みたれぽ

「みたれぽ」は、“こんなコトやってみた!”をコンセプトに、様々な製品を使用して、どんなことができるかをご紹介していくシリーズです。
システムクリエイトが取り扱う幅広い製品ジャンルの中から、技術担当者のコメントや実際の写真・画像とともに毎回ちょっとしたお役立ち情報をお届けします。

  • みたれぽ
    Vol.1 低価格帯ツールで
    “ルアー風のもの”を作ってみた!
    Vol.1 低価格帯ツールで“ルアー風のもの”を作ってみた!

    Vol.1では、低価格帯の3Dスキャナとモデリングソフトの組み合わせをご紹介。紙粘土で作成した“ルアー風のもの”を3Dスキャンし、そのデータをもとにモデリングをしてみました。搭載している機能をご紹介しながら、3Dスキャンモデリングを行う際に気になる「低価格帯ツールでどこまでできるのか」について解説しています。

    【紹介製品】
    ■卓上3Dスキャナ「Polyga Compact S1

    ■モデリングソフト「QUICKSURFACE

    資料ダウンロードはこちら

  • みたれぽ
    Vol.2 大容量データの読み込み時間を
    比べてみた!
    Vol.2 大容量データの読み込み時間を比べてみた!

    Vol.2では、3つの3Dビューワを使用し、大容量データの読み込みにかかる時間を比べてみました。“超高速”でデータを開くことができるという「3DViewStation」と、そのほか2種のビューワを用意し、597MBのアセンブリファイル(CADネイティブデータ)の読み込み時間をランキング形式でご紹介。“大容量データを扱う上で気になるポイント”を、実際の経過の様子とともに解説いたします。

    【紹介製品】
    ■高機能3Dビューワ「3DViewStation

    資料ダウンロードはこちら

  • みたれぽ
    Vol.3 微細ディテールの表現力を
    試してみた!
    Vol.3 微細ディテールの表現力を試してみた!

    Vol.3では、微細なディテールを再現できるという「Form 3」の専用樹脂「モデルレジン」が、どれほど綺麗に造形できるのか、その表現力を試してみました。3Dプリントモデル製作で重要な「ディテールの再現性・仕上げ処理の作業性」などを、同じ条件で造形した「スタンダードレジン」の例を交えながら検証しています。“より完成度の高い造形サンプル製作を行う上で気になるポイント”など、実際の作業画像とともに解説いたします。

    【紹介製品】
    ■光造形方式3Dプリンタ「Formlabs Form 3

    資料ダウンロードはこちら

  • みたれぽ
    Vol.4 Form 3L 大型モデル造形の
    実力を試してみた!
    Vol.4 Form 3L 大型モデル造形の実力を試してみた!

    Vol.4では、デスクトップサイズでありながら大型造形に対応した光造形方式3Dプリンタ「Form 3L」は、本当にキレイに大型モデルを造形できるのか?その実力を試してみました。広い造形エリアを活かした自重2.5Kgの大型モデルを造形し、「造形時間・材料切れ時の対応・自重による落下・造形品質」に関して検証しています。“大型造形対応機を導入するにあたり気になるポイント”など、実際の作業画像とともに解説いたします。

    【紹介製品】
    ■光造形方式3Dプリンタ「Formlabs Form 3L

    資料ダウンロードはこちら

  • みたれぽ
    Vol.5 金属3Dプリンタで
    ステンレスを造形してみた!
    Vol.5 金属3Dプリンタでステンレスを造形してみた!

    Vol.5では、小型金属3Dプリンタを使用して、完成したモデルの仕上がりや精度を検証してみました。
    実際にステンレスでブロック形状のモデルを造形し、普段、金属3Dプリンタを使った受託業務を行う中で最も多くお問合せいただく「サポート・仕上がり・精度」に関する疑問を解説いたします。

    【紹介製品】
    ■3D技術代行サービス「3Dプリントサービス

    資料ダウンロードはこちら

  • みたれぽ
    Vol.6 Form 3Lで大型モデルを
    軽量化して造形してみた!
    Vol.6 Form 3Lで大型モデルを軽量化して造形してみた!

    Vol.6では、Form 3Lで大型モデルを軽量化して、どんな効果があるのか?を検証してみました。
    Vol.4で利用したデータを外観はそのままに、内部構造を編集し軽量化したデータを実際に造形。材料コスト・造形時間・造形品質に関して、オリジナルモデルと比較しながら検証してまいります。
    “大型モデルを造形する際に気になるポイント”も解説しています。

    【紹介製品】
    ■光造形方式3Dプリンタ「Formlabs Form 3L

    資料ダウンロードはこちら

  • みたれぽ
    Vol.7 カーボン3Dプリンタで
    複合材料を出力してみた!
    Vol.7 カーボン3Dプリンタで複合材料を出力してみた!

    Vol.7では、弊社に入荷したばかりのカーボン3Dプリンタを使用して、どのように材料が複合化されるのかを検証してみました。
    カーボンファイバが樹脂にコーティングされる様子を観察し、“カーボン3Dプリンタの気になる仕組み”について解説しています。

    【紹介製品】
    ■カーボン複合材料3Dプリンタ「Anisoprint Composer

    資料ダウンロードはこちら

  • みたれぽ
    Vol.8 Form 3 対応の新機能
    適応積層ピッチを試してみた!
    Vol.8 Form 3の新機能 適応積層ピッチを試してみた!

    Vol.8では、Form 3 に実装された新機能「適応積層ピッチ」を検証してみました。
    モデルの形状から自動的に最適な積層ピッチを可変制御(層ごとにピッチが変わる)するという画期的な機能ですが、実際にはどれくらいの効果があるのでしょう?
    時間優先の造形・品質優先の造形と比較しながらその実力と効果を検証し、実際の画像とともに解説しています。

    【紹介製品】
    ■光造形方式3Dプリンタ「Formlabs Form 3

    資料ダウンロードはこちら

  • みたれぽ
    Vol.9 マザトロール対話データをGコードへ変換してみた!
    Vol.9 マザトロール対話データをGコードへ変換してみた!

    Vol.9では、マザトロール対話プログラムを変換できるソフト「MazaCAM」を使用し、実際にGコードへ出力してみました。
    今回は、穴あけ・タップ加工のプログラムを作成し、どのように「固定サイクル動作」に変換されているのか、実際に出力されたGコードの中身について解説しています。

    【紹介製品】
    ■プログラム作成・変換システム「MazaCAM

    資料ダウンロードはこちら

  • みたれぽ
    Vol.10 大型3Dプリンタで小型モデルを造形してみた!
    Vol.10 大型3Dプリンタで小型モデルを造形してみた!

    Vol.10では、600mm角の造形エリアを持つ大型FDM方式3Dプリンタで小型モデルを作成してみました。
    プリントテスト用モデルを使用し、モデル全体の寸法や、穴やボスといった“ヘッドの細かな動き”が求められる形状がどのように造形できるのか検証しています。

    【紹介製品】
    ■大型FDM方式3Dプリンタ「CreatBot D600 Pro

    資料ダウンロードはこちら

  • みたれぽ
    Vol.11 サポートレス造形のコスト
    削減効果を試してみた!
    Vol.11 サポートレス造形のコスト削減効果を試してみた!

    低価格粉末3Dプリンタで「サポートレス造形の運用効果」を検証してみました。
    もしサポートが不要なら除去の手間が省けるうえ、サポート分の材料コストも削減できると思いませんか?
    資料では、サポートレス造形のメリットと言われる「造形後処理の容易性」「コスト削減性」そして「造形品質」に関して、どれくらいの効果があるのか検証しています。

    【紹介製品】
    ■粉末焼結方式3Dプリンタ「Sinterit LISA/LISA-PRO

    資料ダウンロードはこちら

  • みたれぽ
    Vol.12 3Dプリンタでインサート成形してみた!
    Vol.12 3Dプリンタでインサート成形してみた!

    Vol.12では、3Dプリンタ本体に取り付けるスプールホルダを“インサート成形”で作成してみました。
    一定の高さで造形を一時停止し、モデル内部にベアリングを埋め込みんで再開する「一体造形」に挑戦。
    データの作成から完成までの工程・造形の様子や、出来上がったホルダの動きを検証しています。

    【紹介製品】
    ■大型FDM方式3Dプリンタ「CreatBot D600 Pro

    資料ダウンロードはこちら

  • みたれぽ
    Vol.13 3Dスキャナ&3Dプリンタでリストレストを作ってみた!
    Vol.13 3Dスキャナ&3Dプリンタでリストレストを作ってみた!

    近年、手頃な価格の3Dスキャナ/3Dプリンタが増えてきたことで、3Dデータの活用に関心を持たれる方が増えています。
    そこで、Vol.13では、3Dデータを活用して手首にフィットするPC作業用のリストレストを作成してみました。
    人によって形状が違う人体が、データ取得から完成までの工程に3Dデータを活用することでどれだけ表現できるのか検証しました。

    【紹介製品】
    ■ハンディ3Dスキャナ「peel 2

    ■光造形方式3Dプリンタ「Formlabs Form 3

    資料ダウンロードはこちら

  • みたれぽ
    Vol.14 3Dプリンタの造形物は
    どこまで透明になるか試してみた!
    Vol.14 3Dプリンタの造形物はどこまで透明になるか試してみた!

    3Dプリンタや材料に関するお問合せが増えている中、透明材料に関するお問合せは継続的に頂いています。
    そこでVol.14では、3Dプリンタの透明材料はどれくらい透明感を出せるのか?を試してみました。
    無垢の造形状態での厚みの差による透明感の違いや、二次処理でどれくらい透明感が出るのかなどを検証しています。

    【紹介製品】
    ■光造形方式3Dプリンタ「Formlabs Form3

    ■造形物仕上げ用研磨シート「Tune D3

    資料ダウンロードはこちら

  • みたれぽ
    Vol.15 強度を維持して軽量化する
    内部ラティスを作成してみた!
    Vol.15 強度を維持して軽量化する内部ラティスを作成してみた!

    Vol.15では、「解析による3Dプリントモデルの強度維持&軽量化」の第1弾として、CAEソフトによる応力解析と、インフィルの調整をしたプリントデータを作成してみました。
    フック状モデルの解析結果をもとに負荷の強い部分とそうでない部分で充填率を変更し、内部ラティスを作成。ちょうどいいバランスで強度と軽量化を両立する方法を検証しています。

    【紹介製品】
    ■3Dダイレクトモデラー「ANSYS Discovery

    資料ダウンロードはこちら

  • みたれぽ
    Vol.16 長時間昇華型の
    3Dスキャンスプレーを試してみた!
    Vol.16 長時間昇華型の3Dスキャンスプレーを試してみた!

    Vol.16では、3Dスキャン用昇華型スプレー「AESUB(エイサブ)」から新たに登場した、長時間塗布状態を維持できるAESUB orangeを光沢のあるワークに塗布してみました。
    実際にかかる昇華時間やワーク表面の変化、ターゲットマーカ貼りつけの有効性を検証しています。

    【紹介製品】
    ■3Dスキャン用昇華型スプレー「AESUB

    資料ダウンロードはこちら

  • みたれぽ
    Vol.17 3Dプリントしたモデルを
    めちゃくちゃ引っ張ってみた!
    Vol.17 3Dプリントしたモデルをめちゃくちゃ引っ張ってみた!

    Vol.17では、Vol.15で解析したフック形状の3Dデータを実際にプリントし、充填率の違う3パターン(100%、20%、100%+20%混合)で強度比較テストを実施してみました。
    充填率ごとに異なる実際の重量と造形時間をはじめ、壊れるまで引っ張った際の荷重測定値を検証しています。

    【紹介製品】
    ■熱融解積層方式3Dプリンタ「Bellulo

    【おすすめ製品】
    ■大型モデル対応3Dプリンタ「CreatBotシリーズ

    資料ダウンロードはこちら

  • みたれぽ
    Vol.18 カーボンプリントの寸法精度
    と内部構造を調べてみた!
    Vol.18 カーボンプリントの寸法精度と内部構造を調べてみた!

    Vol.18では、カーボン3Dプリンタ「Composer」で作成したモデルについて 寸法精度の確認と、CTスキャンをしてみました。
    はじめに、テスト造形用モデルの辺の長さや穴径、ボス高さなど各形状を測定し、設計値に対する偏差を確認。 次に、プリントデータとCTスキャンデータを比較し、グリッド状に設定したモデル内部のカーボン材について、実際の配列を検証しています。

    【紹介製品】
    ■カーボン3Dプリンタ「Anisoprint Composer

    資料ダウンロードはこちら

  • みたれぽ
    Vol.19 米つぶを3Dスキャンして
    実寸の100倍で作ってみた!
    Vol.19 米つぶを3Dスキャンして実寸の100倍で作ってみた!

    Vol.19では、3Dスキャナで米つぶの形状を読取り、取得したスキャンデータを約100倍にスケールアップしてプリントしてみました。
    約5mmの米つぶの3Dスキャンデータを高さ500mmまで拡大し、大型FDM方式3Dプリンタで出力します。超小型ワークの撮れ高と、データ作成、プリントモデル作成 までの各工程について解説しています。

    【紹介製品】
    ■全自動3Dスキャナ「Solutionix C500

    ■大型FDM方式3Dプリンタ「CreatBot D600 Pro

    資料ダウンロードはこちら

  • みたれぽ
    Vol.20 FDMで使える軟質材料で、
    パッキンをつくってみた!
    Vol.20 FDMで使える軟質材料で、パッキンをつくってみた!

    Vol.20では、様々な機能性を持ったFDM方式の材料の中でも、特に造形が難しいとされる「軟質材料」の使用に挑戦してみました。
    一風変わった「ゴムのように伸び縮み」する材料を使い、ガラス製容器に付属している既製のパッキンを模して3Dプリント。 実際に水の中に入れ、防水機能がどれくらい維持できるかについて検証しています。

    【紹介製品】
    ■大型FDM方式3Dプリンタ「CreatBot F430

    資料ダウンロードはこちら

  • みたれぽ
    Vol.21 3Dプリンタの耐熱材料は
    どこまで高温に耐えるか試してみた!
    Vol.21 3Dプリンタの耐熱材料はどこまで高温に耐えるか試してみた!

    Vol.21では、3Dプリンタの耐熱材料は実際にどれくらいの高温まで耐えられるのかを試してみました。
    今回は厚みの異なるテストピースを段階的に高温で一定加熱して曲げてみました。
    物性特性表では判りにくい、実際に材料が曲がってしまう温度はどれくらいなのかを試して検証し、それぞれの結果を写真とともに解説してまいります。

    【紹介製品】
    ■光造形方式3Dプリンタ「Formlabs Form 3

    資料ダウンロードはこちら

  • みたれぽ
    Vol.22 Form 3の高速材料
    ドラフトレジンを徹底調査してみた!
    Vol.22 Form 3の高速材料ドラフトレジンを徹底調査してみた!

    Vol.22では、高速造形が可能なドラフトレジンを使ってプリントし、実際にどれほど時間を短縮できるのかを調べてみました。
    ドラフトレジン(積層ピッチ200/100μm)とスタンダードレジン(グレー/積層ピッチ100μm)で3つのモデルを作成。
    高速造形を実現している「大きな積層ピッチ」と「短い硬化時間」という2つの特徴について検証・解説しています。

    【紹介製品】
    ■光造形方式3Dプリンタ「Formlabs Form 3

    資料ダウンロードはこちら

  • みたれぽ
    Vol.23 形状記憶のプリントモデルを
    作って変形させてみた!
    Vol.23 形状記憶のプリントモデルを作って変形させてみた!

    Vol.23では、3Dプリンタ用の形状記憶フィラメント(SMP)を使ってダンベル型の試験片を造形してみました。55℃以上に温めると柔らかくなって変形可能になり、冷めると固化するというSMPの特徴を活かし、出来たモデルに熱を加え変形や形状保持ができるか検証。
    形状記憶モデル造形時の実際の設定条件や、 お湯に入れた際のモデルの状態、固まったモデルを再度温めた際の様子について解説しています。

    【紹介製品】
    ■大型FDM方式3Dプリンタ「CreatBot F430

    資料ダウンロードはこちら

  • みたれぽ
    Vol.24 Fuse 1のナイロン12は
    どこまで高温に耐えるか試してみた!
    Vol.24 Fuse 1のナイロン12はどこまで高温に耐えるか試してみた!

    Vol.24では、粉末焼結造形方式の3Dプリンタ 「Fuse 1」の材料「ナイロン12」はどれくらいの高温まで耐えられるのかを試してみました。
    厚みの異なるテストピースを段階的に高温で一定時間加熱して曲げてみました。
    物性特性表では判りにくい、実際に材料が曲がってしまう温度はどれくらいなのかを試して検証し、それぞれの結果を写真とともに解説してまいります。

    【紹介製品】
    ■粉末焼結方式3Dプリンタ「Formlabs Fuse 1

    資料ダウンロードはこちら

  • みたれぽ
    Vol.25 FDMで使える導電性フィラメントを徹底検証してみた!
    Vol.25 FDMで使える導電性フィラメントを徹底検証してみた!

    Vol.25では、FDMで使える導電フィラメントが、どのくらいの抵抗率を実現しているのかを、厚みの異なるテストピースを抵抗率測定器を用いて測定してみました。
    本来絶縁体である材料に、ある特殊なモノを均一配合させることで実現した今回のフィラメント。材料の特徴も含め徹底検証してみました!


    【紹介製品】
    ■大型FDM方式3Dプリンタ「CreatBot F430

    資料ダウンロードはこちら

  • みたれぽ
    Vol.26 ナイロン材料PA12を使って造形してみた!
    Vol.26 ナイロン材料PA12を使って造形してみた!

    Vol.26では、カーボン入りのナイロンフィラメントを使用して、大小2つのモデルを造形してみました。
    湿気の影響を受けやすいナイロンの特性についての解説を踏まえながら、完成したモデルの仕上がりについて実際の写真や図解とともに解説しています。


    【紹介製品】
    ■大型FDM方式3Dプリンタ「CreatBot D600 Pro

    資料ダウンロードはこちら

  • みたれぽ
    Vol.27 Fuse 1のナイロン12は
    何Kgで破壊されるか試してみた!
    Vol.27 Fuse 1のナイロン12は何Kgの荷重に耐えるか試してみた!

    Vol.27では、粉末焼結造形方式の3Dプリンタ 「Fuse 1」の材料「ナイロン12」はどれくらいの荷重で破壊されるのかを試してみました。
    オリジナル設計のフックを造形して、吊りハカリと約90kgの重量物を装着しチェーンブロックで少しづつ吊り上げ、何kgまで破壊されずに耐えられるかを検証し、驚きの結果を写真とともに解説してまいります。

    【紹介製品】
    ■粉末焼結方式3Dプリンタ「Formlabs Fuse 1

    資料ダウンロードはこちら

  • みたれぽ
    Vol.28 カーボン3Dプリントモデルで引張試験してみた!
    Vol.28 カーボン3Dプリントモデルで引張試験してみた!

    Vol.28では、カーボン3Dプリンタ「Anisoprint Composer」で作成したモデルで引張試験をし、カーボン材を含んだモデルの実際の強度を調べてみました。カーボン材を引張方向に対して垂直方向と水平方向に配列した2種類の試験片を作成。カーボン材の配向でどれだけ強度に差が出るのかを検証しています。

    【紹介製品】
    ■カーボン3Dプリンタ「Anisoprint Composer


    資料ダウンロードはこちら

  • みたれぽ
    Vol.29 3Dスキャン→2Dシート展開して縫い合わせてみた!
    Vol.29 3Dスキャン→2Dシート展開して縫い合わせてみた!

    Vol.29では、自由曲面を多く含む立体を3Dスキャンし、自動展開ソフトを使って平面の型紙データ作成に挑戦してみました。作成した型紙データから実際に革素材を裁断して縫い合わせ、人体にフィットする背もたれクッションを作成。自由曲面でできた立体がどのように平面化されるのか、型紙データから作られた立体は元の形状をどれだけ再現できるのかを検証しています。

    【紹介製品】
    ■型紙展開ソフト「ExactFlat


    資料ダウンロードはこちら

  • みたれぽ
    Vol.30 カーボンファイバ3Dプリントモデルで引張試験してみた!Part2
    Vol.30 カーボンファイバ3Dプリントモデルで引張試験してみた!

    Vol.30では、カーボン材料をラティスインフィルに適用できる「Composer」で、インフィルパターンを変えた3つのモデルをプリント。引張強度の試験を行いました。
    カーボンファイバの異方性を活かしたインフィルとそのパターンの違いより、実際にどれだけの強度がでるのか、またどれだけの差が出るのかを検証しています。

    【紹介製品】
    ■カーボン3Dプリンタ「Anisoprint Composer


    資料ダウンロードはこちら

  • みたれぽ
    Vol.31 粉末造形品にヘリサートを
    挿入!どこまでのトルクに耐えられる?
    Vol.31 粉末造形品にヘリサートを挿入!どこまでのトルクに耐えられる?

    Vol.31では、粉末焼結方式の3Dプリンタ 「Fuse 1」の材料「ナイロン12」の造形品にタップ加工を施し、どのくらいのトルクで締め付けることができるかを試してみました。
    下穴を設けて造形したキューブに「タップ挿入式ヘリサート」・「熱圧入式ビットインサート」・「直接タップ」の三種類のネジ穴を用意し、それぞれの締め付けトルク耐久性を検証してまいります。

    【紹介製品】
    ■粉末焼結方式3Dプリンタ「Formlabs Fuse 1

    資料ダウンロードはこちら