vectric

初めてのNC加工に最適なプログラミングソフト

『Vectric』シリーズは、卓上加工機の主な活用用途であるルーター加工・彫刻加工のプログラム作成が簡単にできるソフトです。卓上加工機を用いてはじめてNC加工を手掛けるユーザーにとって課題となる操作や設定の難しさとコスト面のハードルを解消しています。加工用途別に2つのソフトをラインアップしています。

 
目的の加工を簡単に設定可能
シンプルなインターフェイスで簡単プログラム作成

ルーター加工や彫刻加工を前提にシンプルにまとめられた機能と、各コマンドがアイコン表示されたわかりやすいインターフェイスで、初心者も迷うことなくプログラム作成が可能です。目的の加工方法を選択すれば、表示される設定画面を埋めていくだけで加工設定が完了します。また、DXF・AI・EPS・SVGファイルなどの様々なデータを読み込んで加工設定が可能です。

低価格設定でマシンとバランスのとれた投資コスト
マシンとのバランスのとれた投資コスト

NC加工をはじめるうえで、低価格な加工機を選定してもソフトの導入費用が投資コストを引き上げてしまうという課題がありました。本体価格2万円以下※から導入できる低価格設定なので、卓上加工機とバランスのとれた投資コストを実現します。

※ Cut2D desktopの場合

ルーター加工向け『Cut2D』

ルーター加工向け『Cut2D』

輪郭・穴あけ・ポケットなどの2次元加工が可能です。ルーター加工のプログラムを簡単に作成できます。加工後の仕上げ処理や、ワークの固定方法に応じた加工設定や、複数パーツのプログラム作成をシンプルな操作で設定可能です。 簡単な作図や文字入力、読み込んだデータの検証・修正機能も搭載しています。

彫刻加工向け『VCarve』

彫刻加工向け『VCarve』

「Cut2D」の機能に加えて、多彩な彫刻表現が可能です。彫刻用カッターを利用した立体感のある加工が2Dデータから簡単に作成できます。ビットマップデータから加工に必要な線情報(ベクトルデータ)を抽出できるため、画像データを活用して加工プログラムを作成することもできます。