株式会社アイケダ様 株式会社緑野リサーチ様

カタログのお申込み受付フォーム

カタログPDFダウンロードはこちら

お問合せはこちら

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。