Mesh2Surface For SOLIDWORKS_ロゴ


Mesh2Surface For SOLIDWORKS_ロゴ

スキャンデータ活用のためのアドイン

Mesh2Surface For SOLIDWORKS_TOP

Mesh2Surface For SOLIDWORKS_ロゴ

Mesh2Surface for SOKIDWORKSに関するお知らせ

2024年4月4日(木)までのご注文をもちまして、「Mesh2Surface for SOLIDWORKS」の販売停止させていただきます。
なお、既存ライセンスに関しては継続してご利用いただけます。
今後の動向については改めてお知らせさせていただきます。
本製品をご検討中のお客様には大変ご迷惑をお掛け致しますことをお詫び申し上げます。

使い慣れたCADでリバースエンジニアリングを

Mesh2Surface は、3D スキャンメッシュデータを取り入れ、CAD モデルに変換できる SOLIDWORKS 用のリバース エンジニアリング アドインです。プロ仕様の CAD モデルの再構築に役立つサーフェスとカーブを生成するための効率的なツールを提供します。

Mesh2Surface For SOLIDWORKS_アドイン

アドインで変わる、スキャンデータ活用の可能性

Mesh2Surfaceはアドイン仕様のため、SOLIDWORKSを強力に補完する形でこれまで扱うことの難しかった3Dスキャンデータの活用を可能にし、シームレスなモデリング作業を行うことができます。
スキャンデータを STL、OBJ、PLY、または PTX ファイル形式から素早くインポートし、立体形状を認識。そこからメッシュ選択や幾何形状抽出など、構成要素の参照が容易にできるため、座標軸作成・スケッチ・偏差確認を確実に行い形状に則した忠実なモデリングを行うことができます。

Mesh2Surface For SOLIDWORKS_作業効率向上

モデリング作業効率を大幅UP

Mesh2Surfaceのアルゴリズムによって、データの読み込みやコマンドレスポンスを高速化。インターフェイスは使いやすさを追求しシンプルな構成となっており自由形状サーフェスの構築や偏差確認などを簡単に行うことができます。機能的なツールの組み合わせでスキャンデータからリバースモデリングを行う時間を大幅に短縮し、費用と労力を削減します。


優秀なSOLIDWORKSの機能をフル活用できる

Mesh2Surfaceのシンプルな操作感と履歴ベースの構成はSOLIDWORKSに則しているため直感的に使用できます。アドインするとMesh2Surfaceのタブが追加されスケッチやフィーチャータブと行き来することができます。スケッチやモデリングはSOLIDWORKSの機能を使って行うため使い慣れた操作で正確なモデリングができ、そのままアセンブリや図面作成に利用することが可能です。

メッシュデータから形状を抽出・選択

  • Mesh2Surface For SOLIDWORKS_メッシュ選択
  • Mesh2Surface For SOLIDWORKS_幾何形状

メッシュ選択 / 幾何形状

インポートしたメッシュデータから形状を直接抽出・選択することができます。自動選択や範囲選択などでメッシュデータの平面や曲面を直感的に指定することができるので、そこからスケッチ面を作成したり、ソリッドやサーフェスを作成することも可能です。メッシュデータから平面/円柱/円錐/球などの幾何形状を抽出し、参照ジオメトリ、サーフェス、ソリッドの作成を行うこともできます。

Mesh2Surface For SOLIDWORKS_参照整列

参照整列 / インタラクティブ整列

形状から割り出した参照要素をもとに、データをワールド座標系に配置することができます。読み込んだメッシュデータは原点から離れていたり斜めに傾いていたりと意図しない場所に配置されますが、確実な位置合わせを行えることで、リバースモデリングを進める中で後々発生しやすいズレや偏差を回避することができます。

  • Mesh2Surface For SOLIDWORKS_交差断面

交差断面 / 2Dスケッチフィット

形状認識したメッシュデータの断面から抽出された輪郭線に沿ってスケッチを作成することも可能です。「2Dスケッチフィット」機能では線分、円弧、円などのスケッチ要素を輪郭をなぞりながらあてはめ、つなげていくことができます。スケッチラインは偏差確認を行うことができ、メッシュデータの形状に沿ったスケッチを作成できます。


自由曲面を表現できる3Dスケッチとサーフェス機能

013Dスケッチフィット

01

スキャンデータに直接スケッチを描画することが可能です。メッシュデータの形状認識によって位置を正確に調整し、リアルタイムな偏差確認で精度の高いスケッチを作成することが可能です。

02自動サーフェス

02

メッシュデータ全体にパッチを貼り、サーフェスモデルを自動作成します。複雑な自由曲面で構成されているモデル全体をCAD化したい場合に使用します。作成されたサーフェスモデルは、パッチの多さ(細かさ)を変更したり、制御点を手動で移動させたりすることができます。形状に応じて、より滑らかな表現になるよう調整することが可能です。

03フィットサーフェス

03

メッシュデータから部分的にサーフェスを作成します。データ上の一部の自由曲面を、ベースとなるCADモデルに取り込みたい場合などに使用することができます。自動計算機能で最適な点数を導き出したり、偏差カラーマップを参考にすることで、より忠実な形状を作成することが可能です。結果のサーフェスは延長されるため、トリミングに適しています。

04フリーフォーム

04

メッシュ上の任意の箇所に制御点を打ち、手動でサーフェスモデルを作成します。データの形状を確認しながらユーザーがサーフェスを作成することができるため、「サーフェスの貼り方(モデル上の区切り方)を調整する」「CADデータ化にあたって必要な形状のみを残す」など、データを任意に作成することができます。通常では作成が困難なフリーフォームサーフェスを作成することが可能です。


リアルタイムの偏差確認で正確かつ効率的にモデリング

Mesh2Surface For SOLIDWORKS_偏差解析

偏差解析

3Dスキャンモデルと作成形状との偏差をリアルタイムで確認することができます。公差は任意に設定でき、許容値に対してプラスは赤~マイナスは青のグラデーションで表示されるため、偏差の度合いを視覚的に把握することができます。調整しながらモデリングを進められることで、正確に形状を作成できるだけでなく、修正の手間も削減できます。

<<QUICKSURFACE一覧ページへ戻る

主な機能

 

製品の主な機能Mesh2Surface
for SOLIDWORKS
ソフトウェアタイプアドイン
ソフトウェア互換性SOLIDWORKS 2017以上
入力ファイル形式STL、OBJ、PLY
PTXポイントクラウドインポート
メッシュ選択
幾何形状の抽出
対称面の作成
ワールド座標への整列
既存CADへの整列
2D断面の作成
2Dスケッチの作成
2D形状認識(長方形・スロット・六角形)
3Dスケッチの作成
公差パッチフィット
フィレット測定
偏差確認
自動サーフェス
フリーフォームモデリング

カタログ

Catalog

リバースモデリングを可能にする

Mesh2Surface for SOLIDWORKS

SOLIDWORKSアドインソフト

カタログダウンロード(pdf) download(pdf)

関連資料

Mesh2Surface for SOLIDWORKS

3Dスキャンデータを 使った設計が可能になる!

「Mesh2Surface」は、SOLIDWORKS上での3Dスキャンデータの利用設計を可能にするアドインソフトです。データ形状が認識できるため、リバースモデリングの要である座標軸を正確かつ簡単に作成することができます。

資料ダウンロード(pdf) download(pdf)

Mesh2Surface for SOLIDWORKS

SOLIDWORKSで3Dスキャンデータの断面を利用した設計ができる!

アドインによりSOLIDWORKS上で3Dスキャンデータの形状認識ができるようになることで、モデルの断面を素早く取得し、それをベースにしたスケッチを効率的に行うことが可能になります。

資料ダウンロード(pdf) download(pdf)

Mesh2Surface for SOLIDWORKS

3Dスキャンデータとの偏差を確認しながら設計できる!

Mesh2Surfaceの機能の一つである「偏差解析」を活用することで、3Dスキャンデータと設計(CAD) データを重ねて、偏差をカラーマップで見ながら簡単にモデリングすることが可能になります。

資料ダウンロード(pdf) download(pdf)

お問い合わせ

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

NEWS 2023.05.30 [マルスゴ]3Dスキャンデータとの偏差を確認しながら設計できる「偏差解析」のご紹介