ProtoFab logo


ProtoFab logo

大型モデルを速くキレイに
光造形方式大型3Dプリンタ

SLA-DLCシリーズ

ProtoFab 大型光造形3Dプリンタ SLAシリーズ

生産性とクオリティを追求した光造形大型3Dプリンタ

高速・高品質造形を実現

モデルの形状に応じてレーザー出力とスポット径をフレキシブルに可変させ最適にコントロールする技術である「DLC:Dynamic Laser Control」(レーザー可変制御)を搭載しています。
レーザー出力とスポット径が固定の場合、走査速度が遅くなったり、何度も往復走査し硬化させなければなりません。「DLC」は、読み込まれた輪郭スライスデータから形状を算出し、表面やディテールなどの部位では小径スポットにてクオリティ優先の走査を、厚壁やソリッド部などでは出力を上げ大径スポットで走査し高速硬化を行います。
このProtoFab独自の技術により、滑らかなサーフェス・シャープなエッジを再現しながら高速造形を可能にしました。

  • ProtoFab 大型光造形3Dプリンタのサンプル1
  • ProtoFab 大型光造形3Dプリンタのサンプル2
  • ProtoFab 大型光造形3Dプリンタのサンプル3
  • ProtoFab 大型光造形3Dプリンタのサンプル4

大型モデルの一括造形に対応

ProtoFab SLA 3Dプリンタシリーズは、世界的ベストセラーの600mmサイズから世界最大級の2,400mmサイズまで、全機種大型モデルの造形に対応しています。
これまでは分割で造形し組み立て作業を行っていたような大型モデルも一括で造形することが出来るようになり、生産性・作業効率の向上を実現することが出来るようになります。

1時間で最大510gの高速造形

DLC制御による高速造形は、シングルレーザー搭載機で1時間に75~180gもの材料レジンを硬化し造形することができます。さらに、トリプルレーザー搭載のSLA2400の場合は実に100~510g/時間という、圧倒的なスピードで造形することができます。
単に走査(スキャニング)速度を高めるだけでは材料レジンが正常に硬化できないため高速造形は成し得ません。レーザー出力・スポット径・走査速度をDLCが総合的に制御することによって実現することができるのです。これらを意識すること無く、クリックひとつで高い生産性の運用を実現することができます。

DLCの指令を忠実に実行する光学ユニット

光造形方式の3Dプリンタにとって重要なユニットであるレーザー発振器には、ProtoFabと専門メーカーが共同開発した「2W @100kHz ダイオード励起個体レーザー Nd:YV04」を採用し、的確なレーザーを照射。レーザー走査制御部にはドイツ ScanLab製の「basiCube 10 ガルバノスキャナ」を搭載。
DLCが算出した高速且つ複雑な指令に対し、正確なレーザー発振と素早く正確に動作するガルバのシステムだからこそ、DLCの優位性を発揮することが出来るのです。

信頼性と容易性 造形制御システム「Sirius」

高いセキュリティを誇るLinuxベースの「Sirius」は、ProtoFabが培ってきた経験とシステム開発力を注ぎ込み、独自の機能・独自の制御を組み込んだSLA制御システムです。圧倒的な読み込み速度と誤差の少ない造形予測時間は、業務効率と生産計画に多いに役立ちます。
また、完全自動化されたパラメータにより造形プロセスの効率化と自動化を実現するとともに、直感的なインターフェイスで、誰もが容易に同じ品質で運用することができるオペレーションシステムを搭載しています。

  • ProtoFab 大型光造形3Dプリンタ SLA600シリーズ
  • ProtoFab 大型光造形3Dプリンタ SLA800シリーズ
  • ProtoFab 大型光造形3Dプリンタ SLA1100シリーズ
  • ProtoFab 大型光造形3Dプリンタ SLA1600&2400シリーズ

ニーズに合わせたバリエーション

ProtoFab SLA 3Dプリンタシリーズは、ユーザーの運用環境やニーズに応じて選択していただけるよう、それぞれのサイズシリーズに複数のモデルを用意。5シリーズ全11バリエーションをラインアップしています。
また、さらなる効率化を実現することができる各種自動化や遠隔操作など、自由にオプションを組み合わせることで、ユーザーの多様なニーズに対応します。


自動化オプションで生産効率を向上

足元センサー自動ドア

樹脂で汚れていたり、大型造形モデルの取り出し時などで両手が塞がっているなどの場合でも、足元のセンサーによりドアの開閉が可能になります

材料自動供給システム

樹脂タンクのレベルを常に計測し、自動的に樹脂を補充するシステムです。オペレーターの負担を軽減するだけでなく、連続運転時でも材料不足の心配が不要になります

レーザーウィンドウ自動ロック

メインドアオープン時などでレーザー照射が行われないようウィンドウ自体を閉じてロックするオプションです。
また、万一レーザー出力が弱いと検出された場合も造形エラーを防ぐためロックされます

遠隔操作システム

造形データの転送から各種造形条件の設定、造形スタートなど、本来はマシン上で行う操作をスマートフォンやPC、タブレットなど、遠隔からの操作が可能になるシステムです。3Dプリンタの側で待機する必要がなくなります

遠隔監視システム

造形チャンバ内に設置されているCCDカメラの映像を、スマートフォンやPCなど遠隔地から監視することができるシステムです。カメラのライブビューングだけでなく、造形進行状況や温度・湿度などの造形環境も確認することができます。
※3Dプリンタの操作はできません


特徴的な機能性を持つ純正材料レジン

サービスビューローとして活動するなかでユーザーからの御要望に応えるべく、特徴的な機能性を持つ材料レジンを著名な研究機関と綿密な連携の下、自社開発した純正材料レジンを取り揃えています。

ProtoFab 大型光造形3Dプリンタ 6202:ABSライク

016202:ABSライク樹脂

01

ABSのような機械特性を持ちながら寸法再現性に優れている樹脂です。サンディング等の後処理も最小限で済むよう設計されています

サイズ :625x227x315mm
重量  :650g
造形時間:18時間07分
使用機器:SLA800F-DLC

ProtoFab 大型光造形3Dプリンタ 6602:高靭性ABSライク

026602:高靭性ABSライク樹脂

02

6202の特性に強度と靭性を強化した樹脂で、耐久性もアップしています

サイズ :939x349x144mm
重量  :1648g
造形時間:20時間30分
使用機器:SLA800F-DLC

ProtoFab 大型光造形3Dプリンタ 高耐熱ABSライク

036608:高耐熱ABSライク樹脂

03

6202と同レベルの機械特性を維持しながら、荷重熱たわみ温度 120~140℃の耐熱性を実現しています

サイズ :153x129x71mm
重量  :459g
造形時間:3時間20分
使用機器:SLA600EX-DLC

ProtoFab 大型光造形3Dプリンタ 6801:透明樹脂

046801:透明樹脂

04

透明化のための後加工がほとんど不要な透明感を持ち、高い透過性を再現する透明樹脂です。耐湿性にも優れています

サイズ :138x149x96mm
重量  :299g
造形時間:10時間10分
使用機器:SLA800F-DLC

ProtoFab 大型光造形3Dプリンタ 6808:鋳型マスタ樹脂

056808:鋳造マスタ用

05

衝撃強度が高く寸法再現性にも優れています。燃焼後の残留灰分が少ないためインベストメント鋳造に利用できます

サイズ :176x176x164mm
重量  :299g
造形時間:7時間55分
使用機器:SLA600A-DLC

062001:高精細モデル用

06

デジタルパターンやシボ・ディテールなど、高精細な表現力を得意とする。耐久性も優れた樹脂

サイズ :289x109x63mm
重量  :245g
造形時間:9時間50分
使用機器:SLA600EX-DLC

ProtoFab SLA600/800 機械仕様

ProtoFab
SLA Series
SLA600A-DLC SLA600F-DLC SLA600EX-DLC SLA800A-DLC SLA800F-DLC SLA800EX-DLC
 





造形サイズ(mm) 600x600x400 800x600x400 800x800x550
レーザー
ユニット数
1 1
※(2基化可能)
造形速度
(g/時間)
75~180 75~180
※(デュアルレーザー時:100~350)
樹脂タンク
容量(㍑)
218.5 227.0 220.0 310.0 540.0
消費電力(KW.h/24h) 7.0 7.2 7.0 7.5 7.2
本体サイズ(mm) 1,630x1,280x1,920 1,090x1,530x1,970 1,070x1,500x2,020 1,830x1,300x2,060 1,330x1,720x2,330 1,290x1,800x2,350
本体重量(kg) 1,150 850 1,000 1,200 1,340 1,400
オプション ●:標準装備 ■:対応可能 ×:対応不可
足元センサ式
自動ドア
× ×
材料自動
供給装置
× ×
レーザー
自動ロック
× ×
遠隔操作
システム
遠隔監視
システム

 
ProtoFab SLA1100/1600/2400 機械仕様

ProtoFab
SLA Series
SLA1100A-DLC SLA1100B-DLC SLA1600A-DLC SLA1600B-DLC SLA2400-DLC
 




造形サイズ
(mm)
1,100x600x550 1,100x800x800 1,600x800x550 1,600x800x800 2,400x800x800
レーザー
ユニット数
2 2 3
造形速度
(g/時間)
100~350 100~350 100~510
樹脂タンク
容量(㍑)
686.0 1,186.5 1,396.0 1,670.0 2,500.0
消費電力
(KW.h/24h)
10.5 10.5 15.0
本体サイズ
(mm)
1,960x1,700x2,500 1,940x1,940x3,140 2,370x1,870x2,660 2,440x1,940x3,140 3,280x2,700x3,620
本体重量
(kg)
2,780
オプション ●:標準装備 ■:対応可能 ×:対応不可
足元センサ式
自動ドア
材料自動
供給装置
レーザー
自動ロック
遠隔操作
システム
遠隔監視
システム

 
ProtoFab SLAシリーズ 共通仕様

光学系(レーザー/スキャニングシステム)
スキャナブランド ドイツ ScanLab製 高速スキャナー
スキャナユニット basiCube 10
スキャン速度(m/s) 推奨:6.0、 最大:15.2
レーザーブランド Bellin
レーザーの種類 ダイオード励起固体レーザーNd:YVO4
レーザー出力 2W@100KHz(3W@50KHz)
UVの波長(nm) 354.7
ビーム径(mm) 固定スポット時: 0.08~0.15、 可変スポット時: (小径)0.08~0.15mm、(大径): 0.45mm
リコーティングシステム
プロセス インテリジェント減圧真空プレス方式
積層ピッチ(mm) 標準モード: 0.100、 精密モード: 0.075、 高速モード: 0.125
特殊造形時(mm) 0.05~0.20
正確性
Z軸繰返し位置決精度(mm) ±0.01
寸法再現性 部品サイズ 100mm 未満 ±0.1mm 部品サイズ 100mm 以上 ±0.1% x L
ソフトウェア
制御システム Sirius
オペレーティングシステム Linux  ※オプションでWindows化可能
樹脂データベース 純正材料は含む
ネットワーク/プロトコル Ethernet,TCP/IP,IEEE802.3 ※Wi-Fi接続可
設置環境
電源要件 100, 200 - 240 VAC 50 / 60 Hz 16A  (地域の電圧規格に応じて発注時に指定可能)
設置環境温度(℃) 20~25
設置環境湿度 40%未満
その他
付属品 二次硬化用UV炉、超音波洗浄機、無停電装置(UPS)、初期材料(造形サイズにより付属量は異なります)

カタログ

Catalog

大型モデルを速くキレイに

SLAシリーズ

光造形方式大型3Dプリンタ

カタログダウンロード(pdf) download(pdf)

お問い合わせ

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。