卓上射出成形機

M2-I


卓上で完結できる射出成形

本体は855×530×535mmのコンパクトサイズで、デスクトップ上に設置することができます。
型締ユニット・射出ユニット・コントローラから構成される、本格的な射出成形機構を備えています。サーボモータによる電動式で型開閉や型締め、射出、エジェクトといった一連の成形動作を制御します。作成された成形品は、エジェクトピンで自動で押し出され、本体前面の排出口より1か所に集約されます。

卓上サイズに集約されたこだわり機構
よりパワフルに、より正確に、より安全に!多様な成形を可能にします

小型ながら最大150kNの型締力

型締めユニットは、電動制御の直圧式機構を採用しています。1.8kwのサーボモータパワーを駆動力とした、プーリとベルトのトルクアップにより、最大150kNの型締力を発揮します。送り駆動にはΦ50mmのボールねじ、金型をセットするプラテンには、硬化アルミニウム合金を使用し高い型締力に対応するための剛性を備えています。直圧式により、ボールねじからの推進力がプラテン中心から金型全面へ均一に伝わり、安定した型締めを行うことが可能です。

ミリ単位のプラテン位置管理

型をセットする可動プラテンの位置は付属の光ファイバセンサでリアルタイムに管理されます。型の開閉や型締めの動作制御を正確に行うことが可能です。
成形品を離型するためのエジェクタ動作では、ミリ単位でそのストロークを調整することが可能です。そのため成形品に合わせた最適な距離を割り出して成形サイクルの短縮を行うことも可能です。


可動側プラテンの移動速度切替

型閉め方向の可動側プラテンの移動速度を設定できます。
設定項目:プラテン移動距離/スピード(2パターン)

突き出し量の調整

エジェクタピンの突き出し量を設定できます。
設定項目:突き出し量/回数


3ステージのシリンダ温度設定

射出ユニットはスクリュ式です。ホッパに投入した材料を溶かしながら金型まで運ぶシリンダ内の温度は、3か所に設置されたヒータと温度センサで個別に管理しています。供給部(後部)・圧縮部(中間部)・計量部(先端部)の設定が可能、ノズル先端に向けて段階的に温度を上げていくことで、溶融、混練、計量、射出の工程を完結します。

成形品質を向上させる3段階注入

ワンショットあたりの材料の注入速度と圧力は、3段階に分けて設定することができます。射出プロセスを細かく制御することで、製品の複雑な形状や厚みの違いなどにも対応した均等な充填を行い、滑らかで均一な表面品質を追求することができます。

寸法精度を追求できる保圧設定

射出工程の最終段階である保圧は、すでに充填された材料が冷えて収縮することを加味し、圧力をかけながら材料を補填します。圧力や時間を細かく設定できるため、ひけやバリなどの成形不良を回避しながら、製品寸法の精度を高め、再現性を追求することができます。

様々な材料に対応

最大加熱温度は300℃、汎用プラスチック~汎用エンプラまでの成形が可能です。
市販されているABSやPP、POMやPAなどのペレットを自由に選択することができます。

自動モードで小ロット生産が可能

自動モードではエンドパーツの小ロット生産を行うことが可能です。
画像のようなキャップオープナー(70mm×40mm・約3.65g・一個取り)の成形のケースでは、一回あたりの射出サイクルタイムは約50秒。この場合1時間で70個程度の成形が可能です。付属のホッパ容量は1000gで、1回の材料投入でまとまった成形を行うことができます。

設定と状況がわかりやすいタッチパネル

7インチのタッチパネルはシンプルな構成で簡単に操作できます。成形の流れに沿ったプロセス毎に一つの画面上で成形条件を設定でき、ホーム画面では加温状況や連続成形の進行状況などの現在の実行ステータスを一目で確認することが可能です。他にも、マニュアル動作画面や基本設定画面、射出圧力曲線表示画面、アラーム画面とタブ分けされています。

作成した成形条件は保存・利用できる

実際に行った成形の条件は、ファイル名をつけて最大25件まで保存できます。
試作や新材料へのチャレンジなど、テスト成形時に様々なパラメータを残し応用していくことも可能です。リピート成形の際もタッチパネルから簡単に成形条件を呼び出せるので便利です。

Moiron M2-I 仕様

Moiron M2-I
射出 最大加熱温度 300℃
加熱精度 ±0.5℃
加熱部 4ステージ(シリンダー部:3 + 金型部:1)
スクリュ径 Φ16mm
最大射出質量 20cc
最大射出圧 60Mpa
最大保圧 30Mpa
射出速度 80mm/秒
射出率 5㎤/秒
スクリュ回転速度 300min⁻¹
スクリュトルク 12N・m
型締 型締力 150KN(tf)
タイバ間隔(H×V) 126×126㎜
プラテン寸法 200×200mm
最大金型サイズ 200×130mm
プラテン速度 130mm/秒
デーライト 170mm
最小金型厚 75mm
最大金型厚 135mm
クランプ方式 直圧式
エジェクタ力 10kN
ストローク 60mm
共通 本体サイズ 855×530×535mm
本体重量 100kg
コントロールパネル 7インチタッチスクリーン
電源 単相220V
定格電力 2kw
モータータイプ フルサーボモータ
対応材料 PP/PE/HDPE/ABS/PLA/PA/COC
通常動作環境 10~60℃、湿度75%以下
保存可能ファイル数 25個
ホッパー容量 1000g

カタログ

Catalog

本格的な射出機構で小型成形ができる

Moiron M2-I

卓上射出成形機

カタログダウンロード(pdf) download(pdf)

関連資料

マルスゴMoiron M2-Iの型締力

Moiron M2-I

コンパクトながら150kNを誇る型締システム

卓上射出成形機「Moiron M2-I」は、最大150kNの型締力を発揮します。頑丈な構造とサーボ駆動による推進力によるパワフルな型締めで、本格的な射出成形を行うことが可能です。



【こんな人におすすめ】
 ・小型成形を小ロットで行いたい
 ・最終製品により近い試作品で検討したい
 ・金型コストを抑えて成形したい

資料ダウンロード(pdf) download(pdf)

Moiron M2-I

コンパクトな筐体で本格的な射出能力

「Moiron M2-I」はデスクトップサイズで本格的な射出成形ができる卓上射出成形機です。卓上タイプでありながらモータ駆動によるパワフルな射出と、細やかな設定・制御で本格的な射出コントロールが可能です。


【こんな人におすすめ】
 ・小型成形を小ロットで行いたい
 ・最終製品により近い試作品で検討したい
 ・金型コストを抑えて成形したい

資料ダウンロード(pdf) download(pdf)

お問い合わせ

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。