材料一覧

スタンダード スタンダードStandard Resin 幅広い用途に活用できる汎用レジン
精細なディティールを表現する、透明・白・灰色・黒色の4色がラインナップ
物質特性表ダウンロード
ドラフト ドラフトDraft Resin 300μm積層ピッチに対応したレジン
スタンダードレジンの3~4倍の速さで造形が可能で初期試作に最適な樹脂
物質特性表ダウンロード
ドラフトv2 ドラフトv2Draft Resin v2 100・200μm積層ピッチに対応した高速造形用レジン
スタンダードより最大で4倍の高速造形が可能で、表面表現力も向上した樹脂
物質特性表ダウンロード
グレープロ グレープロGrey Pro Resin 荷重変形耐性や破断しにくさを高めたレジン
可動部や摺動部をもつモデル品の機構確認などに適した樹脂
物質特性表ダウンロード
リジッド4000 リジッド4000Rigid Resin 4000 ガラス成分混合レジン
優れたエッジ表現と薄肉モデルの試作に適した、引張強度と弾性率の高さが特徴の樹脂
物質特性表ダウンロード
リジッド10K リジッド10KRigid Resin 10K ガラス成分混合レジン
優れたエッジ表現で薄肉モデルの試作に適しており、引張強度や曲げ特性が非常に優れた樹脂
物質特性表ダウンロード
デュラブル デュラブルDurable Resin ポリエチレン(PE)に近い特性のレジン
高い靭性と衝撃強度で繰り返しスナップフィットが必要なモデルに適した樹脂
物質特性表ダウンロード
タフ1500 タフ1500Tough 1500 Resin ABSとPPの中間の特性をもつレジン
弾性・強度・靭性に優れており、曲げる/戻すを繰り返す様なモデルに適した樹脂
物質特性表ダウンロード
タフ2000 タフ2000Tough 2000 Resin ABSに近い特性で耐久性・耐衝撃性に優れたレジン
2GPa以上の引張弾性率をもち、強度が必要な製品カバーや治具に適した樹脂
物質特性表ダウンロード
エラスティック エラスティック50AElastic 50A Resin ショア硬さ50Aのシリコンライクレジン
優れた引張強度で、曲げ・伸び・圧縮などの動きのあるモデルに適した樹脂
物質特性表ダウンロード
フレキシブル フレキシブルFlexible Resin ゴムのような柔軟で曲げや圧縮に強いレジン
靴底やタイヤと同等の硬度をもち、引張強度が低く高い伸び率が特徴の樹脂
物質特性表ダウンロード
フレキシブル フレキシブル80AFlexible 80A Resin ゴムのような柔軟で曲げや圧縮に強いレジン
ショア硬さ80Aは靴底やタイヤと同等で引張強度が低く高い伸び率が特徴の樹脂
物質特性表ダウンロード
ハイテンプv2 ハイテンプv2High Temp Resin 最大熱変形温度238℃の高耐熱レジン
耐熱固定具や高温の気体・液体が流れる環境試験などに適した高耐熱樹脂
物質特性表ダウンロード
キャスタブルワックス40 キャスタブルワックス40 Castable Wax 40 Resin ロストワックス鋳造用のレジン
洗浄後すぐに鋳造工程が可能で、ロウが40%含まれており残留率も0%に近い
物質特性表ダウンロード
モデル モデルModel Resin 精度が高く微細表現に優れたレジン
元々は歯科模型用に設計された材料で積層痕がほとんど目立たない表面が特徴
物質特性表ダウンロード
全材料まとめ 全材料まとめ 掲載しているすべての材料の物性特性表を一括でダウンロードできます。
各材料の比較検討にご利用下さい
物質特性表ダウンロード

お役立ち資料

Form3 トラブルシューティングガイド
Form 3
トラブルシューティングガイド

Form 3運用時のエラー例や対処法を
わかりやすくまとめた資料です。
“もしも”のトラブルを
素早く解消することができます。
資料ダウンロードはこちら

プリントエラー解消ガイド
Form 3
プリントエラー解消ガイド

失敗した造形物の症状から、原因と
対処法を見つけることができます。
すぐに実践できる改善方法で
理想的なプリントが実現できます。
資料ダウンロードはこちら

PewFormテクニカルガイド
PreForm
テクニカルガイド

専用ソフト「PreForm」の
プリント設定ノウハウをご紹介。
サポート作成のコツを掴んで
プリント品質向上を目指せます。
資料ダウンロードはこちら

3Dデータ作成ガイド

モデルの形状や特性に合わせた設計をすることが3Dプリントのポイントです。
このデザインガイドは、Form 3およびForm 2での最小限の機能の概要を説明したものです。
※テストプリント環境:クリア樹脂/レイヤ厚さ100μm(他の種類の樹脂やレイヤの高さでは条件や結果が異なることがあります。)

最小肉厚(支持あり) 最小肉厚(2つ以上の支持がある場合)
From 3: 0.2mm
Form 2: 0.4mm
肉厚が推奨値より薄いと、モデルをレジンタンクからはがす際にモデルが反ってしまうことがあります。
最小肉厚(支持なし) 最小肉厚(支持がない場合)
Form 3: 0.2mm
Form 2: 0.4mm 肉厚が推奨値より薄いと、プリント中にモデルが反ってしまったり、モデルがビルドプラットフォームから外れてしまったりすることがあります。
オーバーハング肉厚 オーバーハング部分の最大はみ出し長
Form 3: 5.0mm
Form 2: 3.0mm オーバーハング部分のはみ出しが推奨値より長いと変形します。PreFormで「内部サポート」を選択すると、プリントモデルを土台にして通常より細いサポートで支え形状を維持することができます。
オーバーハング角度 オーバーハング部分の最小角度
Form 3: 10°
Form 2: 19°
オーバーハングの角度が平面から推奨値未満に設定すると、モデルをレジンタンクから剥離する際に折れてしまう恐れがあります。
※例は 縦35mm×横10mm×厚さ3mm
水平ブリッジ 水平なブリッジ形状の最大長さ
Form 3: 29mm
Form 2: 21mm 幅5mm×厚さ3mmのブリッジ形状の場合、長さが推奨値を超えると破損することがあります。形状の幅を広くし短くすることで、モデルがレジンタンクから剥離する際の破損を防ぐことができます。
円柱最小系 垂直の円柱形状の最小径
Form 3: 0.2~1.0mm(高さ7~30mm)
Form 2: 0.4~1.5mm(高さ7~30mm) 長さが直径の2倍を超えるようなワイヤ形状のプリントでは長さと直径の比率が重要です。例えばForm 3の場合、幅1.0mmのワイヤ状の形状では高さ長さが30mmを超えると変形し始めます。
エンボス高さ エンボス部分の最小厚さ・高さ
Form 3: 0.1mm
Form 2: 0.1mm
エンボス加工部分の厚さ・高さが0.1mm未満の場合、加工が見えなくなることがあります。
最小彫刻 彫刻部分の最小厚さ・高さ
Form 3: 0.15mm
Form 2: 0.4mm 彫刻部分の厚さ・高さが推奨値未満の場合、彫刻が見えなくなることがあります。
最小クリアランス) 最小クリアランス
Form 3: 0.5mm
Form 2: 0.5mm クリアランスが推奨値未満の場合、モデル同士がくっついてしまうことがあります。
最小穴径 最小穴径
Form 3 :0.5mm
Form 2: 0.8mm 穴の直径や深さが推奨値未満の場合、穴が閉じてしまうことがあります。
最小ドレン穴 最小ドレンホール径
Form 3: 2.5mm
Form 2: 3.5mm
密閉された空間を持つモデル(空洞のある球体や筒形状)がビルドプラットフォームに直接プリントされている場合は、樹脂を流し出すためのドレンホールが必要です。ドレンホールがないと樹脂が詰まり、モデルが破裂する恐れがあります。

Preformのプリント設定の注意点

プリント工程で起こる吸引効果について

Form 3は指定した積層厚さでスライスしたモデルデータを、1層ごとに硬化と剥離を繰り返し立体化していきます。カップ形状を含むモデルは、レジンタンクから剥離される際に空気や樹脂材料の逃げ場が無くなり、モデルがレジンタンク側に引っ張られたようになります。その結果、モデル形状が陥没したり、ビルドプラットフォームから落下するといったプリントエラーに繋がる恐れがあります。 Form 3がプリント中のモデルへの負荷軽減を実現しているとはいえ、真空に近い状態でかかるモデルへの負荷は非常に大きくなりますので、Preformの設定時には「カップ表示」を必ず使用して確認してください。

カップ形状
カップ形状は、傾け方にも気を付けよう
カップ表示例

カップ表示は、モデルをプリント中に真空状態になる 箇所を示します。表示された状態でプリントすると、 モデルの変形やプリントエラーの可能性があります。 カップ表示を解消するには、開口部がビルドプラット フォーム側を向くようにモデルの向きや角度を調整する 必要があります。