大型モデルに求められる装備を標準で搭載

D600/D600 PRO


手頃な価格で信頼性の高い大型3Dプリンタ

大型造形を気軽に実行

CreatBot D600 Pro は、3Dプリントによる大型造形や産業用プロトタイプの製造を可能な限り簡単にするために誕生しました。
大型造形を安定的に高品質な造形を実現するために多くの高度な技術が組み込まれています。プロトタイプおよびエンジニアリンググレードの材料を使った工業用大型3Dプリンタをお探しなら、手頃な価格で造形ボリューム 600x600x600mm を実現する CreatBot D600 / D600 Pro をご検討ください。

大型造形の実現は優れた機械設計から

Creatbot D600 / D600 Pro は、大型モデルを安定して造形するための機構が数多く施されています。
筐体には高い剛性を誇るオールスチール製のフレームを採用。大型モデルの作成時に失敗の原因となる熱収縮を軽減するために、高温のビルドプレートとチャンバヒータを採用。また、XY軸の駆動にはリニアガイド一体型のダイレクト駆動方式を採用することで高い位置決め精度と信頼性を実現します。
これらの優れた装備・機能の採用によって大型モデルの安定した造形を実現しました。

高い位置決め精度を実現する駆動機構

大型モデルを作成する場合、使用する材料が数Kgに及ぶことも少なくありません。そのため、造形の途中で「材料交換」を行う必要があります。材料交換時はノズルが交換位置まで退避するため、交換後、最終造形位置までずれることなく復旧できるかが重要なポイントとなります。
「D600/D600 Pro」ではプリントヘッドの案内としてエンコーダ付きのステッピングモータとリニアガイドを採用しています。
これにより確実に最終造形位置まで戻ることができ、モデルに影響を与えることなく造形を再開できます。


大型造形成功の鍵は長時間安定稼働

XY軸の稼働域を広げれば、大型造形は「可能」です。しかし、安定した品質を保っての造形となると「大きくするだけ」では実現することはできません。
温度を含む造形環境の維持、外部環境から受ける影響、正確なXYZ軸の動作、供給される材料の状態、材料切れや停電時の復旧再開など、複雑に関連し合う様々な要素をクリアし、それらが安定した稼働を保持することではじめて、大型造形の安定品質を実現することができるのです。


こだわり抜いた大型造形のための充実装備

熱収縮によるモデルの変形を抑えるヒートベッド

CreatBot D600シリーズは、最大100℃まで昇温できるヒートベッドを標準で搭載しています。テーブルの昇温によって材料とテーブルの温度差を減らし、樹脂の熱収縮の影響を抑制します。テーブルには高い熱伝導性と保温力向上を実現する厚みのあるアルミテーブルを採用。さらにその上にはモデルとの定着性を高めるビルドシートを貼りつけています。シート表面の細かな凹凸によってモデルとの接着面積を増やし、より効果的にモデルの変形を抑制します。

最大70℃で庫内温度を制御できるチャンバヒータ

CreatBot D600 Proは庫内温度を最大70℃まで昇温することができるヒータを搭載しています。
広い造形エリア内の温度をセンサによって管理し、常に一定の温度を保って造形することができます。
大型になるほど発生しやすい熱収縮によるモデルの変形を抑制し、安定した大型モデル作製を実現します。

吸湿を防ぐ材料庫内ヒータ(D600 Proのみ)

大型モデルの場合、造形時間が数日かかることは珍しくありません。吸湿性の高い材料は、開封直後から吸湿が始まり、数日放置するとフィラメントが劣化してしまうものもあります。
そのため、「D600 Pro」には材料庫内を乾燥させるためのヒータが搭載されており、45℃または65℃で材料庫内を昇温することができます。
造形時、常に材料庫内を乾燥させておくことができるため、吸湿しやすい材料でも劣化させることなく造形することができます。

優れた駆動で繰り返し位置決め精度を向上

CreatBot D600シリーズには、回転数や回転位置を検出して制御できるエンコーダ付きのステッピングモータと、その案内として、滑らかな動きでガタつくことなく摺動するリニアガイドレールを搭載しています。
これらを組み合わせることで、ヘッドの移動がより正確・スムーズになり、高い位置決め精度を実現することができます。
また、細かい動きも忠実に再現することができるため細かな形状の作成も可能です。

第一層目の造形を安定させるオートレベリング(D600 Proのみ)

D600 Proはオートレベリング機能を標準で搭載しています。テーブルから49点のZ高さを取得します。取得した点から平均を算出し、基準値として設定します。造形中は、測定した各点と基準値との差からテーブルとノズルの距離が常に一定となるようにZ軸を自動で調整します。
これによりFDM方式の3Dプリンタにおいて非常に重要な第一層目を確実にテーブルと密着させます。


大型造形には欠かせない装備と機能

01材料切れ時も安心のフィラメント検出センサ

01

D600 / D600 Proは本体背面の材料庫内に材料センサを搭載。フィラメントの有無を検出し、無くなるとと自動で造形を一時停止します。
材料交換後は再び同じ位置から再開できるため、作業者のいない夜間や休日などに材料がなくなってしまっても安心です。
長時間造形が当たり前の大型機には必須の装備です。

02不測の事態も安心の復旧機能

02

悪天候や災害などによって予期せぬ停電が発生すると造形は停止してしまいます。そうなると材料はもちろん、それまでにかかった時間も水の泡になってしまいます。
しかし、「D600 / D600 Pro」はそんな事態が発生しても最終造形位置を自動で記録するため、普及後に再び同じ位置から再開することができます。
万が一の際に無くてはならない機能です。


様々な材料で大型モデルを作成

使用できる材料の幅を広げるプリントヘッド構造

CreatBot D600/D600Proは、材料を送りだすエクストルーダからノズル先端までが約50mmと短距離で設計されています。この構造によってフィラメントの吐出・引き戻しの追従性が向上します。造形時に発生する糸引きなどを抑制することができるため、吸湿しやすいことで知られるナイロンなどを使った大型造形にも挑戦していただけます。

材料に合わせて選べる2つのノズル

CreatBot D600/D600 Proは最大温度が異なる2つのノズル(260℃/420℃)を搭載しており、汎用樹脂はもちろん、高温を必要とする材料まで使用できます。
さらに材質が異なる2種類のノズルを採用しています。一つは真鍮製ノズルで使用頻度の高いPLAやABSなどの汎用樹脂の造形に適しています。もう一つは高温対応のマルテンサイト系ステンレス鋼製のノズルです。耐摩耗性に優れておりカーボンやガラスなどのファイバ材が配合された材料の活用も可能です。
使用するフィラメントに合った「温度」と「材質」のノズルを組み合わせることで様々な材料に対応できます。

CreatBot D600/D600 Pro

機械仕様 D600 D600 Pro
造形方式 FDM方式(熱融解積層方式)
最大プリントサイズ
(XYZ)
600×600×600mm
ノズル数 2
ノズル最高温度 260℃/420℃
ノズル径 0.3/0.4/0.6/0.8/1.0mm
XY位置決め精度 0.00508mm
Z位置決め精度 0.00125
最小積層ピッチ 0.05mm
テーブル最高温度 100℃
チャンバヒータ最高温度 - 70℃
フィラメント乾燥温度 - 45℃/65℃
推奨プリントスピード 45mm/s
最高プリントスピード 120mm/s
エンコーダ付き
ステッピングモータ
X/Y
オートレベリング - 49点
エアフィルター
非常停止機能
フィラメント径 1.75mm
データ転送 USB
データ入力形式 STL, OBJ, AMF, Gcode
タッチスクリーン 4.3インチ
本体サイズ 925×905×1265mm
本体重量 125kg
使用電源 100-110Vまたは200-240V / 50-60Hz 200-240V / 50-60Hz
最大消費電力 1000W プリント:1500W
チャンバ:3400W

※初期付属品にはφ0.4mm標準ノズルが5つとφ0.3/0.6/0.8/1.0mm標準ノズルが2つずつ、高温対応の耐摩耗ノズルφ0.4mmが1つ付属します。

カタログ

Catalog

大型造形に求められる装備を標準で搭載

CreatBot D600 Pro

熱融解積層方式3Dプリンタ

カタログダウンロード(pdf) download(pdf)

関連資料

CreatBot D600 Pro

大型でも安定した造形ができる!

大型造形を成功させるための要となるXYZ各軸の駆動部。「CreatBot D600 Pro」は長時間稼働でも誤差のでにくい機械設計によって、的確に位置をコントロールし安定した品質を維持します。


【こんな人におすすめ】
  ・大型造形をしたい
 ・安定した造形を行いたい
 ・メンテナンスを削減したい

資料ダウンロード(pdf) download(pdf)

お問い合わせ

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

NEWS 2023.03.14 [マルスゴ]大型でも安定した造形ができる!「CreatBot D600 Pro」のご紹介